【転職で年収が下がる!?】30代が後悔しないコツを紹介します

30代は転職で年収下がるは本当なのか? 転職

30代は転職で年収が下がるは本当か?

30代は転職で年収が下がるは本当か?について解説します

30代の転職で年収はどれくらい下がる?

30代が転職すると年収が前職よりも下がってしまうと”うわさ”をする方がいます。しかし、本当のことでしょうか?

もしかしたら転職してほしくない方の陰謀かもしれません。転職を検討している30代は、うわさを鵜呑みにせずデータによる事実チェックが大事です。

厚生労働省が発表した「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、30代転職者の約3割が年収に変化がなく、減少より増加した方が多い傾向です。

年齢増加変わらない減少増加ー減少
20~24歳47.6%29.4%21.6%26.0%
25~29歳37.2%30.3%32.3%4.9%
30~34歳41.1%26.7%31.9%9.2%
35~39歳37.4%27.2%33.7%3.7%
40~44歳39.1%31.0%28.5%10.6%
45~49歳37.7%34.0%28.0%9.7%
20代・30代・40代転職者の転職後の年収変化

データによると30代後半は前半と比較し転職による年収増加が少なくなりますが、20代や40代と比較して顕著な違いではありません。

30代で転職すると約3割の方は年収が減少しますが、30代特有の問題ではなく、20代や40代でも同程度の方が年収減少しているのが正しい認識です。

続いて転職により年収が減少した方の減少程度について、「令和2年雇用動向調査結果の概況」から年代別に紹介します。

年齢1割未満の減少1割以上の減少
20~24歳6.6%15.0%
25~29歳10.4%21.9%
30~34歳10.7%21.2%
35~39歳6.4%27.3%
40~44歳7.0%21.5%
45~49歳8.0%20.0%
20代・30代・40代転職者の転職後の年収減少額

データによると、30代後半の転職者で1割以上も年収減少した方が、他の年代よりも6ポイントほど多い傾向です。

30代の転職による年収変化の特徴をまとめると次の通りになります。

30代の転職による年収変化の特徴
  • 年収が減少する割合は20代や40代と差がない。
  • 1割以上減額になる方が他の年代より多い。

つまり、年収減少の対象となった場合、減少額が大きいのが30代の転職の特徴と言えます。

30代の転職で年収が下がる理由

30代の転職では年収減の対象者にならないことが大切、減額幅が20代や40代よりも大きくなる可能性があり注意が必要です。

30代の転職で前職よりも年収が下がってしまう方には次の4つの特徴があります。

30代の転職で年収が下がる人の特徴
  1. 未経験の仕事に転職している
  2. 自らの市場価値を正しく理解していない
  3. 転職先の情報収集が不十分
  4. 明確なキャリアプランを持っていない

30代の転職者に会社が求めているのは即戦力、20代の転職者とは異なり会社側は30代にゼロから教育するつもりはありません。

そのため、未経験分野へ転職すると、20代と同程度の扱いになり年収が減少してしまいます。

前職と同じ業界・職種への転職でも、自らの市場価値が業界レベルでどの程度なのか正しく理解していないと年収源になりケースがあります。

仮に前の会社内でトップクラスのスキルや知識を保有していたとしても、業界標準程度のレベルであれば年収ダウンの可能性があるのです。

転職先の企業がどのような人材を求めているのが情報不十分な方も、転職により年収が減額になるキケンがあります。

同業界・同職種での転職でも、求められているスキルや知識を保有していなければ、新人扱いになり年収が減ってしまうのです。

明確なキャリアプランを持たずに転職活動している30代も、年収が減額になるキケンがあります。

目指すキャリアの積み上げではなく、トレンドに左右され新規分野に飛びつく転職活動していると、いつまでも新人扱いになってしまうのです。

転職で年収が下がり後悔する人の特徴

転職で年収が下がり後悔する人の特徴を紹介します

年収ダウンの許容範囲を考えていない

転職で年収が下がり後悔する人の特徴として、年収ダウンの許容範囲を考えていないことがあります。

たとえ仕事内容や生活拠点などを優先し、年収ダウンは仕方なしとして転職しても、ダウン額の許容範囲を検討していなければ後悔することになります。

年収ダウンの許容範囲を検討する際に大切なことは次の3つです。

年収ダウンの許容範囲を検討する際に大切なこと
  1. 今後のライフイベントで必要なお金をシミュレーションする
  2. 生活レベルを見直してみる
  3. 別の収入源を検討しておく

最初に検討すべきは、今後のライフイベントで必要になるお金をシミュレーションすることです。

お子さんがいる30代は子供の成長にともない必要な教育が増えていきます。独身の方は将来の結婚資金や不動産購入のことを検討してみましょう。

次にすべきは、今の生活レベルをどこまで落とせるか、無駄な出費はないか検討することです。

特に支出額が大きい住宅費・車関係費用・食費などは見直しの対象、サブスクなど定期的な支払いがあるものは本当に必要かチェックします。

今は政府も副業を推進している時代です。帰宅後や休日にできそうな副業はないか、どの程度の収入が得られそうか調査しましょう。

1〜3を検討すると必要年収の最低ラインが見えてきます。これがあなたの年収ダウン許容範囲、事前にわかっていれば後悔する転職先を選びません。

転職の優先順位を決めていない

転職で年収が下がり後悔する人の中には、転職の優先順位を決めていない方が一定割合います。

転職による年収減を受け入れたとして、あなたの価値観で年収より優先するものが満たされれば、年収減を後悔することはありません。

好きな仕事ができ日々充実している、家族と過ごす時間が増え生活が潤っている、念願の田舎暮しを満喫しているなどお金よりも大切なものがあります。

もちろん生きていく上でお金が大切なことはいうまでもありません。30代の転職者が確認すべきは価値観の優先順位です。

優先順位が定まっていないと、たとえ好きな仕事ができ前職での不満が解消されたとしても、年収減を嘆き後悔することになるのです。

30代の転職者にとって、価値観の優先順位決めは年収源で後悔しないために必須となります。

年収が下がっても転職すべきケースがある

年収が下がっても転職すべきケースを紹介します

今の会社の労働環境が悪すぎる

30代の転職では、3割ほどの方が年収減となってしまい、しかもその額は1割以上と高額になる傾向です。

収入減となる転職は基本的には避けるべきですが、年収が下がっても転職すべきケースがあります。

年収が下がっても転職すべきケース1つ目は、今の会社の労働環境が悪すぎる場合です。

毎日のように長時間残業がある、休日もほとんど仕事をしているなど、体に無理が続いており、改善の見込みが無ければ体を壊す前の転職をおすすめします。

上司との相性が悪く話すとストレスになる、職場の人間関係が悪くいつもイヤな思いをするなど、精神的な負担が続いているときも転職すべきです。

身体的にも精神的にもつらい状態が続いており、習慣や社風などで改善の見込みが無いときは、倒れて寝込む前に年収が下がっても転職をおすすめします。

会社の経営がヤバそうである

年収が下がっても転職すべきケース2つ目は、会社の経営がヤバそうなときです。

万が一会社の経営が本当にヤバくなり倒産した場合、退職金が支払われなかったり、減額されてりする可能性がありキケンです。

倒産まで行かなくても、経営が厳しいとボーナスが減額されたり、給与の支払いが遅れたりして、こちらの生活に影響する可能性があります。

過去には山一證券やJALなど大手企業でも突然倒産したケースがあり、ましてや社員がヤバいと感じている会社の経営はかなり深刻かもしれません。

会社の経営がヤバそうと感じたら、転職活動を開始してたとえ年収が下がったとしても退職金に影響が出る前に転職をおすすめします。

転職先の企業でやりたいことがある

年収が下がっても転職すべきケース3つ目は、転職先の企業でやりたいことがあるときです。

一日の中で大半の時間を費やすのが仕事です。たとえお金のためとはいえ、やりたくない仕事で人生の時間を使ってはもったいありません。

今の会社に入社を決めた理由は人それぞれ、会社の事業に共感し自分も一員として働きたい、他社より給与が良かったからなどさまざまでしょう。

どんな理由で入社したとしても、今の仕事はやりたい仕事ではなく、やりたい仕事は転職先の企業あることがわかったのはとてもラッキーなことです。

30代はまだやり直しができる年齢、やりたくない仕事をして無駄な毎日を過ごすより、やりたい仕事で毎日輝く人生の方が長い目で見て良いはずです。

転職先の企業でやりたい仕事を見つけた方は、年収の低下が許容範囲であれば転職を検討した方が良いでしょう。

キャリアプランの一環である

年収が下がっても転職すべきケース4つ目は、キャリアプランの一貫と位置付けている場合です。

将来思い描いているキャリアプランに必要な経験やスキルが身につく転職であれば、年収を犠牲にしてもチャレンジする価値が十分にあります。

転職後に下がった年収は、その後のキャリアアップで十分に取り戻すことが可能になり、目先の年収よりも生涯年収に着目するのは良いことです。

たとえば将来は経営幹部として活躍したく総合力を高めるため、今はマーケティング職であるが営業職も経験しておきたいなどが該当します。

将来なりたい姿が明確であり、それに向けてのキャリアプランの一環であれば、目の前の年収よりも生涯年収で判断しキャリア戦略を優先すると良いでしょう。

収入減でも手元に残るお金が増える

年収が下がっても転職すべきケース5つ目は、収入減でも手元に残るお金が増える、つまり支出が減少したり、給与以外の収入が増える場合です。

たとえば、家賃補助などの福利厚生、家族手当・資格手当などが今の会社より転職先の方が充実していれば、支出が減少し給与以外の収入が増えます。

特に金額が大きく手元に残るお金に影響を与えるのが家賃補助です。社宅制度が充実していれば、市価の半額以下の家賃になる可能性があり侮れません。

毎月もらえる手当もあるのと無いのとでは大違い、たとえ給与が現職よりも減額になったとしても、手当でカバーできる可能性が十分にあります。

転職により年収が下がる場合は、福利厚生や各種手当についても調査して、トータルで手元に残るお金で判断すると良いでしょう。

家族との時間が増え生活が充実する

年収が下がっても転職すべきケース6つ目は、家族との時間が増え生活が充実する場合です。

猛烈に働いてきたサラリーマンほど定年が近づいたときに後悔するのは、家族との時間を犠牲にして仕事一筋に打ち込んできたことです。

毎日の長時間残業や休日出勤のおかげで出世を果たし年収アップしたものの、家庭内での居場所がなく寂しい思いをしている中高年は少なくありません。

特に家庭を持つ30代は、お子さんがまだ小さく大事な子育て時期の方が多く、パートナーのためにも家族との時間を大切にする方が良いでしょう。

ダウンした年収は後に挽回できますが、大切な家族との時間は一瞬一瞬がその時限り、後で取り戻せません。

たとえ転職で年収が下がっても、家族との時間が増え生活が充実するのであれば、良しとする考え方もあります。

転職で今の年収を下げないコツとは?

転職で今の年収を下げないコツを紹介します

今までのキャリアやスキルを活かす

30代の転職では、約4割の方が年収アップ、約3割の方が現状維持になっており、合計すると約7割の方は年収が下がっていません。

つまり、年収を下げないコツを知っていれば、少なくとも現状の金額を維持しての転職が可能になります。

転職で今の年収を下げないコツの1つ目は、今までのキャリアやスキルを活かして転職することです。

転職市場が30代に期待するのは即戦力、これが20代とは大きく異なる点になります。

即戦力で活躍するには、今までのキャリアやスキルを活かせる同じ業界や職種の転職先を選ぶ必要があるのはいうまでもありません。

逆に未経験分野の会社へ転職すると、会社から見れば20代相当の期待値になってしまい、年収も20代相当つまり減額になってしまうのです。

30代になるまで仕事で積み重ねてきたキャリアやスキルを活かした転職は、今の年収を下げないために必要不可欠なことになります。

給与水準の高い業界へ転職する

転職で今の年収を下げないコツの2つ目は、給与水準の高い業界へ転職することです。

dodaが調査したdodaエージェントサービス登録者の業種別平均年収ランキングTOP10は次の通りです。

順位業種平均年収
1金融455万円
1メーカー455万円
3総合商社434万円
4IT/通信433万円
5建設/プラント/不動産416万円
6メディカル410万円
7専門商社408万円
8インターネット/広告/メディア405万円
9サービス367万円
10小売/外食351万円
業種別平均年収ランキングTOP10

たとえば現職が専門商社の方が総合商社へ転職すれば、年収レベルがアップするため、今の会社と同程度の評価でも年収がアップする可能性があります。

年収レベルがアップする業種へ転職すれば、たとえ未経験であっても今の年収を維持できる可能性が高まるのです。

転職で今の年収を下げないため、年収レベルの高い業種へ転職するのは有効な手段になります。

成長している企業を選ぶ

転職で今の年収を下げないコツの3つ目は、成長している企業を選ぶことです。

東洋経済新報社が発表した各社の有価証券報告社を元にした「平均年収「全国トップ500社」最新ランキング」によるとTOP10は次のとおりです。

順位社名業種平均年収
1M&Aキャピタルパートナーズサービス業2,269万円
1キーエンス電気機器1,751万円
3ヒューリック不動産業1,708万円
4三菱商事卸売業1,678万円
5伊藤忠商事卸売業1,627万円
6日本商業開発不動産業1,558万円
7三井物産卸売業1,482万円
8ソレイジア・ファーマ医薬品1,480万円
9ストライクサービス業1,357万円
10住友商事卸売業1,356万円
企業別平均年収ランキングTOP10

たとえばストライクの社員が同じくサービス業であるM&Aキャピタルパートナーズへ転職すると、評価が同じでも大幅年収アップになるかもしれません。

未経験の転職であっても、不動産業界No.1年収のヒューリックへ転職すれば、現職よりも年収アップする可能性が高まります。

成長している好業績の企業を転職先に選べば、転職で今の年収を下げないことにつながるのです。

面接時に年収額を確認する

転職で今の年収を下げないコツの4つ目は、面接時に年収額を確認することです。

特に日本人は、お金に関することを話題に出ししにくいと感じる方が多い傾向です。ましてや面接の場ではなおさらお金の話はしにくいと感じることでしょう。

とはいえ、ここで遠慮したがためにその後の人生を後悔することになっては、転職した意味がありません。

面接時に年収の話をして、気を悪くするような会社は、年収額を重視していないということであり、入社前にわかり良かったと考えるべきです。

面接時に希望年収額と差があることに気付けば、内定を辞退でき、入社後に年収が下がることに気づく後悔を防げます。

転職により年収を下げないためには、面接時に年収額を確認することが大切です。

年収交渉できる転職エージェントを利用する

転職で今の年収を下げないコツの5つ目は、年収交渉できる転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは転職のプロとしてあなたの市場価値を十分に検討し、企業へ売り込むアピールポイントを考えてくれます。

また転職エージェントは企業の採用担当者とコミュニケーションを密にし、採用計画の背景から年収交渉の余地があるか把握しているケースがあります。

あなたの年収が高くなれば転職エージェントの成果にもなるため、エージェントは積極的に年収交渉してくれるのです。

つまり転職で年収を下げないためには、年収アップ交渉のプロでもある転職エージェントを利用するとメリットが大きいのです。

30代転職者から高評価を得ている転職サイトを紹介します。

30代におすすめの転職サイト│doda

doda
転職サイト名doda(デューダ)
運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数約12万件(公開求人&非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代に強い
幅広い年齢層に対応
得意分野製造業
医療系
IT、Web業界
転職サイト『doda』の特徴

『doda』は、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト、ほぼ全ての業界・業種をカバーする国内最大級の求人数を保有しています。

『doda』をおすすめする理由は、次の3つです。

『doda』をおすすめする理由
  1. 転職サイトと転職エージェント両方の機能を使える
  2. 面接対策や書類の添削など幅広いサポートを受けられる
  3. 非公開求人を含む求人数が多く選択肢が豊富かつ求人の質が良い

『doda』では、サイトへの無料登録に加え、同じく無料で利用できるエージェントサービスへの登録もおすすめです。

エージェントサービスへ登録すると、非公開求人を含め業界最大級の約10万件の求人情報から、あなたの希望年収に適した仕事を紹介してくれます。

『doda』は、応募企業が決まった後の書類添削や面接対策のサポートも充実しており、先輩利用者から高評価を得ているのもの強みです。

非公開求人も含め豊富な求人数と、転職活動の全般で幅広いサポートしてくれる『doda』は、年収アップを目指す30代におすすめの転職サイトです。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

30代におすすめの転職サイト│ビズリーチ

ビズリーチの会社概要を紹介します
転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
ビジョナル株式会社100%出資
求人数約2万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢30代や40代のハイクラスに強い
得意分野IT業界
金融業界
コンサルタント業界
転職サイト『ビズリーチ』の特徴

『ビズリーチ』は、ビジョナル株式会社が100%出資している転職サイト、專門職など高年収を狙えるハイクラス転職を目指している30代に好評です。

『ビズリーチ』をおすすめする理由は、次の3つです。

『ビズリーチ』をおすすめする理由
  1. ハイクラス求人が豊富な転職サイト
  2. ヘッドハンターのレベルが高い
  3. スカウトで市場での自分の価値が分かる

『ビズリーチ』の特徴は、ハイクラス求人に特化した転職サイトということ、30代で高年収を目指している方にぜひ登録してほしい転職サイトです。

『ビズリーチ』に掲載されている求人の3分の1以上が年収1,000万円以上、年収にこだわりたい方からは満足できる求人を見つけやすいと好評です。

『ビズリーチ』には自分で求人検索する他に、ヘッドハンターからスカウトが届くシステムもあります。

『ビズリーチ』のヘッドハンターは、基準をクリアし企業からの信頼が厚い優秀な方しか登録できません。

そのため、ヘッドハンターから連絡があると短期間でかつ好条件で転職先が決まるメリットがあります。

どのような企業や業界・職種があなたのキャリアに興味があるかを把握することは、転職活動を有利に進め、高年収を得たい30代にとても大切です。

今の年収よりもアップを目指す30代におすすめの転職サイトは、『ビズリーチ』です。
【ビズリーチの評判】転職サイトの年収と最悪の口コミ

30代におすすめの転職サイト│リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数約23万件(公開求人)
約27万件(非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野IT・通信
医薬
機械・輸送機器
転職サイト『リクルートエージェント』の特徴

『リクルートエージェント』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人数を保有しています。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由
  • 非公開求人数が約10万件以上
  • 業界専門のキャリアアドバイザーが対応
  • 転職サポートが充実

『リクルートエージェント』の最大の強みは、年収アップを目出す30代が気になる非公開求人を、約10万件以上も保有していることです。

企業では、同業他社に知られたくないプロジェクトや急いで人員を確保したい求人の場合、非公開で求人募集するケースがあります。

非公開求人の中には、企業の重点プロジェクトなど優秀な人材を確保するため、年収を高く設定している求人が多数あります。

非公開だけで約10万件以上も保有する『リクルートエージェント』なら、希望条件とマッチする求人が見つかる可能性が高まるのです。

また、『リクルートエージェント』には、業界を知り尽くした専門のキャリアアドバイザーがおり、気になる業界で高年収の求人を見つけやすくなります。

あなたに寄り添い二人三脚で転職活動をすすめてくれるのがエージェント、充実したサポートは、転職支援実績No.1が証明しています。

年収アップしやすい非公開求人に興味がある30代におすすめしたい転職サイトは、『リクルートエージェント』です。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

30代におすすめの転職サイト│マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職サイト名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代に強い
得意分野IT・通信
メーカー
金融機関など
転職サイト『マイナビエージェント』の特徴

『マイナビエージェント』は、株式会社マイナビが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人数を保有しています。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由
  • おすすめポイント1:転職が初めての30代にも安心のサポート体制
  • おすすめポイント2:非公開や中小企業の求人も多い
  • おすすめポイント3:キャリアアドバイザーの対応が丁寧&熱心&早い

『マイナビエージェント』は、転職が初めての30代でも安心して転職活動ができるよう、サポート体制が充実しています。

サポート内容は、転職希望者の強みを活かせる企業紹介に始まり、応募書類の添削や面接対策、さらには給与の条件交渉も含まれます。

特に給与の条件交渉は、話しにくいお金の問題を交渉のプロが代理で担当してくれる、転職で年収を下げたくない30代にとってありがたいサポートです。

『マイナビエージェント』は、非公開や中小企業の求人も多く扱っており、30代にマッチした求人を見つけやすいと好評です。

非公開にはスキルを活かしたやりがいのある仕事が、中小企業には組織の壁が低くやりがいを感じやすい仕事が多数あり30代の仕事探しに適しています。

働きながらの転職活動で忙しい30代に、丁寧&熱心&早いで対応してくれる『マイナビエージェント』は、スムーズな転職活動に欠かせない存在です。

初めての転職で年収を下げることなく納得した仕事に就きたい30代には、『マイナビエージェント』がおすすめの転職サイトになります。
【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

30代におすすめの転職サイト│リクナビNEXT

リクナビNEXT
転職サイト名リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
求人数約6万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野ITエンジニア
営業
事務・管理など
転職サイト『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、膨大な求人情報の中から希望の転職先を見つけやすいと先輩利用者から好評です。

『リクナビNEXT』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクナビNEXT』をおすすめする理由
  • リクナビNEXTのおすすめポイント1.自己分析ツールで強み診断ができる
  • リクナビNEXTのおすすめポイント2.求人数が多く様々なニーズにマッチする
  • リクナビNEXTのおすすめポイント3.サイトやアプリが使いやすく便利

30代が転職で年収を下げないためには、積み上げてきた経験やスキルなど自分の強みを活かせる企業への転職が必要不可欠になります。

とはいえ、自分のことを客観的に評価するのは難しく、自分の強みを正しく認識するのは簡単ではありません。

『リクナビNEXT』の自己分析ツールは、無料なのに有料級のクオリティで強みを診断できると先輩利用者から好評のツールです。

30代の転職希望者は、まずは『リクナビNEXT』に無料登録し、自己分析ツールで強み診断することをおすすめします。

『リクナビNEXT』では3つの方法、高精度AI・気になる登録・ダイレクトオファーにより、巨大なデータベースからマッチした求人を提案してくれます。

特に「気になる登録」は、応募前に気になる企業へ気軽にアピールし、先方の感触をつかめるため、可能性を拡げやすいと好評の機能です。

サイトやアプリが使いやすいのは、仕事が忙しくスキマ時間に効率良く転職活動したい30代には、とてもありがたいことです。

自分の強みを客観的に正しく理解した転職活動で、年収を下げたくない30代におすすめの転職サイトは、『リクナビNEXT』になります。
【リクナビNEXTの評判】オファーとは?転職サイトがめんどくさい?

【転職で年収が下がる!?】まとめ

30代で転職すると年収が下がるのは事実です。ただし、転職で年収が下がる方の割合は20代や40代と差がなく、下がる対象にならなければ大丈夫です。

転職で年収を下げる方は、積み重ねたキャリアを活かせない仕事を選んだり、自らの市場価値を正しく理解していなかったりするケースが多い傾向です。

転職のプロである転職エージェントなら、客観的にあなたの強みを分析し活かせる企業を紹介してくれます。

また、内定獲得までの各ステップにおける寄り添ったサポートは、初めての転職活動で不安が多い方にとって心強い存在になります。

さらに転職エージェントは、転職者が話しにくい年収交渉を代理でしてくれるので、年収をダウンさせない強力な助っ人になるのです。

30代はキャリアアップに向けて転職できるタイミング、転職エージェントを積極的に活用し、やりたい仕事と年収アップの両方をゲットしましょう。

転職プロである転職エージェントが、あなたの可能性を拡げてくれるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました