【人の話を聞く仕事】人の悩みを聞く人の相談に乗る仕事で正社員&話を聞くだけの仕事も紹介

人の話を聞く仕事で正社員悩みを聞くとは?スキルは? 転職

【人の話を聞く仕事】人の悩みを聞くとは?を深く考える

人の話を聞く仕事で人の悩みを聞くとは?を深く考える

悩んでいる人を見ると放っておけない、話を聞いて何とか助けてあげたい、そんな心優しい方は、人の悩みを聞く仕事が適しているかもしれません。

人の悩みを聞く仕事とは、人の話を聞く仕事とはどの様な職業のことなのか、について詳しく解説していきます。

人の悩みや話を聞くとはどういうことか?

人の悩みや話を聞く仕事の最終目標は、相談者が悩みから開放されることです。

相談者の心の状態を理解し、それに合わせて対応することが、人の悩み話を聞く人には求められます。

悩みを聞いてもらうだけで心が晴れやかになり、悩みの状態に変化がなくても気持ちが前向きに変わり、感謝されるケースもあるのです。

無理に解決策を求めたり、一方的にアドバイスを与えると、相談者の心が晴れるどころか逆効果になる可能性があり、相談者に配慮が必要です。

人の悩みや話を聞く仕事のやりがいとは?

人の悩みや話を聞く仕事のやりがいは、相談者の悩みが解決され、暗かった表情が明るく前向きになり、最後には感謝までしてもらえることです。

人の幸せを直接手助けでき、しかも相手から直接感謝までしてもらえる仕事は、そうありません。

人の悩みや話を聞く仕事は、相談者と直接向き合うため、アドバイスの反応がダイレクトに伝わってきて成果がわかりやすく、やりがいにつながります。

逆にアドバイスが空振りとなり成果が出なかった時や、相談者が満足できなかった場合も直接的にわかるため、引きずられない強いメンタルが必要です。

悩みや話を聞いてあげることで目の前の相談者が前向きに変わっていく、この変化に喜びを感じる人には適している仕事と言えます。

人の悩みや話を聞く仕事に就くためには

人の悩みや話を聞く仕事にやりがいを感じ、職業として取り組みたいと決意した時、いったい何から取り組んだら良いのでしょうか?

まずは思いつくのは資格ですが、人の悩みや話を聞く仕事をするために必要な国家資格はありません。必要なスキルさえあれば誰にでもできる仕事です。

よって、人の悩みや話を聞く仕事に就こうと決意したら、スキルアップに努めつつ、仕事を探すことになります。

人の悩みや話を聞く仕事にはリスクがある?

人の悩みや相談事を聞くと、一時的にネガティブな感情を共有することになります。

つまり、相談者の悩みに真剣に耳を傾けるほど、こちらも相談者と同化してしまう危険があるのです。

相談中は感情を共有したとしても、相談終了後はすぐに切り替えて、いつもの自分の感情に戻る必要があります。

これができないと自らも悩みにハマってしまうリスクが有る、悩み相談を仕事にするのなら自覚すべきことです。

人の相談に乗る仕事に必要なスキルとは?

人の相談に乗る仕事に必要なスキルとは?

人の悩みを聞く仕事で必要となる高めておきたいスキルはどのようなものか?

人の悩みを聞く仕事は、資格が必要ない職業が多く、必要なスキルや知識が明確にされていません。

人の悩みを聞く仕事で最も大切なコミュニケーションに着目し、必要なスキルを紹介します。

傾聴力│話を聞くから聴くへ変え理解する

「傾聴」とは耳を傾けて熱心に相手の話を聞くこと、音声が自然に耳に入ってくる「聞く」から、積極的に耳を傾ける「聴く」へとシフトすることです。

具体的には次の3ステップで傾聴していきます。

ステップ内容スキル
1.受動的傾聴相手の話に耳を傾け、相手が悩みを伝えやすいよう聴くことに徹するアイコンタクト
2.反映的傾聴相手の言葉をそのまま返し、同意を示しながら聴くミラーリング
3.積極的傾聴共感や肯定により話を深堀りし、質問により自己一致するまで聴くロジャーズの3原則
傾聴の3ステップ

なお、ロジャーズの3原則とは米国の心理学者カール・ロジャーズ(Carl Rogers)により提唱されたカウンセリングで有効な聴く側の3要素です。

カウンセリングで有効な聴く側の3要素

1.共感的理解 (empathy, empathic understanding)
 相手の話を、相手の立場に立ち、相手の気持ちに共感しながら理解する

2.無条件の肯定的関心 (unconditional positive regard)
 相手の話を善悪および好き嫌いを評価せずに聴く
 相手の話を否定せず、その背景に肯定的な関心を持って聴く

3.自己一致 (congruence)
 話が分かりにくい時は分かりにくいことを伝え、真意を確認する
参照:厚生労働省のホームページ

観察力│仕草や態度から真意を見抜く

観察力とは、わずかな変化に気づき、本質を見抜くことです。

相手の話を聴きつつ様子を観察していると、仕草や態度・声のトーンなどの変化に気づくことがあります。

なぜ変化が起きたのか、その時の会話の内容から原因を考えると、相談者の真意につながるのです。

また、変化への気づきを知らせると、真剣に聴いていると理解され、コミュニケーションがスムーズになります。

質問力│話を理解し分析し言語化する

質問力とは、相手の話を理解して内容を分析し、不明点や疑問点を言語化して確認する、これを繰り返し相互理解を深めていくことです。

質問には大きく分けて2種類「クローズドクエスチョン」と「オープンクエスチョン」があります。

2種類の質問
  • クローズドクエスチョン:YES、NOで答えられる二者択一の質問や回答範囲が限定されている質問
  • オープンクエスチョン:範囲が限定されておらず自由に回答できる質問

初めは答えやすい「クローズドクエスチョン」で会話のリズムを掴み、お互いに慣れてきたら「オープンクエスチョン」で理解を深めると良いでしょう。

共感力│お互いに融合し信頼関係を築く

共感力とは、相手の考えや意見に同意を示したり、感情に寄り添ったりすることで、信頼関係を築き上げることです。

相手の意見を聴き、その上でこちら側の意見も伝えることで、お互いの考えがわかり理解が深まることで信頼関係につながっていきます。

相手の話を繰り返し理解を示すミラーリングや、相手の意見を決して否定しない姿勢により、共感力がより発揮されます。

リード力│意見を伝え改善行動へつなげる

リード力とは、相談者の悩みを解決するために必要なアドバイスを伝え、改善に向けた行動へと導くことです。

相談者の今までの考え方や行動パターンを変えてもらうお願いになることが多く、お互いに信頼関係を築いた後に発揮する力になります。

ヒアリングで把握した相談者の性格に応じて、言葉遣いや改善行動に向けたはじめの一歩の難易度を変える柔軟性も大切です。

人の悩みを聞く仕事のフィニッシュになるのがリード力、悩みを聞くだけでも相談者は癒やされますが、根本解決しないと同じ悩みを再発しかねません。

改善行動を促して悩みの再発防止に、そして感謝へつながるリード力は相談を受ける方に最も大切なスキルです。

人の話を聞く正社員になれる仕事を紹介

人の話を聞く正社員になれる仕事を紹介します

人の悩みを聞く仕事にやりがいを感じたら、職業としてお金を頂きながら悩み解決のお役に立つのが一番です。

ボランティアで収入なしでは他に仕事を探す必要があり長続きしません。モチベーションの維持にも苦労することでしょう。

人の悩みを聞く仕事はさまざまな分野にあるため、悩みの対象により、人生・進路やキャリア・モノやお金の3つに分類して紹介します。

あなたがやりがいを感じる仕事を確認してください。

人の生き方に関する悩みを聞く仕事

一人ひとりが抱えるさまざまな悩みに寄り添う仕事は、難しい反面、人生を好転できたときの喜びは何者にも代え難いものになるでしょう。

人の生き方に関する悩みを聞く仕事の一部を紹介します。

仕事名内容
介護支援専門員介護を必要とする方の相談に応じ、ケアプラン作成やサービス事業者と調整する
公認心理師心理に関して支援を必要とする方へ相談・助言・指導などをする
産業カウンセラー働く人たちが抱える問題を自らの力で解決できるように援助する
児童指導員家庭環境上養護を必要とする子どもたちの育成や生活指導などをする
シニアピアカウンセラー高齢者との関わり方を理解し、話を聞きいて孤独感を癒やす
社会福祉士身体上もしくは精神上の障害がある方の相談・助言・指導などをする
スクールカウンセラー児童生徒、保護者および教職員に対する相談や助言、心のケアをする
生活相談員施設入所中の高齢者に対する相談や援助計画の立案・実施、関係機関との連絡・調整を実施する
精神保健福祉士精神障害者の社会復帰に関する相談・助言・指導などをする
人の生き方に関する悩みを聞く仕事

進路やキャリアに関する悩みを聞く仕事

進路やキャリアなど人生の選択肢を前にして悩みが深くなる場合があります。どちらに進んで良いかわからず立ち止まり、焦りが不安を生む悩みです。

こんな方の悩みを聴き、適した方向をアドバイスし後押しする仕事は、新しい未来を切り拓くやりがいがある仕事です。

進路やキャリアに関する悩みを聞く仕事の一部を紹介します。

仕事名内容
キャリアコンサルタント職業選択や能力開発に関する相談や助言を実施する
メンタルトレーナー相談者が抱える課題解決や目標達成などをメンタル面から導きサポートする
進路やキャリアに関する悩みを聞く仕事

モノやお金に関する悩みを聞く仕事

モノやお金に関する悩みは人だけではなく企業にも当てはまります。

人生のどのステージにおいても、企業発展のいかなるフェーズにおいても、モノやお金に関する悩みが尽きることはありません。

モノやお金に関する悩みを聞く仕事の一部を紹介します。

仕事名内容
営業顧客に商品・サービスを販売することで悩みを改善しメリットをもたらす
カスタマーサポート顧客の悩みを聞き、課題解決する方法を提案する
コンサルタントクライアントが抱えるさまざまな課題を解決する
ファイナンシャルプランナー家計に関わる経済的な課題の共に考えサポートする
モノやお金に関する悩みを聞く仕事

【人の話を聞く仕事】話を聞くだけの仕事

話を聞くだけの仕事を紹介します

話を聞くだけの仕事として、人の悩みを聞いて収入を得る、愚痴聞きバイトがあります。

愚痴聞きバイトとはいかなるものか解説します。

人の話を聞く仕事と愚痴聞きバイトとの違い

愚痴聞きバイトとはその名の通り、ひたすら愚痴を聞き話し相手になる仕事です。

依頼者はアドバイスを求めている訳ではなく、ひたすら聞いてほしいだけ、そのため傾聴に専念することになります。

逆に求めていないアドバイスすると、相手を怒らせるトラブルになりかねず、傾聴以外のことはしなくても良い仕事になります。

悩み改善のきっかけを作り、アドバイスする「人の悩みを聞く仕事」は双方向、ひたすら聞く「愚痴聞きバイト」は一方通行、これが大きな違いです。

愚痴聞きバイトはどれくらい稼げるか?

愚痴聞きバイトの時給相場は800円〜1,200円程度、高いとは言えず、また常に依頼があるとは限らないため、安定した収入を得るのは厳しい傾向です。

個人出品サイト「coconara」では、1分あたり100円程度(時給6,000円)が多く高額ですが、個人での運営のため依頼者の獲得に苦労しそうです。

愚痴聞きバイトで安定的に稼ぐとこは厳しいと言わざるをえない状況です。

「人の悩みを聞く」を仕事にしたいのであれば、愚痴聞きバイトではなく他の職種の方が好ましいと言えます。

【人の話を聞く仕事】おすすめの転職サイト

人の話を聞く仕事におすすめの転職サイトを紹介します

人の悩みを聞く仕事にやりがいを感じ、現職では実現が厳しいのであれば思い切って転職するのも選択肢の一つです。

終身雇用は既に崩壊し、最初に就職した会社に定年まで勤務することの方が珍しくなりつつあります。

会社都合で仕方なくキャリアチェンジするよりも、今より魅力を感じる仕事を発見した時点で転職した方が、前向きにチャレンジできることでしょう。

転職活動には、エージェントに相談しながら活動するケースと、自ら検索条件に入力し求人を探すケースの2通りのやり方があります。

それぞれについておすすめの転職サイトを紹介します。

転職エージェントに相談する①│リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界ごとに専任のアドバイザーが対応してくれることが魅力です。

転職にまつわるサポート体制が充実しており、利用者の評判が良い転職サイトになります。

リクルートエージェントについて詳しくはこちら→ 【リクルートエージェントの評判】悪い?求人の口コミと転職サイトの登録

転職エージェントに相談する②│マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代・30代・第二新卒に強い転職サイトです。

アドバイザーの対応が、丁寧&熱心&早いが利用者からの評判です。

マイナビエージェントについて詳しくはこちら→ 【マイナビエージェントの評判】注意点と口コミの特徴&登録と転職の流れ

検索条件に入力し求人を探す①│リクナビNEXT

リクナビNEXTは、サイトやアプリが使いやすいと利用者から評判の転職サイトです。

無料で利用できる有料級の自己分析ツールで今まで気づいていなかった自分の強みを発見できると好評です。

リクナビNEXTについて詳しくはこちら→ 【リクナビNEXTの評判】口コミと転職サイト・リクナビネクストの評価

検索条件に入力し求人を探す②│マイナビ転職

マイナビ転職は、転職フェアや求人特集が豊富にある転職サイトです。気になるフェアに参加すると新たな企業との出会いがあるかもしれません。

転職サポートサービスが充実していることも利用者から高評価を得ている理由です。

マイナビ転職について詳しくはこちら→ 【マイナビ転職の評判】やばい?口コミはどう?調査結果を紹介!

【人の話を聞く仕事】まとめ

人の悩みを聞く仕事の最終目標は、相談者が悩みから開放され笑顔が戻ること、その過程をサポートできるため大いにやりがいがある仕事です。

目指す決心をしたら、5つの必要なスキル、傾聴力・観察力・質問力・共感力・リード力、のアップ向上に努めましょう。日々の積み重ねが大切です。

人の悩みを聞く仕事は、人の生き方・進路やキャリア・モノやお金、の3つのタイプに分類され、多くの業界に活躍の場があります。

記事を参考に気になった仕事は早速チェックして、働く姿のイメージを高めると実現へと近づきます。

人の悩みを聞く仕事に就くために、転職する必要がある方は、悩みを相談できる転職サイトの利用がおすすめです。

まずは自分のやりたい仕事への悩みを解決し、希望の仕事に就いたら多くの人たちの悩みを救ってください。

あなたの活躍を楽しみにしています。

コメント