【非公開求人の理由】怪しいは本当?デメリットとメリット&探し方も紹介

なぜ非公開で求人する?怪しいのは本当なの? 転職

非公開求人の理由が怪しいのは本当か?

非公開求人の理由が怪しいのは本当か?

そもそも公開されない非公開求人とは?

非公開求人と聞くと、何か公開できない怪しいことがあるので?正々堂々と募集できない怪しいことがあるのでは?と疑いたくなります。

結論として、非公開求人は一切怪しいことはありません。一般公開されている求人と同様に、転職希望者が安心して応募できる求人です。

そもそも非公開求人とは、誰でも登録すると利用できる転職サイトの検索ではヒットしない、一般には公開されていない求人を意味します。

非公開求人と公開求人を比較すると、件数は同程度、求人条件は非公開の方が高年収や部長以上の役職などハイクラス求人が多い傾向です。

非公開求人が怪しい事実は一切なく、むしろ、全ての転職希望者に検討してほしい好条件の求人が多いのが特徴となっています。

企業が求人を非公開にする理由とは?

全ての転職希望者が注目すべきハイクラス求人が多い非公開求人、なぜ公開ぜずに「非公開」で求人募集しているのでしょうか?

「ハイクラス求人」であれば、一般に公開して求人募集した方が、広く認知されて優秀な人材が集まりやすいのは事実です。

企業の採用担当者も当然ながら公開求人の方が募集人員が多いことを理解しており、だからこそ「非公開」を選択したワケがあります。

企業が求人を非公開にする理由を4つ紹介します。

応募者を絞り効率的に採用活動を進めたい

企業が求人を非公開にする理由の1つ目は、求人への応募者を絞り、効率的に採用活動を進めたいためです。

人気企業や人気職種が公開で求人募集すると、応募者が殺到し想定を超えるほどの応募者数になってしまうケースがあります。

企業での採用試験は、履歴書や職務経歴書などの書類審査です。大学や高校の入学試験の採点とは異なり、審査のためには書類を読み込む必要があります。

そのため、求人応募者が増えれば増えるほど採用担当者の負担が増え、増えすぎると採用活動に支障が生じてしまう心配があるのです。

求人を非公開にすると、転職エージェントが一次スクリーニングしてくれ、書類審査を通過する可能性が高い転職希望者のみに縛られる効果があります。

よって、企業の採用担当者の負担を減らし、効率的に採用活動を進めたいときに、企業は非公開を選択するのです。

ライバル企業に人事戦略をバレたくない

企業が求人を非公開にする理由の2つ目は、ライバル企業に人事戦略をバレたくないためです。

企業の求人情報をウォッチングしているのは、転職希望者や転職エージェントだけではなく、採用担当者もライバル企業の動向をチェックしています。

なぜなら、求人内容を確認すれば、ライバル企業の人事戦略がわかり、これから重点的に力を入れていく事業を推定できるからです。

特に新規事業や、スキル保有者が少なく人材争奪戦になりそうな職種の求人は、ライバル企業にバレずに進めたいため、非公開を選択する傾向があります。

非公開で募集しても、転職エージェントが転職希望者の経験やスキルレベルの情報を把握しており、必要な人材が集まらない心配はありません。

むしろ、人事戦略をライバル企業にバレることなく求人募集できるため、企業は非公開を選択するのです。

社員に年収などの求人情報を知られたくない

企業が求人を非公開にする理由の3つ目は、社員に年収などの求人情報を知られたくないためです。

求人情報を知られたくないのは、ライバル企業だけではありません。実は、自社の社員にも年収や待遇などの求人条件を知られたくないケースがあります。

市場の急拡大に対応し人員補強するケースでは、ライバル企業との人材争奪戦になり、競り勝つために年収をアップせざるを得ないこともあります。

状況によっては、既に入社している同レベル社員より高額年収になるケースもあり、社員に知られるとやる気に影響しかねません。

求人条件を公開して募集すると、思わぬ経路で社員に情報が伝わる心配がありますが、非公開にすれば、社員に知れ渡ることはなく安心です。

転職希望者だけに求人情報を伝えたいとき、企業は非公開を選択するのです。

急いで人員を補充する必要がある

企業が求人を非公開にする理由の4つ目は、急いで人員を補充する必要があるからです。

急に退職者が出て他のメンバーで対応できないとき、緊急で人員補充の要請があるときは、公開求人だと採用まで時間がかかり迅速に対応できません。

非公開求人であれば、転職エージェントに採用条件を伝えるとマッチした人材を紹介してくれ、短期間での人員補充が可能になります。

たとえ採用を急いだとしても、非公開でお願いする転職エージェントは、転職希望者の情報を豊富に保有しており、慌てて審査する状況にはなりません。

事業を計画通りに進めるため、急いで人員を補充する必要があるときに、企業は非公開を選択するのです。

非公開求人にはデメリットがある理由

非公開求人にはデメリットがある理由を紹介します

紹介するかしないかはエージェントの判断

非公開求人にはデメリットがある理由の1つ目は、紹介するかしないかの判断はエージェントがするため、転職希望者に主導権がないことです。

公開求人の場合、転職サイトで希望する条件を入力し検索、ヒットした求人情報から企業が求める経験やスキルレベルを判断し自ら応募を決められます。

確実に書類審査が通過しそうな求人から、難易度が高そうな有名企業の求人まで、自らの経験やスキルレベルを参考に自らの意思で自由に判断できます。

一方、非公開求人の場合、そもそも求人募集があることを転職希望者は知らず、エージェントにリクエストすらできません。

企業が要望する人材に適しているかをエージェントが審査し、該当する方のみ求人情報が紹介されるのです。

エージェントとコミュニケーションを密にし、自らの強みやスキルレベル・経験を正しく理解してもらうことが、非公開求人では大切になります。

非公開なので情報を入手しにくい

非公開求人にはデメリットがある理由の2つ目は、そもそも非公開なので事前に情報を入手しにくいことです。

転職活動では、応募企業が求める人材像にマッチングしていることがわかるよう、応募書類を作成し、面接でアピールする必要があります。

そのため求人票を十分に読み込むのはもちろんのこと、企業がホームページで発信している情報や、メディアに取り上げられた話題などの調査が必要です。

例えば、発表前の新規プロジェクトの非公開求人では、求人票以外の情報を入手できない可能性が高く、情報不足でアピールポイントを絞れず困ります。

エージェントは普段から企業の採用担当者とコミュニケーションを密にしており、非公開でも求人票以外の情報を入手できる可能性があります。

エージェントにサポートをお願いすることで、非公開による情報不足のデメリットを軽減できるのです。

求められるスキルレベルが高い傾向がある

非公開求人にはデメリットがある理由の3つ目は、求められるスキルレベルが高い傾向があることです。

非公開求人は、高額年収などの高待遇の求人や、部長職以上の役職が保証されたハイクラス求人が多く、企業側の要求レベルが高い傾向です。

とはいえ、高待遇やハイクラス求人は公開で募集されることは少なく、非公開求人ならではのメリットともいえます。

エージェントに企業が要望しているスキルレベルを確認し、たとえ今回の転職では紹介されなくても、将来のキャリアプラン目標にすると良いでしょう。

逆に非公開求人であるにもかかわらず、求められるスキルレベルが低いと感じる求人は、急募の可能性があり注意が必要です。

急募でも希望する条件とマッチしていれば問題ありませんが、人手不足の解消が主目的の募集があり、転職後に後悔しないよう確認が大切になります。

非公開求人にはメリットがある理由

非公開求人にはメリットがある理由を紹介します

高待遇やハイクラスの求人が多い

非公開求人にはメリットがある理由の1つ目は、高額年収などの高待遇や部長職以上の役職が保証されたハイクラスの求人が多いことです。

高待遇やハイクラス求人の対象者には、業界トップクラスのスキルおよび十分な経験を求めるため、応募者を限定したいのが企業側の本音です。

求人を非公開にしエージェントに対象者を選定してもらうと、ハイクラス条件にマッチした転職希望者を紹介してくれ採用活動がスムーズに進みます。

応募者のスキルレベルと今まで積み重ねてきた経験や役職は、既にエージェントが十分に調査しており、採用担当者の手間が省けるメリットもあります。

このようなメリットから、求める条件にマッチする方だけに応募を限定したい高待遇やハイクラスの募集は、非公開での求人が多くなるのです。

大手企業や人気企業の求人が多い

非公開求人にはメリットがある理由の2つ目は、一般の公開求人では見つけられない大手企業や人気企業の求人が多いことです。

大手企業や人気企業が公開で求人すると、求める条件に関わらず応募者が殺到し、企業側が想定している倍率以上になる可能性が十分にあります。

企業の求人募集では、応募者全員の履歴書や職務経歴書を審査する必要があり、想定以上の応募者になると採用担当者の負担が増え採用活動に支障が出ます。

非公開求人にすれば、エージェントが応募対象者を絞り求める条件にマッチした方のみの応募になり、採用担当者が十分に吟味した審査が可能です。

このようなメリットから、応募対象者を絞りたい大手企業や人気企業の募集は、非公開での求人が多くなるのです。

やりがいのある仕事内容の求人が多い

非公開求人にはメリットがある理由の3つ目は、やりがいのある仕事内容の求人が多いことです。

転職希望者の中には、スキルアップやキャリアアップのため、業界初や世界初などチャレンジングな仕事に関わることを優先条件にしている方がいます。

社員がやりがいを感じるような新規のプロジェクトは、ライバル企業に極秘で進めたいため、非公開でメンバー募集する企業が多い傾向です。

一般公開で募集すると、ライバル企業に事業戦略がバレてしまい、マネされたり、人材争奪戦になったりするキケンがあります。

非公開求人にすれば、エージェントだけに求める人材像を伝えればよく、ライバルには気づかれることなく、人事戦略を実行できるのです。

このようなメリットから、ライバル他社に気づかれたくない、やりがいのあるビックプロジェクトの募集は、非公開での求人が多くなるのです。

非公開求人の探し方のコツとその理由

非公開求人の探し方のコツとその理由を紹介します

転職エージェントには必ず複数登録する

非公開求人は転職エージェント経由での紹介になります。よって、非公開求人に興味のある転職希望者は、転職エージェントへの登録が必須です。

加えて、複数のエージェントへの登録をおすすめします。

非公開求人を計画している企業が、すべての転職エージェントへお願いするとは限りません。契約の都合で1社のみと契約するケースも十分考えられます。

たまたま登録しているエージェントなら紹介してもらえますが、そうでない場合は、せっかくのチャンスを逃してしまい、もったいありません。

チャンスはどこから飛び込んでくるかわからないもの、エージェントへの登録料は無料、万が一利用しなくてもペナルティはなく、安心して複数登録できます。

複数のエージェントへの登録は確かに面倒ですが、行動した人だけにビッグなチャンスが待っているのです。

転職エージェントにはやる気をアピール

非公開求人の紹介は転職エージェントが、企業からの要望条件と転職希望者のスキルレベルや経験とを照らし合わせて判断します。

コンピューターによるマッチングも利用しますが、最終的な判断はエージェント自身が行っており、人間的な感情も入るのは事実です。

紹介に適している候補者が複数人いる時は、当然ながら転職活動に積極的で、好印象を持っている方が有利になるのは言うまでもありません。

エージェントと転職希望者とのやり取りの機会はそれほど多くなく、長時間向き合うのは登録後に実施される面談になります。

面談では、積み重ねてきたスキルや経験のアピールに加え、転職活動にやる気十分なこと、企業へ紹介して問題ない人柄などのアピールも大切になります。

あなたにマッチする非公開求人が出てきたとき、エージェントがあなたを思い出すように、やる気をアピールしておくことが紹介につながるのです。

スカウト機能から非公開求人につながることも

非公開求人を紹介してもらうには、転職エージェントへの登録がマストになります。しかしながら裏技がない訳ではありません。

転職サイトのスカウト機能からの紹介には、非公開求人が含まれているケースもあるのです。

スカウト機能とは、転職希望者が登録したWEB履歴書や職務経歴書を企業の採用担当者がチェックし、直接オファーしてくれるありがたい機能です。

オファーをくれた採用担当者は既に応募書類をチェックしており、書類審査の通過率が高く、面接を確約してくれるケースがあるのもメリットになります。

企業の採用担当者が、転職希望者の強みを直接見極めており、非公開の求人や自ら気づけない新たな求人の紹介につながっているのです。

『doda』では、転職エージェントの登録に加え、スカウトサービスも利用できるおすすめの転職サイト、Wで非公開求人のチャンスをつかめ好評です。
【dodaのスカウトサービス】面接確約するプレミアムオファーとはどんなサービス?内定率は?

おすすめの転職エージェントを紹介

非公開求人を目指す転職希望者は、非公開を紹介してくれる転職エージェントへの複数登録が欠かせません。

とはいえ、転職エージェント業者は多くあり、手当り次第の登録は、非公開求人を紹介してもらえず時間のムダない可能性があり、おすすめしません。

非公開求人を目指す転職希望者が選ぶべき転職エージェントは、ズバリ非公開求人の扱い数が多いこと、企業からの信頼性が高いことです。

非公開求人を目指すなら、ぜひ登録してほしい、おすすめの転職エージェントを紹介します。

非公開求人におすすめ1│マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職サイト名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代に強い
得意分野IT・通信
メーカー
金融機関など
転職サイト『マイナビエージェント』の特徴

『マイナビエージェント』は、株式会社マイナビが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人を保有しています。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由
  1. キャリアアドバイザーの対応が丁寧&熱心&早い
  2. 非公開や中小企業の求人も多い
  3. 初めての転職でも安心のサポート体制

『マイナビエージェント』のエージェントであるキャリアアドバイザーは、対応が丁寧かつ熱心、やり取りが早くストレスがないと先輩利用者から好評です。

エージェントが熱心だと、非公開求人で企業が要望する条件と、転職希望者のスキルや経験とのマッチングを丁寧にしてくれ、紹介への期待が高まります。

中小企業は大企業と比較し組織の壁が低く、個人の裁量が増えるため、スキルを活かしたやりがいのある仕事が多い傾向があります。

中小企業の非公開求人を多数扱う『マイナビエージェント』を利用すると、そんな魅力的なプロジェクトを紹介してもらう可能性が高まるのです。

初めての転職かつ働きながらの転職活動は、何かと不安が多く相談したいもの、対応が早く待ちのストレスが少ないのことは、隠れたメリットになります。

非公開求人でやりがいのある仕事へ転職し、スキルや能力を思う存分発揮したい方におすすめのエージェントは、『マイナビエージェント』です。
【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

非公開求人におすすめ2│リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数約23万件(公開求人)
約27万件(非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野IT・通信
医薬
機械・輸送機器
転職サイト『リクルートエージェント』の特徴

『リクルートエージェント』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人を保有しています。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由
  1. 非公開求人数が約10万件以上
  2. 業界専門のキャリアアドバイザーが対応
  3. 転職サポートが充実

『リクルートエージェント』の最大の強みは、非公開求人を10万件以上も保有していること、それだけ企業から信頼されているエージェントといえます。

企業では、同業他社に知られたくない重点プロジェクトを非公開で募集するケースがあり、仲介役として『リクルートエージェント』が選ばれているのです。

転職希望者にとっても、非公開求人を豊富に保有する『リクルートエージェント』なら、マッチングのチャンスが多いメリットがあります。

また、業界専門のキャリアアドバイザーは、転職希望者の市場価値を見る目を持っており、企業からより良い転職条件を引き出す交渉もしてくれます。

転職初心者にはありがたいサポートも充実している『リクルートエージェント』は、非公開求人が気になる転職希望社が登録すべきエージェントです。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

非公開求人におすすめ3│ビズリーチ

ビズリーチの会社概要を紹介します
転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
ビジョナル株式会社100%出資
求人数約2万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢30代や40代のハイクラスに強い
得意分野IT業界
金融業界
コンサルタント業界
転職サイト『ビズリーチ』の特徴

『ビズリーチ』は、ビジョナル株式会社が100%出資する転職エージェント、高額年収などの高待遇や部長職以上のハイクラスを目指す方に最適です。

『ビズリーチ』をおすすめする理由は、次の3つです。

見出し
  1. ハイクラス求人が豊富な転職サイト
  2. ヘッドハンターのレベルが高い
  3. スカウトで市場での価値が分かる

『ビズリーチ』の特徴は、高待遇やハイクラスの求人に特化していること、公開されている求人情報の3分の1以上が年収1,000万円以上の求人です。

非公開求人では、さらに高待遇の求人が期待され、ハイクラスを目指している方は『ビズリーチ』への登録は必須といえます。

『ビスリーチ』の非公開求人は、ヘッドハンターからスカウトが届き紹介されるシステムです。

ビズリーチはヘッドハンターの品質向上に努めており、厳しい基準をクリアし、企業からの信頼も厚い優秀な方しか登録できない仕組みを採用しています。

そのため、ヘッドハンターが転職希望者を見極める精度が高く、スカウトされた方は、好条件かつ短期間で転職先が決まるケースが多く好評です。

非公開求人の中でも高待遇のハイクラス求人を目指している方は、『ビスリーチ』への登録がおすすめです。
【ビズリーチの評判】転職サイトの年収と最悪の口コミ

【非公開求人の理由】まとめ

求人を公開せずに募集するとは、何か怪しいことがあるに違いない、と疑いたくなります。しかし、実際は逆でむしろプレミアムな求人が多い傾向です。

求人を非公開にしたいのは企業側の都合、応募者が殺到するのを防いだり、戦略的なプロジェクトを他社に秘密にしたりするのが主な理由です。

高額年収などの高待遇求人や、部長職以上のハイクラス求人も、人事戦略を秘密にする理由から非公開が多く、非公開求人には魅力が満載といえます。

非公開求人はすべて紹介制、転職エージェントからの紹介が必要です。記事で紹介したおすすめのエージェントを参考に複数登録をおすすめします。

ラッキーは他人が運んでくると言います。転職エージェントがあなたの新しい可能性を切り開き、さらなる飛躍のチャンスを運んでくれると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました