【第二新卒の現実】やばい!大手の企業への転職は厳しい?

第二新卒の現実は厳しい?大手はどう? 転職

転職市場における第二新卒の現実は厳しいからやめとけ、とアドバイスする方がいます。本当でしょうか?

自分が目指す行動と真逆のアドバイスは、一旦は聞き入れるも鵜呑みにはせず、納得するまでその理由を調査すると後悔せずに済みます。

大学を卒業して最初に就職した会社とのミスマッチで、転職を検討したい第二新卒は、転職市場での現実とその原因に自分も当てはまるか検討すべきです。

記事では、企業の採用担当者が第二新卒のどのような点を厳しいと考えているのか、徹底解説します。

自分に該当することはないか検証し、心当たりがあれば対策することで、大手への転職も無理ではないのです。

見出し
  • 第二新卒の現実は本当に厳しくやばいのかわかる
  • 第二新卒の現実で門前払いされるケースがわかる
  • 第二新卒の現実は大手への転職は無理なのかわかる

第二新卒の現実は本当にやばいのか?

第二新卒の現実は本当にやばいのか?

第二新卒がやばいと言われるワケ

新卒で入社した企業をわずか3年以内に退職し転職活動している第二新卒を、あまり好ましく思っていない採用担当者がいるのは事実です。

転職を検討したい第二新卒は、自分が目指す行動と真逆のアドバイスは、鵜呑みにせず、納得するまでそのワケをチェックすると後悔せずに済みます。

第二新卒をやばいと感じている採用担当者は、どんなことを心配し不安に思っているのか、要はそれをしなければ良いだけです。

企業の採用担当者が、第二新卒はやばいと言っているワケを3つ紹介します。

長期で働いてくれるか不安がある

第二新卒がやばいと言われるワケの1つ目は、長期で働いてくれるか不安があるからです。

3年以内の退職は明らかに短すぎ、特に新卒入社の場合、最初の1〜2年は研修・教育期間であり、半人前の仕事しかしていません。

ようやく使えるようになってきた3年目を待たずして退職されては、採用担当者としてはダメージが大きく、人事計画に支障が生じているはずです。

このような行動をした第二新卒に採用担当者が良いイメージを持つはずはなく、また同じことを繰り返し慣れた頃に辞められるのではと不安になるのです。

企業の事業計画を実行するために必要な人材を確保するのが採用担当者の仕事、第二新卒は過去に迷惑をかけた自覚を持つ必要があります。

その上で、採用担当者の不安を払拭するには、新しい会社では転職理由を繰り返さないこと、長期勤務するつもりであることのアピールが必要なのです。

新卒入社と同様に考えている人がいる

第二新卒がやばいと言われるワケの2つ目は、新卒入社と同様に考えている人がいることです。

第二新卒は新卒社員と同様に、スキルや経験はほぼゼロに近く、いきなり仕事は任せられず研修や教育から始めるケースが多くなります。

そのため、社会人としての態度も振る舞いも新卒同様に考えしまい、採用担当者が違和感を感じる勘違いした行動をしてしまうのです。

採用担当者や職場の方は、新卒と第二新卒とでは見る目が違い、社会人を経験している第二新卒は、最低限のマナーは身につけて当然と思っています。

たとえ仕事に必要な経験やスキルが不足し研修が必要でも、相手に違和感を感じさせない社会人としての振る舞いが第二新卒には求められるのです。

採用担当者との面接では、社会人としての振る舞いができることをしっかりと示し、新卒とは違うことをアピールする必要があります。

短所ばかりに目が行く性格ではないか?

第二新卒がやばいと言われるワケの3つ目は、短所ばかりに目が行く性格ではないか?と心配になることです。

どんなに素晴らしいホワイトな企業や職場でも、全て完璧ということはありません。細かいことも含め探せば何らかの短所はあるものです。

第二新卒には短期間で会社を辞めた事実があり、その原因が職場や人間関係の短所ばかりが目に付き、イヤになったことではないかと思われているのです。

短所ばかりに目が行くと、職場の欠点ばかり指摘し雰囲気を悪くしたり、メンバー同士の人間関係に影響したりして、業務に支障をきたす心配があります。

採用担当者としては、マイナス思考が強いとわかっている人を採用し、職場の活性化を期待する新メンバーとして迎える訳にはいかないのです。

第二新卒は、採用担当者の不安を解消するため、退職理由を明確に説明し、前向きな入社理由を説明する必要があります。

第二新卒の企業から門前払いされるケース

第二新卒が転職活動すると、門前払いされてしまうと実感する、つまり書類審査で落とされ面接になかなか進めないケースが現実としてあります。

どの様なケースが門前払いの対象になっているのか、採用担当者の判断基準を知り、対策すれば書類審査の通過率を高めることが可能です。

第二新卒に多く見られる門前払いされるケースを3つ紹介します。

最低限のビジネスマナーを修得していない

第二新卒の現実で門前払いされるケースの1つ目は、最低限のビジネスマナーを修得していないと思わせてしまうことです。

応募書類におけるビジネスマナーでは、わかりやすく簡潔な文章で書くこと、そして目立つ空欄を作らないことの2点に注意を配る必要があります。

採用担当者は全ての応募者の書類に目を通す必要があり、膨大な作業量になります。第二新卒はこのような採用担当者の状況を理解した書類作りが大切です。

だらだらとした長文で読解に時間を要したり、文法ミスや誤字脱字などがあったりすれば、最低限のビジネスマナーをマスターしていないと判定されます。

仕事で必要なスキルや経験は入社後に習得するとしても、第二新卒には最低限のビジネスマナーを期待している採用担当者が多くいます。

応募書類は記載する内容とともに体裁にも気を配る必要が、門前払いされないためには必要なのです。

前職の退職理由と志望理由を明確にしていない

第二新卒の現実で門前払いされるケースの2つ目は、前職の退職理由と応募企業を選んだ志望理由を明確にしていないことです。

退職理由の場合、仮に明確にしていても、前職の悪口や不平不満などネガティブな内容であれば、門前払いされる可能性が高まり注意が必要です。

たとえ正直な理由でも、応募書類にネガティブな内容の記載はNG、短所ばかりが目に付き職場の雰囲気を悪くするタイプと捉えられるキケンがあります。

やりたい仕事が明確になった、希望する職種に配属されなかったなど、前向きな退職理由を明確に具体的に記載するよう心掛けます。

同様に志望理由も積極性をアピールすることが必要条件です。たとえ年収アップや人間関係の改善が目的であっても仕事内容での記載が必要になります。

採用担当者が第二新卒で確認したいのは、退職理由と志望動機、門前払いされないよう前向きにわかりやすく具体的な記載が大切です。

すぐに辞めてしまう心配がある

第二新卒の現実で門前払いされるケースの3つ目は、また前職と同様に、すぐに辞めてしまうのではないかと心配があるからです。

採用担当者は、職場からの人材要望に応えるため、計画を立てて採用活動しています。そこには物品とは異なり予備などありません。

すぐ辞めてしまう人材では、職場に迷惑がかかり事業計画に影響を与えてしまうなど、採用担当者の責任問題になりかねないのです。

そのため、入社後に2〜3年で辞めた経歴がある第二新卒は、同じことを繰り返す心配があると判断し、書類審査で門前払いしてしまう採用担当者がいるのです。

第二新卒は採用担当者が再度の早期退職を心配していることに配慮し、長期間勤務する心構えを応募書類でアピールする必要があります。

第二新卒がやばいと言われないための心構え

第二新卒がやばいと企業の採用担当者に言われないため、第二新卒が新卒入社時と同じミスを繰り返し再び早期で退職しないため、必要な心構えがあります。

第二新卒での転職は、早期でキャリアのやり直しを実現できるありがたいチャンスです。

社会人としての年数を重ねるほど、後戻りや方向転換などキャリアの見直しは厳しくなるのは、誰が考えても明らかな事実です。

第二新卒でのチャンスを活かしきるため、第二新卒がやばいと言われない心構えを2つ紹介します。

短期間での退職は一度だけと心得る

第二新卒がやばいと言われない心構えの1つ目は、短期間での退職は一度だけと心得て転職活動することです。

会社のイメージが違っていた、希望の仕事ができなかった、他にやりたいことが見つかったなど、どのような退職理由であれ同じミスは許されません。

早期の退職になってしまった理由をしっかりと振り返り、対策して同じ原因で退職しない心構えが必要です。

短期間での退職でチャンスをもらえるのは一度だけ、20代後半や30代になると、早期退職で経験やスキルが身についていない方の転職は厳しくなります。

次の会社では長期間勤務する覚悟で、自分の強みや希望条件を整理し、マッチングする企業を選ぶことが新卒就活のとき以上に必要となるのです。

同年齢より待遇が悪くてもガマンする

第二新卒がやばいと言われない心構えの2つ目は、同年齢の社員より待遇が悪くても、数年間はガマンすることです。

第二新卒は社会人経験の長さは同じでも、遅れての入社になるため、同年齢の社員より給与などの待遇が悪くなる可能性があります。

同年齢とはいえ、会社では先輩であり仕事で差がついているのは事実、第二新卒はこのことを十分に認識し、たとえ不満に感じてもガマンが必要です。

新人時代の数年差は、短期間で追いつき追い越すことが可能です。第二新卒は既に社会人を経験しており、マスターに要する時間は短いことでしょう。

同年齢と同じスキルレベルになり、仕事を任せられれば、待遇も同レベル以上になることは間違いありません。

同年齢より待遇が悪くても数年間はガマンし、まずはスキルレベルを同年齢並みに引き上げることに全力集中する、やばいと言われない大切な心構えです。

第二新卒の現実は厳しいが甘い面もあり

第二新卒の現実は厳しいが甘い面もあり

第二新卒の現実は厳しいけど本当は甘い⁉

第二新卒の現実は厳しく、やばかったり門前払いされたりするケースがあるのは残念ながら事実です。

とはいえ、採用担当者が第二新卒に持っているネガティブな先入観を十分に認識し、心配を安心に変える応募書類にすれば良いだけのことです。

これさえできれば、第二新卒は転職の大チャンス、成功率がすべての年代で最も高く、本当は甘い現実があります。理由は次の2つです。

第二新卒の現実が本当は甘い理由
  1. スキルや経験がそれほど重視されない
  2. ポテンシャルで採用される傾向にある

転職で採用担当者が最も重視しているのは、職場から要望されているスキルレベルや経験とのマッチング、即戦力として活躍できるか否かです。

ところが第二新卒の採用では、新卒採用と同様に、中途採用で最も重視されるスキルや経験がそれほど重視されません。

むしろポテンシャルを重視して採用するケースが多い傾向であり、第二新卒の現実は甘いと言われるのはこのためです。

第二新卒はスキルや経験を問われず転職できる最後のチャンス、成功率も高く転職が気になる方はこのチャンスを逃すともったいありません。
【転職の成功率】解説!20代や第二新卒が成功するには?回数は何回までOK?

第二新卒の現実が厳しい理由は本人次第⁉

第二新卒の現実には甘い面があるにもかかわらず、それに気づかず厳しいと感じている方は、本人に原因があるケースがほとんどです。

第二新卒は早期に退職する現実をネガティブにとらえる必要はありません。むしろ早期に方向転換できたことをポジティブにとらえるべきです。

第二新卒の現実を厳しいと感じてしまう方の特徴を3つ紹介します。

早期に退職した事実を後ろめたいと感じる

第二新卒の現実を厳しいと感じてしまう方の特徴1つ目は、早期に退職した事実を後ろめたいと感じてしまうことです。

確かに短い間とはいえ、お世話になった職場や先輩・同僚などを裏切ったことになる早期退職に、真面目な方ほど後ろめたさを感じる傾向があります。

お世話になった方々へ感謝の気持ちを持つのは大切です。しかし、その方々があなたの人生を一生面倒見てくれる訳ではありません。

会社もしかり、あなたの生活を定年退職まで保証する義務はありません。ましてや終身雇用が崩壊し、定年まで勤務できるかどうかもわかりません。

つまり情に流されず現実を直視すれば、自分の人生は自分自身が責任を持って選択するしかなく、早期の退職は決して後ろめたいことではないのです。

第二新卒は自分の人生に責任を持ち選択できた人、後ろめたさを解消すれば、自信を持って転職活動でき、希望する結果につながります。

社会人経験が浅くルールやマナーに自信がない

第二新卒の現実を厳しいと感じてしまう方の特徴2つ目は、社会人経験が浅くルールやマナーに自信がないと感じてしまうことです。

確かに新卒とは異なり、数年でも社会人を経験している第二新卒には、最低限のルールやマナーをマスターしているものという空気があるのは事実です。

そのため、社会人のルールやマナーに自信を持てない第二新卒は、採用担当者に門前払いされることを過剰に心配するケースが多い傾向です。

自信がないのであれば勉強してマスターするしかありません。行動あるのみです。

転職サイトには、応募書類や面接で必要になるルールやマナーを、わかりやすく紹介してくれるコンテンツが多数あります。

また転職エージェントを利用すれば、1対1で応募書類や面接で必要になるルールやマナーを直接教えてもらえます。

自信がないと厳しい現実を嘆くだけではなく、積極的に行動し現実を変えれば良いのです。

退職理由を説明できる明確な理由がない

第二新卒の現実を厳しいと感じてしまう方の特徴3つ目は、退職理由を説明できる明確な理由がないことです。

実は理由がない訳ではなく、採用担当者へ説明できる前向きな退職理由がないことが、第二新卒の現実を厳しいと感じてしまう原因になっています。

どんなにネガティブな理由であれ、起きたことは仕方がありません。第二新卒として新たに出発するには過去のネガをポジへ変換する転換力が必要です。

仕事がイヤで辞めてもやりたいことが見つかった、年収アップが目的でも貴社の方針に惹かれたなど、採用担当者が前向きと思える理由へ変換しましょう。

何もウソを付くことはありません。考え方の切り口を変えるだけで、ネガティブをポジティブへ変換でき、第二新卒での転職を良かったと思えるのです。

第二新卒の厳しい現実を乗り越える方法

第二新卒は、経験やスキルを必要としない転職では、最後のチャンスとなります。これ以降は経験やスキルが必須条件となり転職が厳しくなるのです。

このポテンシャル重視のチャンスを活かすには、採用担当者が第二新卒に感じている不安を取り除き、厳しい現実を乗り越える必要があります。

採用担当者の不安さえ取り除けば、第二新卒の成功率は全世代でNo.1、新しい企業での再出発が可能になるのです。

第二新卒の厳しい現実を乗り越える方法を3つ紹介します。

志望動機を明確にし未来に焦点をあてる

第二新卒の厳しい現実を乗り越える方法の1つ目は、志望動機を明確にし未来に焦点をあてることです。

採用担当者が第二新卒に感じている大きな不安は、再び前職と同じことを繰り返し、短期で辞めてしまわないかという疑念です。

志望動機が抽象的で不明確、前職でのネガティブなことを背景にしているなどでは、再び早期で辞める心配があり採用に踏み込めません。

第二新卒も募集対象にしている企業では、新卒での失敗を否定している訳ではなく、今後に向けた前向きな宣言を期待しているのです。

志望動機をわかりやすく具体的にし、未来に焦点をあてると、採用担当者の安心感につながり、採用に向けて一歩前進し、厳しい現実が改善します。

第二新卒は年齢的にも若いからこそ、未来に焦点を当てた話をすることが大切なのです。

自己分析して自分の強みを見極める

第二新卒の厳しい現実を乗り越える方法の2つ目は、自己分析して自分の強みを見極めることです。

企業の採用担当者は第二新卒に経験やスキルを求めていません。期待しているのは、自分自身の強みを理解し活かす能力、ポテンシャルの高さです。

そのためには、自分自身を客観的に評価し、具体的事例も含めて説明できることが必須となります。

とはいえ、能力を持っていると簡単にできるため、自分では強みと認識していないケースが多くあり、このことが強みの自覚を難しくしている背景です。

友人や知人から良く言われる特徴、以前から苦労なくできることなど、自分の強みを正しく理解し、アピールできるまでブラッシュアップする必要があります。

第二新卒は、経験やスキルを問われない代わりに、自己分析して自分の強みを見極めることが大切なのです。

転職エージェントにサポートをお願いする

第二新卒の厳しい現実を乗り越える方法の3つ目は、転職エージェントにサポートをお願いすることです。

初めての転職活動になる第二新卒は、わからないことだらけで不安が多いもの、何もかの自分でやろうとする必要は全くありません。

転職サポートのプロである転職エージェントは無料で利用でき、途中で転職をやめてもペナルティは一切なし、利用しないのはもったいありません。

エージェントを活用すれば、面談による強み分析から始めてくれ、第二新卒の転職でポイントとなる自己分析を採用担当者の目線で実施してくれます。

社会人として求められる最低限のマナーも、書類添削や面接対策などのサポートを通じて、問題ないレベルまで引き上げてくれます。

『マイナビエージェント』は、充実したサポート体制が第二新卒にも好評、特にアピールポイントを引き出す具体的なアドバイスが高評価でおすすめです
【転職の成功率】解説!20代や第二新卒が成功するには?回数は何回までOK?

第二新卒の現実は大手の企業への転職は厳しい⁉

第二新卒の現実は大手の企業への転職は厳しい?

大手が第二新卒を採用するケースとは?

大手企業は同業の中で年収が高く、経営の安定性や知名度などから、新卒で入社を希望する方が毎年多い傾向が続いています。

残念ながら新卒では入社できず、第二新卒枠で大企業への転職を再チャレンジしたい方が多い一方、現実は無理で厳しいと言われているのも事実です。

大手企業では採用計画の人員が集まらないケースはほぼなく、基本的には第二新卒を採用する必要はありません。中途採用は経験者中心になります。

とはいえ、大手が第二新卒を採用するケースがあります。それは、新卒採用者が早期に退職してしまい、新卒採用計画に未達が生じた場合です。

希望の大企業に入社しても、イメージと違っていたり、希望の職種に就けなかったりすることで、辞めてしまう方がいるのです。

この欠員の補填募集は第二新卒にとって大チャンス、経験やスキルなしで大手企業へ転職できる最初で最後のチャンスになります。

そもそも大手にこだわる必要はあるのか?

第二新卒の中には、新卒の時から大手企業にこだわって転職活動している方もいます。

転職は少なからずリスクが有り、何度もやり直しができません。そもそも大手にこだわる必要があるのか、十分な検討をおすすめします。

大手企業で働くことのメリットとデメリットを紹介します。自分の希望は大手企業で実現できるのか、十分に検討しましょう。

大手企業へ転職するデメリット

大手企業を目指している方は、知名度や安定性など良いところに注目しており、デメリットを軽視しがちな傾向があります。

よって、あえて大手企業へ転職するデメリットから紹介します。

大手企業へ転職するデメリット
  1. 年功序列の傾向が強く成果が給与や評価に反映されにくい
  2. 個人の裁量が小さくやりがいに影響する場合がある
  3. 形式的な会議や手続きが多く意志决定が遅い
  4. 社風や企業文化の個性が強く合わないケースもある

能力主義へ切り替えているとはいえ、大手企業では過去のしがらみから年功序列の傾向が残っているケースがあり、若手はガマンが必要かもしれません。

大組織で運営する仕事スタイルは、個人の裁量が狭くなり、関連部門の調整などが多く、意思決定が遅いのが特徴でベンチャーとは真逆です。

伝統的な社風や企業文化に時代の違和感を感じても、簡単に変更できないのが大手企業、20代の感覚とは合わないケースもあります。

これらデメリットに耐えられない新卒社員が、大手企業に入社したにもかかわらず、早期で退職していく現実があるのです。

大手企業へ転職するメリット

第二新卒や新卒に大手企業の人気が相変わらず高いのは、デメリットを上回るメリットがあるからです。

大手企業へ転職した際に実感できるメリットを紹介します。

大手企業へ転職するメリット
  1. 年収が中小企業より高めでかつ安定している
  2. 社会的に信頼され住宅ローンなどが通りやすい
  3. 影響力の大きいやりがいのある仕事ができる
  4. 教育訓練や福利厚生の制度が充実している

大手企業へ転職するメリットは、何と言っても給与の高さと安定性、そして知名度の高さによる社会的信頼性といえます。

同じ仕事内容でも大手企業の給与が高いのは事実、本人よりも会社名により社会的信用が判断されるのも事実であり、大手企業の大きなメリットです。

国や地方自治体、海外でのビッグプロジェクトなど影響力の大きいやりがいのある仕事を担当できるのも大手のメリット、家族にも自慢できることでしょう。

新人をじっくりと教育する余裕があるのも大手のメリット、ワークライフバランスにも積極的に取り組んでおり福利厚生が充実しているのも見逃せません。

第二新卒が大手転職の実現に必要なこと

大手企業のメリットとデメリットを確認し、やはりメリットの方が大きくどうしても大手へ転職したい第二新卒は、大手に向けた対策が必要です。

同じ第二新卒でも大手企業の採用試験を突破するには、大手の採用担当者が気にしていることをクリアする必要があります。

第二新卒が大手転職の実現に必要なことを4つ紹介します。

同業界・職種かつ最低3年の経験が必要

第二新卒が大手転職の実現に必要なことの1つ目は、目指している大手企業と同業界・職種で最低3年間の経験を積むことです。

第二新卒には、経験やスキルを問わないとはいえ、大手企業では社会人として最低限のルールやマナーを習得していることを求めています。

また、経験が乏しいとはいえ、一つの業務やプロジェクトをやり遂げた経験を第二新卒には期待しているのです。

残念ながら新卒では大手ではない企業に就職してしまい、第二新卒枠で大手への転職を希望している方でも、3年は現職で経験を積む必要があります。

人気がある大手では応募者が多数おり、条件にマッチしない採用をする必要がありません。大手を目指すなら大手にマッチする経験を積む必要があるのです。

自己分析と職務を棚卸し強みを見極める

第二新卒が大手転職の実現に必要なことの2つ目は、自己分析と経験した職務を棚卸し、アピールできる強みを分析して見極めることです。

第二新卒の転職で大切なことは、ポテンシャルのアピールです。とはいえ、新卒と同じアピールでは大手企業の選考は通りません。

第二新卒に必要なポテンシャルのアピールは、短いながらも職務を通して得られた強みが求められ、この点が新卒とは異なるポイントです。

受けた研修・担当した業務・工夫したポイント・職務を通じて成長したことなど、社会人として経験した職務で得られた強みがアピールポイントになります。

経験した業務を詳しく棚卸し、詳しく自己分析してアピールできる強みを見出すことが大切です。

前職の退職理由と応募理由を明確にする

第二新卒が大手転職の実現に必要なことの3つ目は、前職の退職理由と応募理由を明確にすることです。

大手が第二新卒を採用するのは、新卒採用者が早期に退職してしまい、採用計画に必要な人員が不足しているケースがほとんどになります。

そのため、採用担当者が第二新卒の採用に際し気にしているのは、同じ様な早期退職を繰り返さないかということです。

前職の退職理由がネガティブである、応募理由に前向きな未来志向を感じられない、このような第二新卒は書類審査で門前払いする可能性が高くなります。

応募書類に記載する退職理由と応募理由は、あくまでも未来に向けたポジティブな理由かつ長期で勤務する意思表示するべきです。

採用担当者が第二新卒に対して心配している早期退職の心配がなく、ぜひ面接で話を聞いてみたいと思う応募理由の記載を心掛けます。

応募書類と面接対策は自己流でしない

第二新卒が大手転職の実現に必要なことの4つ目は、応募書類と面接対策は自己流でしないことです。

大手企業は第二新卒に対し、社会人として最低限のルールとマナーを修得済であることを期待しています。

応募書類の書き方が全くの自己流であったり、面接での受け答えに社会人として違和感を感じると、採用に支障が出る可能性があるのです。

応募書類や面接では個性をアピールするよりも、一般的な常識やルールに従った方が、大手企業では無難になります。

『マイナビ転職』には、転職ノウハウが充実しており、豊富な事例とともに応募書類の書き方や面接マナーなどが紹介されており大手企業希望者は必見です。
【マイナビ転職の評判】やばい?口コミはどう?調査結果を紹介!

第三者に確認してもらい、より完成度を高めたい方は『マイナビエージェント』で書類添削や面接対策を受けると採用者目線で確認できおすすめです。
【マイナビエージェントの評判】注意点と口コミの特徴&登録と転職の流れ

【第二新卒の現実】まとめ

✅第二新卒が現実に門前払いされるのには理由がある

第二新卒が転職活動すると、門前払いされてしまうと実感する、つまり書類審査で落とされ面接になかなか進めないケースが現実としてあります。

ビジネスマナーを修得していない、退職理由や志望理由が不明確、すぐに辞めてしまう心配などが門前払いの背景にあり対策が必要です。
「第二新卒の現実で門前払いされるケース」について詳しくはこちら

✅第二新卒はやばいと言われない心構えが必要

新卒で入社した企業をわずか3年以内に退職し転職活動している第二新卒を、あまり好ましく思っていない採用担当者がいるのは事実です。

第二新卒の転職希望者を好ましく思わない採用担当者の先入観を変えるには、次は短期間で退職しない、同年齢と待遇を比較しない心構えが大切になります。
「第二新卒の現実は本当にやばいのか?」について詳しくはこちら

✅第二新卒の現実は厳しいけど本当は甘い

第二新卒の現実は門前払いされるなど厳しい反面、転職で必要になるスキルや経験が他の年代より重視されない甘い面もあります。

第二新卒はスキルや経験と問われないポテンシャルで転職できる最後のチャンス、転職が気になる方は積極的に活かしましょう。
「第二新卒の現実は厳しいが甘い面もあり」について詳しくはこちら

✅大手企業が第二新卒を採用するケースがある

大手企業が第二新卒を採用するケースとは、新卒採用計画に未達が生じた場合です。

大手企業のメリットに魅力を感じ諦めきれない第二新卒は、経験やスキルなしで大手企業へ転職できる最後のチャンスになります。
「第二新卒の現実は大手の企業への転職は厳しいのか⁉」について詳しくはこちら

第二新卒の現実は厳しくもあり甘くもあるのが事実、大手への転職も無理ではありません。転職成功率が最も高い世代であり大チャンスに間違いありません。

新卒での失敗を二度と繰り返さないためには、プロのサポートが必要です。転職のプロ・転職エージェントの積極活用をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました