【転職エージェントの仕組み】とは?報酬は?転職サイトとの違いや利用の流れ

転職エージェントの仕組み知って利用してる? 転職

転職エージェントの仕組み│そもそもエージェントとは?

転職エージェントの仕組み│そもそもエージェントとは?

転職エージェントとはどんなサービス?

転職のことを意識しだすと誰もが耳にする転職エージェント、一体どんなサービスなのか、費用はどれくらい必要になるのか気になります。

転職エージェントとは、求人募集したい企業と、転職したい転職希望者の間に立ち、転職活動の支援を通じて人材を紹介する転職のプロ集団のことです。

転職エージェントには、大きく分けて次の2つの役割があります。

転職エージェントの役割
  1. 転職希望者にとってはキャリアアドバイザー
  2. 求人企業にとっては要望する人材とのマッチング実現

転職エージェントは、キャリアアドバイザーとして、経験やスキルの棚卸し・求人紹介・応募書類や面接のサポート・年収交渉などをしてくれます。

また、求人企業に対して転職エージェントは、人材補強プランを共有し、企業が要望する条件にマッチした人材を探し出しマッチングしてくれるのです。

さらに転職エージェントの費用は企業側が全額負担、マッチングの可否に関わらず、転職希望者の費用負担はゼロ、無料で利用できことも人気の秘訣です。

転職エージェントは転職者も企業側もメリットあり

転職希望者と求人募集したい企業の間に立ち、マッチングのお手伝いをしてくれるのが、転職エージェントです。

転職希望者にとって転職エージェントは、応募書類の添削や面接対策、年収の交渉などを、全て無料でサポートしてくれるありがたい存在です。

一方企業側は、エージェントとを利用せずとも、一般の求人募集でも人材を獲得でき、なぜ費用が必要になるエージェントを利用するのか気になります。

実は転職希望者に人気の企業ほど転職エージェントを利用しており、その理由は採用担当者の手間を省きつつ優秀な人材を確保できるためです。

企業の採用担当者とコミュニケーションを密にしているエージェントは、企業の方針や希望を十分理解しており、見合った人材を紹介してくれます。

そのため、企業の採用担当者は、応募書類による一次スクリーニングの手間を大幅に削減でき費用対効果が高いメリットがあるのです。

転職希望者にとっても、求人募集したい企業にとっても、Win-Winの関係をもたらしてくれるのが、転職エージェントのサービスといえます。

転職エージェントには3つのタイプあり

転職エージェントは、扱っている求人の種類やサービス形態により、3つのタイプ、総合型・特化型・スカウト型に分けられます。

3つのタイプの特徴や、おすすめしたい転職希望者について紹介します。

総合型│全ての業界・職種の求人を対象

総合型の転職エージェントとは、全ての業界・職種の求人を扱っている転職エージェント、全ての転職希望者が対象になります。

幅広く求人情報を扱っているとはいえ、それぞれのエージェントは個別の専門分野を持つスペシャリスト、あなたの希望業界に精通しており安心です。

転職を機会に業界・職種を変えたい方は、今までとこれからの両方に詳しいエージェントがいるため、今までの強みを次へ活かした提案を期待できます。

総合型の『リクルートエージェント』は、転職支援実績No.1の優秀なエージェントが、あなたの転職活動を強力にサポートしてくれおすすめです。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

特化型│特定の業界・職種に特化した求人を対象

特化型の転職エージェントとは、特定の業界・職種に特化した求人を扱っている転職エージェント、対象の業界・職種を希望する転職者が対象になります。

対象の業界・職種を絞っていることで、エージェントと企業とのコミュニケーションがより密になり、業界動向にも詳しいことが特徴です。

業界内を深く理解しているため、同じ職種であっても、あなたの強みを最大限に活かせる企業を紹介してくれる期待があります。

転職で目指したい業界・職種が決まっている方は、より專門に特化し業界情報に詳しい、特化型の転職エージェント利用をおすすめします。

スカウト型│特定企業の職種に特化した求人を対象

スカウト型の転職エージェントとは、特定企業の求人にマッチした人材を探している転職エージェント、エージェントから転職希望者にアプローチがあります。

一般的な転職エージェントでは、転職希望者に企業をマッチングさせますが、スカウト型は逆に企業の条件に転職希望者をマッチングさせるのが特徴です。

特定企業の条件に特化しているため、アプローチがあった転職希望者は、通常よりも高確率で内定を獲得できる期待があります。

既に現職で役職に就いている方、ハイクラス転職を目指している方は、企業のピンポイント募集を扱う、スカウト型のエージェント利用をおすすめします。

スカウト型の『ビズリーチ』は、一定基準を満たした優秀なヘッドハンターが、あなたを優良企業へスカウトしてくれおすすめです。
【ビズリーチの評判】転職サイトの年収と最悪の口コミ

エージェント報酬の仕組みを知り賢く利用する

エージェント報酬の仕組みを知り賢く利用する方法を紹介します

転職エージェントは、あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれ、条件にあった企業とのマッチングを実現してくれるありがたい存在です。

とはいえ、転職エージェントはボランティア活動ではなく、一般の企業と同様に目標や厳しいノルマがあり、収益アップを義務付けられた事業活動です。

エージェントが報酬を得る仕組みを知り、さまざまな行動の背景を理解すると、エージェントに利用されることなく、賢くエージェントを利用できます。

エージェントの報酬の仕組みについて紹介します。

転職エージェントはなぜ無料で利用できる?

転職希望者が転職エージェントを無料で利用できるのは、求人募集している企業が、あなたに代わりお金を払っているからです。

つまり、転職エージェントのお客さんは、転職希望者ではなく、エージェントと契約している企業、これを理解するとエージェントの行動理由が見えてきます。

例えば、先輩エージェント利用者が感じたネガティブな行動として、次の3つがあげられています。

先輩エージェント利用者が感じたネガティブな行動
  1. 次から次へと多くの企業を紹介してくる。
  2. ミスマッチを指摘しても同様の企業を紹介してくる。
  3. エージェントのレスポンスがイライラするほど遅い。

エージェントには一般企業と同様に金額ノルマがあり、期限までに達成が厳しいエージェントの行動には余裕がありません。

十分に検討せず次から次へと企業を紹介したり、条件とのミスマッチを承知で紹介したりするのは、一件でも多く早く成約したい焦りが背景にあります。

レスポンスが遅いエージェントはサボっている訳ではなく、転職希望者を可能性順にランク分けし、問い合わせ順ではなくランク順で対応している可能性大です。

もし自分の担当エージェントがこの様な行動をし、転職活動に支障が生じているのなら、エージェント交代の申し入れをおすすめします。

もちろん、エージェントの交代も無料で対応してくれるので、経済的な心配は一切不要です。

転職エージェントの成功報酬はいくら?

転職希望者はサービスを利用するだけで費用負担はゼロですが、求人募集している企業は転職エージェントへ支払っている報酬はいくらでしょうか?

ほとんどのエージェントでは、転職が実現したときだけ、つまり成功報酬制のため、マッチングしなければゼロ、実現すれば高額な報酬が予想されます。

エージェントの成功報酬の相場は、理論年収の30〜35%と言われています。理論年収とは転職者が年度初めから在籍していた場合に得られる年収です。

例えば、エージェントの成功報酬を理論年収の30%とし、30代男性の転職を成功させたとすると、報酬金額は次の通りになります。

474万円(30代男性の平均年収)✕30%=142.2万円
参照データ:doda「平均年収ランキング」

転職エージェントが積極的に年収交渉してくれる理由は、報酬金額が増えるからです。

年収アップは転職者にとってもメリット大、お互いにWin-Winなので積極的にお願いしましょう。

転職エージェントの報酬のタイミングはいつ?

転職エージェントの収入はマッチングで得られる成功報酬型、ところでエージェントと企業とでは、どの様な状態を成功と決めているのでしょうか?

一般的に、内定は報酬の支払いの対象ではありません。企業がエージェントに報酬を支払うのは、入社した月もしくは入社の翌月になります。

加えてペナルティー返金の必要がなくなるのは、入社してから3ヶ月経過後となっています。

転職者が何らかの理由で早期に退職した場合、支払った成功報酬の一部返金が企業側から求められるのです。

転職エージェントは入社後も手厚くフォローしてくれとてもありがたい、と多くの先輩転職者がコメントしています。

エージェントが入社後も転職者をフォローするのは、簡単に辞めてほしくないのが理由、入社後はこのことを理解して相談した方が良さそうです。

転職エージェントの非公開求人の仕組み

転職エージェントの非公開求人の仕組みを紹介します

非公開求人には企業側の都合が満載

転職エージェントを利用すると、一般には公開されておらず転職サイトでは見つけられない「非公開求人」を紹介してもらえるメリットがあります。

「非公開求人」の中には、高額年収や役職が保証された高待遇求人や、魅力的でやりがいのあるプロジェクトの求人など応募したくなる求人が多い傾向です。

このような魅力的な求人であれば一般公開し広く募集した方がより優秀な人材が集まりそうですが、企業側の考え方は違います。

企業が魅力的な高待遇求人ほど転職エージェントを利用して非公開求人する4つの理由を紹介します。

応募者が殺到するのを避けたい

求人を一般公開した場合、応募者全員の書類に目を通し審査する必要があります。人気職種の場合、応募者が殺到し膨大な審査作業になりかねません。

転職エージェントを利用して非公開求人すると、エージェントが一次スクリーニングしてくれ、要望にマッチした方の書類のみが送られてきます。

企業としては、採用活動の一部を転職エージェントへ依頼したことになり、採用工数の削減とコスト削減の両方を実現できるメリットがあるのです。

プロジェクトをライバルに知られたくない

企業の求人情報は、ライバル企業の採用担当者から必ずチェックされています。今後どの様な分野を強化していくのか企業戦略が見えてくるからです。

新規に立ち上げる事業・新規参入を考えている事業・極秘に進めたい特別プロジェクトなど、企業の経営戦略に関わる機密情報が求人から推測されます。

転職エージェントと企業とは機密保持契約を締結しており、非公開求人でライバル企業に情報漏れすることなく、新規事業に必要な人材を確保できます。

しかも転職エージェントは、転職希望者との面談で本人の強みや希望条件を熟知しており、企業に紹介するのは内定確率の高い優秀な人材です。

ライバル企業から特別プロジェクトの求人情報を守ることができ、優秀な人材を確保できる非公開求人は、企業側に大きなメリットがあるのです。

高待遇の募集を社員に知られたくない

成長著しい業界の職種では、事業拡大によりスキル保有者が人手不足の状態にあり、ライバル企業同士で人材確保競争が激しくなっています。

転職希望者にとって、職務内容とともに年収の高さも応募企業を決める重要な選択肢の一つであることは間違いありません。

ライバル企業との人材確保競争に勝つため、ライバルよりも高額な年収を提示し、優秀な人材に入社を決断してもらうのは自然な流れです。

ここで気になるのが、既に入社して活躍している社員との年収差の問題、場合によっては中途入社の方が高額になり逆転するケースもあります。

年収の話は社員同士ではしないものの、求人情報からバレてしまい、既に働いている社員のやる気が低下しては元も子もありません。

転職エージェントの非公開求人を利用すれば、年収などの求人情報が一般社員に知られることなく、積極的な求人活動できるメリットがあるのです。

急募のため求人の手続きをする余裕がない

急に退職者がでた場合、規模拡大で急いで人員補充する必要がある場合など、一般的な求人募集では時間がかかり職場からの要望に間に合いません。

転職エージェントの非公開求人を利用すれば、求人募集の手間を省けるため、短時間で人員補充が可能になります。

このケースは、あえて非公開にするほど特別な求人ではなく、転職者にとってのメリットよりもリスクの心配があり注意が必要です。

急募の求人は、スピード優先で条件を緩和している、言い換えれば誰でも良い可能性があり、入社後の期待外れにつながるキケンがあります。

また急募が必要になる企業は、採用に計画性がない、もしくは社員が辞めていくブラック企業の可能性があり、要注意といえます。

非公開のメリットを裏手にとった求人ですが、企業側にメリットがあるのは間違いなし、急ぎの案件は転職希望者側の十分な確認が必須です。

非公開求人を紹介してもらう仕組み

非公開求人は当然ながら転職希望者が自らの調査で目にすることはなく、紹介してもらう必要があります。

非公開求人を紹介してもらう2つの仕組みを紹介します。

転職エージェントから紹介してもらう

非公開求人を紹介してもらう仕組みの1つ目は、転職エージェントへ登録し、エージェント経由で紹介してもらうことです。

多くの非公開求人は転職エージェントに集まっており、非公開求人に興味がある転職希望者は、転職エージェントへの登録が必須となります。

1つの企業が複数の転職エージェントに同じ非公開求人をお願いしているとは限りません。

特別プロジェクトや高待遇の求人に興味がある転職希望者は、オファーのチャンスを拡げるため複数の転職エージェントへの登録をおすすめします。

エージェントの複数登録は、先輩転職者も普通にしており、気兼ねする必要なありません。登録料は無料なので転職希望者のデメリットはありません。

『マイナビエージェント』では、扱っている求人の約半数が非公開求人、マイナビエージェントでしか扱っていない求人も多数ありおすすめです。
【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

転職サイトのスカウトサービスを利用する

転職をそれほど本気で考えてなくどうするか検討中の方、エージェントとの面談のハードルが高い方には、転職サイトのスカウトサービスをおすすめします。

スカウトサービスとは、あなたが転職サイトに登録した履歴書や職務経歴書を企業の採用担当者がチェックし、オファーしてくれるものです。

通常とは逆に企業側が転職希望者を選ぶため、自分では選ばない業界や職種からオファーがくるケースもあり、可能性に気づけたと先輩利用者から好評です。

応募書類は既に採用担当者がチェックしているため、オファーの中には面接から始まるケースもあり、内定までの時間が短く済むメリットがあります。

『doda』は、エージェントサービスに加え、「スカウトサービス」も充実しており、もちろん並行しての利用も可能、全ての転職希望者におすすめです。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

転職エージェントの仕組みと流れについて

転職エージェントの仕組みと流れについて紹介します

STEP1│面談で強み分析し転職活動の方針を共有

転職エージェントの公式サイトから利用者登録すると、エージェントからメールもしくは電話で面談日程を調整する連絡があります。

最近はコロナ感染予防の観点から、面談を対面ではなくWEBで実施するエージェントが増えており、自宅で面談できるため日程調整しやすい傾向です。

面談では、エージェントが履歴書や職務経歴書を元にあなたを客観的に評価し、強みを分析してくれます。

企業の採用者目線で評価でき、多くの転職希望者を分析してきたプロのエージェントが、自分自身では気づいていない強みも見出してくれるのです。

あなたが企業へアピールできる強みと転職でこだわりたい条件をエージェントと共有し、転職活動の方針と大まかなスケジュールを決めSTEP1は終了です。

STEP2│希望条件にマッチした求人情報を紹介

STEP1で共有した強みとこだわり条件を元に、エージェントは非公開求人も含めた豊富な求人情報の中から、あなたにマッチする求人を検索します。

マッチする求人が見つかれば、あなたに求人情報が紹介されます。紹介は1社ずつのケースと一度に複数社のケースがありさまざまです。

最初に紹介された求人で大切なことは、あなたのこだわり条件とマッチしているか十分にチェックすることです。

面談でこだわり条件を共有しているとはいえ、エージェントが勘違いしているケースは少なくありません。

自分が求めている条件と異なるのであれば、遠慮することなく伝えることで、次回以降のマッチング率が高まります。

紹介された求人の中で、ぜひ応募したいと思う企業が見つかれば、エージェントへ伝えます。

少しでも違和感があれば質問したり、別の求人をお願いしたりするなど、妥協することなく応募企業をセレクトすることが大切です。

STEP3│応募書類を添削し企業へ提出

STEP2で応募する企業が決まったら、募集要件にある必要書類を準備します。一般的には、履歴書と職務経歴書を要望する企業が多い傾向です。

履歴書には一般的なフォーマットがあり作成に困りませんが、職務経歴書はフリー形式であり、特に転職初心者の多くはどう書いたら良いか迷います。

転職エージェントは、面談で分析したあなたの強みや、企業の採用担当者が求めている情報を元に、どのように作成したら良いか教えてくれます。

採用担当者に響きぜひ面接したいと思わせる応募書類に仕上がるよう、エージェントは添削を繰り返し完成度を高めてくれるのです。

完成した応募書類はあなたに代わりエージェントが企業の採用担当者へ提出してくれるので、一般応募とは差が付きます。

さらにエージェントが推薦文を添付してくれるケースもあり、あなたが書類審査を突破できるよう全力でサポートしてくれるのです。

STEP4│過去の質問事例も含めた面接対策

STEP3の成果で書類審査を無事に通過した後は、面接日程の調整と面接対策します。

面接日程の調整で企業との交渉はエージェントがしてくれるので、あなたは気兼ねなく希望日程を伝えるだけ、面接対策の方に集中できます。

エージェントとの面接対策は、基本的な受け答えやマナー、さらには先輩転職者が過去に受けた質問事例も共有してくれ本番で役立つこと間違いありません。

さらにエージェントは、日頃から企業の採用担当者とコミュニケーションを密にしており、求めている人材を理解してアドバイスしてくれます。

また、企業の社風や面接会場の雰囲気などの情報もエージェントは持っており、本番をイメージしての面接対策が可能です。

あなたが面接で好印象を残し、内定を確保するあらゆるサポートをエージェントはしてくれるのです。

STEP5│年収や入社条件を代理で交渉

STEP4での対策が実り、内定を獲得した後もエージェントのサポートは続きます。

年収や雇用形態などの勤務条件、入社日などの入社条件をあなたの希望に合うよう、代理で交渉してくれるのです。

特に話しにくいお金の問題は、面接では確認できなかった先輩転職者も多く、エージェントの代理交渉が役立っています。

現職の退職時期は、内定の連絡を受けてからの交渉になるため、転職先企業の希望通りにならないケースが少なくありません。

現職で強引に退職日を決めてしまうと、最悪の場合、退職金が支払われないなどトラブルになりかねません。

円満退社のためには、転職先の入社日を遅らせる調整が必要となり、ややこしい相談もエージェントが代理で請け負ってくれるのです。

転職エージェントは、あなたが入社するまでサポートしてくれるありがたい存在、全ての転職希望者に利用をおすすめします。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違いについて解説します

何から始めたら良い?は、転職エージェント

第二新卒や20代は転職活動が初めての方が多い傾向です。過去に経験がないと、まずは何から始めたら良いのか悩んでしまいます。

特に転職活動は、職場の先輩や同僚はもちろんのこと、友人や知人にも相談しにくく、どうしても一人で悩み前へ進めない状況になりがちです。

転職活動は何から始めたら良いかわからない方には、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントに登録さえすれば、転職活動のフェーズに応じてエージェントから適切なアドバイスがあり、今やるべきことがわかり安心です。

また、エージェントは転職のプロであり、多くの転職者をサポートしてきた実績から、アドバイス通りに進めていけば転職できる安心感があります。

何から始めたら良いかわからないと不安な方には、転職エージェントをおすすめします。

多くの選択肢から選びたいは、転職エージェント

わざわざリスクを冒して転職活動するからには、多くの選択肢からベストの選択をしたい、と考えている志の高い方には転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは一般の転職サイトで扱っている公開求人に加え、企業が非公開で募集している非公開求人も扱っています。

例えば、業界最大級のリクルートエージェントで扱っている非公開求人の数は、なんと約10万件、公開求人と同等以上の件数があるのです。

もちろん非公開求人は、一般の転職サイトでは検索されず、転職エージェント利用者のみに紹介される特別な求人情報になります。

非公開求人は、高額年収や高待遇の求人も多数あり、キャリアアップを目指し条件の良い転職先を探している方にもマッチすること間違いありません。

多くの選択肢から転職先を選びたい志の高い方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

忙しくて活動時間がないは、転職エージェント

リスク管理の観点から、転職活動は在職中にすることをおすすめします。いくら今がブラック企業とはいえ、辞めてしまえば生活に困るからです。

現職が毎日のように残業が多く、平日はとても転職活動している時間がないと嘆いている方は、転職エージェントの活用で悩みを解決できます。

転職エージェントに登録さえすれば、忙しいあなたに代わりエージェントが希望にマッチした企業を探し出し紹介してくれます。

あなたは、こだわりの条件を伝え、紹介された企業を確認するだけ、時間がかかり面倒な検索は全てエージェントがあなたに代わり対応してくれるのです。

その他にも、企業への応募書類の送付・面接日程調整・年収や入社日などの条件交渉は、ありがたいことに全てエージェントが代理で請け負ってくれます。

転職したいが日々忙しくて転職活動できないと悩んでいる方には、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

一人で活動するのが不安は、転職エージェント

いくら友人や知人が多い方でも、転職は気軽に相談できる話ではなく、転職活動中は孤独を感じてしまう方が少なくありません。

また転職活動が初めての方は、応募書類の書き方でも自分のやり方が本当に正しいのか、企業に対して失礼になっていないか不安になり悩むものです。

一人での転職活動に不安を感じている方には、転職エージェントにサポートしてもらい、二人三脚での活動をおすすめします。

転職エージェントに登録さえすれば、不安な応募書類は全て添削してくれ、あなたの強みを採用担当者へアピールできる書類に仕上がります。

転職活動中に不安に感じたことはいつでも相談可能になり、安心して転職活動を進められるメリットが転職エージェントにはあるのです。

一人での転職活動に不安を感じており、サポートしてもらいながら共に進んでいきたいあなたには、転職エージェントをおすすめします。

交渉は苦手で嫌いは、転職エージェント

転職活動はビジネス交渉の一つです。採用する企業側は、優秀な人材をできるだけ低い年収で採用したいのが本音、どの業界・職種でも同じです。

いくら担当職種でのスキルや経験が優秀な方でも、営業職でない限り交渉は苦手、特に金銭に関する交渉は話しにくいと感じている方は多い傾向です。

転職活動での交渉は、企業側の採用担当者は交渉のプロ、こちらは苦手意識のある素人では、どう考えても勝ち目はありません。

苦手な交渉は、転職エージェントにお願いするのが一番、エージェントのサポートには、年収や入社条件の交渉も含まれるので遠慮なしにお願いできます。

エージェントは応募企業の求人情報に精通しており、転職者に有利な条件で交渉してくれるプロなのです。

交渉ごとはどうしても苦手と感じている方には、転職エージェントの登録をおすすめします。

まずは気楽に調査からは、転職サイト

仕事にも慣れもう少しやりがいのあるプロジェクトに関わりたい、と転職を意識しだしたものの、現職でもできる可能性があり迷っている方がいます。

転職を考えているものの、いきなり転職エージェントとの面談はハードルが高すぎる、と活動開始をためらっている方もいます。

まずは気軽にどの様な求人情報があるのか調査してみたいと考えている方には、転職サイトをおすすめします。

転職サイトなら、自分のペースで好きなように条件設定し求人情報を検索でき、気軽に気になる業界・職種の情報を得られるのでおすすめです。

とはいえ、一般公開されている求人情報は全体の一部、これと同数以上ある非公開求人には転職エージェントを利用しないとアクセスできません。

まずは転職サイトで気軽に調査し、本格的に転職活動したいと思ったら、転職エージェントへの登録もおすすめします。

コンテンツが充実しているは、転職サイト

転職のことを考えだした始めのうちは、転職とはどういうものなのか、全体の流れを知りたいものです。

また、先輩転職者の体験談や専門化のアドバイスを知り、同じしくじりをしないよう転職活動の参考にしたい方も多くいます。

まずは転職活動全般について知りたい方には、コンテンツが充実している転職サイトをおすすめします。

転職サイトには、転職の準備段階から、内定を獲得し現職の退職手続きをするまで、詳しいコンテンツが豊富にあり転職活動のイメージつかみに役立ちます。

とはいえ、知識だけ増えても満足できる転職活動できるとは限りません。しかも、走りながら学ぶがキケンすぎてできないのが転職活動です。

転職活動のフェーズに入ったら、転職のプロがサポートしてくれる転職エージェントの利用をおすすめします。

【転職エージェントの仕組み】まとめ

多くの転職成功者が活用している転職エージェント、転職希望者と求人企業とのマッチングを実現し、双方にWin-Winをもたらすありがたい存在です。

転職エージェントは、なぜ無料で利用できるのか、報酬はどのタイミングで金額はどの程度なのか、仕組みを知ればより賢くエージェントを活用できます。

なぜならエージェントがとる行動パターンの背景がわかるから、わかれば利益優先のエージェントを見抜け、残念な結果になる前に防げるのです。

非公開求人や書類添削・面接対策、さらには年収なども交渉してくれる転職エージェント、転職希望者が登録しない理由は見当たりません。

最初は転職サイトで気軽に調査から始めても、転職を本気で決意した人からエージェントへの登録もおすすめします。

プロスポーツでも優秀なコーチが必要なように、転職活動でも共に歩んでサポートしてくれる転職エージェントが必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました