【dodaのスカウトサービス】面接確約するプレミアムオファーとはどんなサービス?内定率は?

dodaのプレミアムオファーがすごいらしい 転職

dodaのスカウトサービスとはどんなサービス?

dodaのスカウトサービスとはどんなサービスか紹介します

企業から直接オファーをもらえる

dodaのスカウトサービスとは、企業サイドから直接オファーをもらえる、ありがたいサービスです。

多くの方は在職中に転職活動するため、特に平日は忙しく求人情報を見る時間がないと悩んでいる方が多い傾向です。

dodaのスカウトサービスを利用すると、通常の転職活動とは逆の動き、つまり企業サイドから登録したWeb履歴書や職務経歴書をチェックしてくれます。

あなたが膨大な求人情報から検索し応募しなくても、企業側があなたを検索し、スキルや経験を検討・評価しオファーしてくれるのです。

企業からの直接オファーは、スキルや経験がマッチしているケースが多く、中には気づいていない優良企業や大手企業からのオファーも含まれます。

dodaのスカウトサービスは、企業サイドから検索してもらえる、忙しく転職活動の時間を確保しにくい方におすすめのサービスです。

中にはプレミアムなオファーがある

dodaのスカウトサービスには、興味を持ってくれた企業からのオファーに加え、よりアピール度が高いプレミアムなオファーが3つあります。

1つ目は、特別に厳選した方だけに送る「プレミアムオファー」です。既に企業側が惚れ込んでいるため、内定を獲得する可能性が高いオファーとなります。

2つ目は、書類選考がない「面接確約オファー」です。どうしても応募してほしい方に書類選考は通過していることを伝えるオファーになります。

3つ目は、通常の検索からは応募できない「非公開求人オファー」です。公開求人すると応募者が殺到しそうな人気職種からオファーをもらえます。

通常のオファーに加え、3つのプレミアムなオファーがあるdodaのスカウトサービスは、忙しい方はもちろんすべての転職希望者におすすめです。

dodaのスカウトサービス│プレミアムオファーとは?

プレミアムオファーについて紹介します

プレミアムオファーの特徴について

dodaのプレミアムオファーとは、あなたの経歴・スキルをチェックした企業が、直接会って話してみたいと高く評価したときに出す特別なオファーです。

あなたにも興味を持ってもらうため、スカウト担当者の写真・経歴、企業の社風や一緒に働くメンバーの情報なども送られるケースがあります。

企業側があなたの経歴・スキルに惚れ込んだ証のプレミアムオファーの特徴について詳しく紹介します。

通常応募より内定率が高い

dodaのプレミアムオファーは、企業が経験やスキルを評価し厳選した方だけに送る特別なオファーです。

そのため、オファーした企業が求める経歴・スキルとのマッチ度がとても高く、応募した場合は通常応募よりも内定率が高く50%程度になります。

この数値は最終面談まで進んだ方の内定率とほぼ同じであり、プレミアムオファーは最終面談へのプラチナチケットともいえます。

ちなみに、一般的な転職応募では、書類選考を通過して面接に進む確率が25%ほど、そこから内定を得られる方は20%ほどしかいません。(参考:doda資料

内定率50%ほどのプレミアムオファーが、いかに企業側が惚れ込んだスペシャルなオファーなのかわかることでしょう。

面接が確約されている

dodaのプレミアムオファーを送った企業は、あなたを書類審査と一次面談をパスし、最終面談へ進んだ応募者と同等以上で評価しています。

そのため、プレミアムオファーを受け取った転職希望者が応募した場合、面接が確約されているケースがほとんどです。

プレミアムオファーを受け取った方は、転職のスタート地点がゴール手前になり、これほど優遇されている転職活動はないでしょう。

逆に考えるとほぼ内定を得られる面接のため、内定が確定した後は断りにくい状況になると予想されます。

プレミアムオファーを受け取った企業への応募は、応募者側も十分に企業研究してからの決断をおすすめします。

非公開求人からのオファーもある

dodaのプレミアムオファーは、dodaで検索できる企業や募集中の職種に加え、非公開の求人案件からオファーをもらえることがあります。

企業が求人を非公開にするのは、事業戦略に直結しているシークレットな募集や、効率的に素早く採用活動を進めたいケースが多い傾向です。

企業の募集情報はライバル企業も見ており、公開で募集すると、どの分野を強化する予定なのかライバルにバレてしまいます。

人気の高い募集案件は、公開で募集すると応募者が増えて選考に時間がかかり、素早く補強できない事態になってしまいます。

非公開求人はこのような背景の募集であり、プレミアムに値する経験やスキルを持つ転職希望者は、非公開求人の対象になるのです。

追加費用無しの無料で利用できる

企業側から応募の連絡をもらえ内定率が高いdodaのプレミアムオファー、通常登録は無料のdodaですが、プレミアムには特別料金が必要か心配です。

dodaでは、プレミアムオファーをもらえる「スカウトサービス」も、追加費用無しの無料で対応してくれます。

「スカウトサービス」を利用するには、登録すれば良いだけで費用は一切かかりません。doda登録者なら利用しない理由はないでしょう。

「スカウトサービス」に登録していれば、今の業務が忙しく転職活動する時間がなくても、企業の方からあなたを検索してくれて転職活動が進みます。

企業側からのアプローチは、あなたも気に入れば話が早くまとまる、つまり内定までが早いケースが多い傾向です。

追加費用無しで利用できる「スカウトサービス」は、doda利用者はもちろんのこと、全ての転職希望者へおすすめのサービスといえます。

プレミアムオファーによくある勘違い

プレミアムオファーは、企業側が転職希望者を検索し、求人職種が求める職歴やスキルレベルを満たしている方へ送るオファーです。

一般的な求人募集とは、応募者と企業との立場が逆になっているため、勘違いしてしまう転職希望者がいます。

以下に紹介する、よくある勘違いを参考にして、プレミアムオファーの本質を正しく理解し、有効に活用しましょう。

応募しても内定を得られないケースがある

企業からプレミアムオファーをもらった方の内定率は、50%ほどであり、約半数の方は内定を得られていません。

プレミアムオファー=内定決定、ではありませんので勘違いしないよう注意が必要です。

プレミアムオファーは、最終面談相当と考えれば、50%ほどの内定率についても納得がいくことでしょう。

最終面談で企業側のイメージ通りの人物であることを確認できれば内定決定、もし何らかの違いがあれば保留ということです。

プレミアムオファーの面接だからと、面接準備や練習を怠ったり、企業研究をおろそかにしては内定を得られないのは言うまでもありません。

プレミアムオファーはあくまでも最終面談へのパスポート、内定の合否基準は変わりません。勘違いがないようにしましょう。

希望にあわない企業からオファーがくる

dodaスカウトサービスのプレミアムオファーは、企業側がdodaに登録されている転職希望者のデータを見て判断し送るオファーの申し入れをしてくれます。

経験やスキルが求人職種とマッチしているのか判断するのは企業側であるため、転職希望者にとって希望にあわない企業からオファーがくることもあります。

企業側の選定には、転職希望者が実現したい希望や条件は必ずしも反映されないため、希望外の企業からオファーももらうのは仕方がありません。

とはいえ、オファーを送ってくれた企業から見れば、あなたは求人内容にマッチした魅力的な人材であることに間違いありません。

現職の業界や職種に縛られすぎて、求職の視野が狭くなりオファーを送ってくれた企業の存在に気づいていなかった可能性もあります。

あなたの経歴やスキルを評価したくれた企業で働くメリットはないのか、本当に希望条件にマッチしないのか十分に検討する価値はあるでしょう。

dodaのスカウトサービス利用時の内定率は?

dodaのスカウトサービス利用時の内定率を紹介します

プレミアムオファーの内定率はどれくらい?

dodaのスカウトサービスに登録し、プレミアムオファーをもらった企業へ応募すると、内定率はどの程度まで高まるのか気になります。

企業側からの特別なオファーのため、応募すればほぼ内定と思いがちですが、実際の内定率は50%程度です。

この数値は、最終面談まで進んだ方の内定率とほぼ等しいため、プレミアムオファーは最終面談相当の扱いであるといえます。

一般的に、転職者の各選考段階における通過率は次の通りです。

選考段階通過率トータルの通過率
書類選考30%30%
一次面接30%9%
最終面接50%4.5%
転職者の各選考段階における通過率

つまり、書類選考から応募した場合、内定率は4.5%ほどしか無いのが一般的です。

プレミアムオファーの内定率は50%ほどで書類選考からの応募と比較し約11倍もアップします。やはりプレミアムオファーはプレミアムなオファーです。

プレミアムオファーでも内定をもらえないケースがある?

プレミアムオファーの内定率は50%ほどです。つまりプレミアムオファーをもらっても、応募者の約半数は内定を獲得できないのが実態です。

企業側から送ってきたプレミアムオファーなのに、応募して内定をもらえないことを不満に感じる方もいます。

しかしながら、一般的な求人応募で最終面談まで進んだ場合の内定率が50%ほどであることを考えると、何も不思議なことではありません。

企業側がプレミアムオファーに相当する人物と評価したのは、dodaに登録したWeb履歴書に記載の経歴やスキルが魅力的なためです。

企業側の期待が高ければ高いほど、面接で実際に本人確認したときのギャップを大きく感じれば、内定を出さない判断となります。

たとえプレミアムオファーの面接であっても、決して油断することなく、企業研究と面接対策は必須なのです。

dodaのスカウトサービス│面接確約オファーとは?

面接確約オファーについて紹介します

dodaのスカウトサービスには、応募すれば必ず面接してもらえる「面接確約オファー」があります。

企業側がどうしても応募してほしい気になる人材に対し、書類選考をスキップして面接を実施する特別なオファーです。

「面接確約オファー」について、先輩利用者が気になっていた疑問点を紹介します。

面接確約オファーでも不採用になる?

面接確約オファーは、転職希望者がdodaに登録したWeb経歴書を、企業がチェックし、ぜひ面接したいと判断した方へ送る特別なオファーです。

つまり面接確約オファーは、書類選考は既に済んでおり、合格であることを知らせてくれるオファーといえます。

言い換えれば、パスしているのは最初の書類選考だけであり、面接以降の選考は他の求人応募者と変わりなく特別扱いではないことに注意が必要です。

面接で企業側が求める基準を満たしていなかったり、他の求人応募者より劣っていると判断されたすると、不採用になるケースがあります。

面接確約オファーは、あなたに興味を持ったゆえの特別なオファーに間違いありませんが、面接対策をしっかりしないと内定を獲得につながらないのです。

オファー内容と面接での条件が違うことがある

稀なケースではありますが、面接確約オファーの内容、担当する職種・給与・勤務条件などと面接で提示される条件とが違うことがあります。

企業の採用責任者と、オファーを送った担当者とで意思の疎通ができていないことが原因です。

企業側に原因があるとはいえ、面接で提示された条件の方が正しい条件であるケースが多い傾向です。

まずはオファー時に受け取った条件で応募を判断したことを正しく伝え、面接時の条件とどちらが正しいのか確認する必要があります。

面接時の条件が正しく、あなたが希望する条件とかけ離れているのであれば、面接でしっかりと伝えることをおすすめします。

面接であなたの評価が良く、採用担当者の欲しい人材になれば、オファー時の条件に戻してくれる可能性があります。

オファー時の条件と違うからと面接の場ですぐに断るのではなく、まずはオファー時と異なる事実を正しく伝えることが大切です。

ブラック企業からオファーが来ることもある

面接確約オファーは、dodaに登録されたWeb履歴書を確認し、応募条件を満たし面接したい人材と企業が判断した方へ送る特別なオファーです。

ほとんどの企業では優秀な人材を積極的に確保するために利用していますが、人材が集まらないブラック企業が利用しているケースもあります。

通常の求人では応募者が少ないブラック企業が、面接確約オファーで特別感を出すことで応募につなげようとしているケースです。

面接確約オファーをもらえたことは、企業にとって魅力的な人材と評価されてことに間違いありません。

しかし、オファーをもらったあなた自身も、企業の評価を忘れてはいけません。特に今まで認識がなく初めて聞く会社名であればなおさらです。

面接確約オファーはブラック企業からも来ることを忘れずに、自らも企業を調査し魅力的であなたのこだわり条件を満たす会社か見極めが大切になります。

dodaのスカウトサービス│登録・利用の流れ

dodaのスカウトサービス│登録・利用の流れを紹介します

dodaの会員に登録する

dodaのスカウトサービスを利用するには、先にdodaのホームページへアクセスし、dodaの会員登録が必要になります。

dodaへ会員登録する際に求められる情報は次の通りです。

doda会員登録時に求められる情報
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所
  • 電話番号
  • 会員ID(メールアドレス)
  • パスワード
  • 最終学歴
  • 卒業区分
  • 現在の勤務状況
  • 転職回数
  • 勤務先会社名
  • 業種
  • 職種
  • 年収

登録内容はWeb履歴書にも反映されるため、登録前には入力内容が正しいか再度のチェックをおすすめします。

スカウトサービスに登録する

dodaの会員登録が終了すると、スカウトサービス・エージェントサービスなど各種サービスの希望有無をチェックする画面が現れます。

スカウトサービスを希望するをチェックし、追加で求められる情報を入力します。

スカウトサービス登録で求められる情報
  • 卒業学校名
  • 卒業年月
  • 転職活動状況
  • 雇用形態
  • 勤務期間
  • 職務内容
  • 希望勤務地

こちらもWeb履歴書へ反映され、オファーを検討する企業がチェックするため、正しい情報を登録するよう心掛けます。

Web履歴書・職務経歴を登録する

dodaには独自のWeb履歴書があり、スカウトサービス登録時の情報である程度入力されています。追加で空欄部分を記載すれば完成です。

Web履歴書は企業がダイレクトオファーを送る際、参考にする書類であり、スカウトサービス利用者は登録必須となります。

なお、dodaのサイトには、履歴書の書き方に不安がある方に向け「受かるWeb履歴書の書き方」が詳しく紹介されており参考にすると良いでしょう。

Web履歴書の中で、企業の採用担当者が最も注目してチェックするのが職務経歴です。

あなたが今まで積み重ねてきた経験や、高めてきたスキルを採用担当者がわかりやすいように工夫して記載することがプレミアムオファーへとつながります。

dodaのサイトには、転職初心者でもわかりやすいよう詳細な「職務経歴書の書き方」があり、職務経歴を初めて書く方は参考にすると良いでしょう。

企業からのオファーを確認する

あなたが登録したWeb履歴書をチェックして企業がオファーを出すと、登録したメールアドレスに連絡が届きます。

dodaの会員専用ページへアクセスし、「紹介求人を見る」の「企業からのオファー」からオファーの詳細な内容を確認できる仕組みです。

オファーの内容や企業の情報をチェックして、あなたも応募したい求人と判断すれば「応募する」からオファーに応えられる使いやすいシステムといえます。

dodaのスカウトサービス│よくある質問

dodaのスカウトサービス│よくある質問を紹介します

社会人歴が浅くてもオファーは来るのか?

dodaのスカウトサービスを利用する企業の採用担当者が注目するのは、Web履歴書に記載されている経歴やスキルが中心です。

そのため、社会人経験が浅い20代や第二新卒の方、もしくは新たな業界や職種への転職を希望している方には不向きなサービスと思われがちです。

とはいえ、企業の求人にはさまざまな条件や希望があり、必ずしも経験やスキルのみを重視せず、やる気や伸び代に注目するケースもあります。

まだ誰も未挑戦の新規事業では、経歴やスキルよりも挑戦意欲や新知識を吸収する意欲を優先し、社会人歴に関係なくオファーするケースがあります。

社会人歴が浅いためスカウトサービスは意味ないと自分で判断せず、dodaへの登録と同時にスカウトサービスへの登録もおすすめします。

興味のないオファーは無視しても大丈夫か?

dodaのスカウトサービスは、企業側から見て興味のある転職希望者へ送るオファーです。

そのため、オファーの中には興味のない企業や業界・職種からのオファーも含まれているケースがあります。

普段から礼儀正しく丁寧な方ほど、興味のないオファーでもきちんとお断りの連絡を入れた方が良いか心配になりますが、辞退する場合の連絡は不要です。

辞退する旨の連絡しないからと、ブラックリストに載ったり、その後のオファーに影響したりはしないので、興味のないオファーは無視しても大丈夫です。

dodaの公式ページでも辞退の連絡は必要ないことが記載されています。

もし応募前にオファー詳細を確認してから判断したい場合は、オファーの「連絡先」から企業へ直接問い合わせができます。

少しでも興味がある企業では、チャンスを無駄にしないためにも、疑問点を確認してから最終判断すると良いでしょう。

今の会社に転職活動がバレる可能性がある?

dodaのスカウトサービスに登録すると、企業の採用担当者があなたのWeb履歴書を閲覧チェックできる状態になります。

もし現在勤務している会社が求人募集している場合、今の会社の採用担当者があなたのWeb履歴書を見られることになり、転職活動がバレるか心配です。

もちろん転職活動がバレるキケンがあっては安心してスカウトサービスを利用できません。

dodaではスカウトブロック設定で、現在の勤務先・関連会社・取引先を登録すると、設定された会社の採用担当者をブロックできる機能があります。

加えてスカウトブロック機能は、オファーを受け取りたくない会社にも設定でき、安心・安全・快適にスカウト機能を利用できます。

転職市場に精通し、転職希望者の状況を把握し、有益なサービスを提供しているdodaは、おすすめの転職サイトです。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

【dodaのスカウトサービス】まとめ

dodaのスカウトサービスとは、企業の方から検索してもらえ、忙しく転職活動の時間を確保しにくい方におすすめのサービスです。

スキルや経験のマッチ度は既に企業側が確認済、書類選考が済んだ状態のため、面接確約オファーや最終面接相当のプレミアムオファーもあります。

加えて一般には公開していない非公開求人からのオファーもあり、doda登録者はスカウトサービスもあわせての登録がおすすめです。

企業側からのスカウトは、転職市場でのあなたの強みやアピールポイントを気づかせてくれます。

自らの市場価値を把握し視野を広げるためにも、dodaのスカウトサービスは役立つのです。

積極的に利用して、キャリアアップできる転職の実現を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました