【在職中の転職】違法で難しい?進め方や履歴書の書き方を徹底解説!

在職中の転職は違法はホント? 転職

在職中の転職はそもそも違法なのか?

在職中の転職はそもそも違法なのか?

日々の仕事にやりがいを感じない、給与が安すぎてやる気が出ない、ほかにやりたいことが見つかったなど転職を考えるきっかけは人それぞれ多種多様です。

20代や30代を中心にワークライフバランスを重視する人が増え、プライベートが潰れてしまう残業や休日出勤が多い職場も転職を考えるきっかけになっています。

ところで、会社に在籍中の社員が退職前に転職活動すると違法になるとのうわさがありますが本当でしょうか?

違法であれば、会社に転職活動のことがバレたときには、処分の対象になってしまいます。最悪のケースでは解雇のキケンがあり、安心して転職活動できません。

そもそもサラリーマンは合法的に在職中の転職活動ができるのか、徹底的に検証します。

在職中の転職は憲法ではOK

日本の法律の最上位にある日本国憲法では、職業選択の自由について明記されており、在職中の転職活動は認められていると言えます。

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

職業選択の自由とは、どんな仕事を選択するかについて、公共の福祉に反しない限り自由に決められることを意味しています。

もちろん在職中の転職活動は公共の福祉に反していないため、違法ではありません。在職中の転職は憲法ではOKと認められているのです。

とはいえ、これで全てが安心とはならないのが在職中の転職のややこしいところ、憲法ではOKですが、違法になるケースが存在します。

次に、在職中の転職が違法になってしまうケースについて紹介します。

会社の就業規則により違法になる!

在職中に転職を考えている方に確認してほしいのは、会社の就業規則です。チェックすべきは、「競合避止義務(きょうぎょうひしぎむ)」に関することになります。

「競合避止義務」とは、同業他社など勤務している企業と競合関係にある企業への転職を禁止する義務のことです。

そんな書類に同意してサインした覚えがなくても、就業規則に記載されていたり、入社時の誓約書に記載されている場合があり、確認が必要になります。

労働契約法 第3条 第4項により、労働者は労働契約つまり就業規則に従う義務があり、「競合避止義務」が記載されていれば遵守は義務です。

労働者及び使用者は、労働契約を遵守するとともに、信義に従い誠実に、権利を行使し、及び義務を履行しなければならない。

この場合、同業他社へ転職するケースは「競合避止義務」違反の可能性が高くなり、違法として扱われるキケンがあります。

業界を変えての転職では問題になりませんが、たとえ職種を変えた場合でも同業界の他社への転職には、就業規則を十分にチェックし事前の確認が必須となるのです。

とはいえ、同業他社への転職が必ずしもNGとなる訳ではありません。次項「退職時の契約書や誓約書で違法になる!」で詳しく解説します。

退職時の契約書や誓約書で違法になる!

会社の就業規則に「競合避止義務」や転職に関する記載がない場合でも、退職時の契約書や誓約書の内容次第では違法になるケースがあり注意が必要です。

退職していなくなる会社の書類だからといって、内容も確認せずにサインすると、取り返しのつかないことになりかねません。十分に確認しましょう。

退職時の契約書や誓約書で注意すべきは「競合避止義務」に関すること、例えば2年以内は同業他社への転職を禁止するなどが記載されているケースがあります。

仮に「競合避止義務」に関することが記載されている契約書や誓約書にサインを要求されても、交渉のできる可能性があります。

「競合避止義務」契約の有効性は、次の6つポイントで判断されています。

判断ポイント詳細
①守るべき企業の利益があるか不正競争防止法の対象となりうる企業の独自情報やノウハウ
②従業員の地位競合避止義務を課す必要がある従業員なのか
③地域的な限定があるか過度に広範囲になっていないか
④競業避止義務の存続期間2年以上の存続期間は判例で否定的
⑤禁止される競業行為の範囲について必要な制限が掛けられているか必要以上に広範囲な制限が掛けられていないか
⑥代償措置が講じられているか競合避止義務を課すことの対価が存在するか
競合避止義務契約の有効性を判断する6つのポイント
「競業避止義務契約の有効性について」(経済産業省)

転職を考えている20代・30代は、まずは②「従業員の地位」について、上司や人事担当者へ該当しないことの確認をおすすめします。

担当している業務において、会社を代表するようなキーマンでない限り、②「従業員の地位」は該当しないケースが多い傾向です。

④「競業避止義務の存続期間」については、たとえ1年でも記載されていれば、退職後に直ぐの同業他社への転職は違法になるキケンがあります。

「従業員の地位」は該当しないと判断してもらったら、④「競業避止義務の存続期間」を設けないように交渉することをおすすめします。

直属の上司は、自部署の情報・ノウハウを過大評価する傾向があります。交渉が決裂した場合は、経産省の資料を元に担当人事と相談すると良いでしょう。

在職中の転職はなぜ難しいのか?

在職中の転職はなぜ難しいのか?

時間の問題①│転職活動する時間がない

在職中の転職が難しいと言われる理由の1つ目は、そもそも日常の業務が忙しく転職活動する時間がないことです。

残業がある平日は転職活動に当てる時間はほぼなく、休日の土日しか十分な時間を確保できない方がほとんどになります。

先輩転職者の中には、転職サイトのスマホアプリを利用して、通勤時間やスキマ時間を活用して求人検索した方もいますが、落ち着いた検討には向きません。

土日だけの転職活動では進捗が思わしくなく、締切がない中途採用ではせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

在職中の転職活動で希望の企業とマッチングするには、時間がない壁を克服する必要があるのです。

時間の問題②│面接のため平日休暇を取りにくい

在職中の転職が難しいと言われる理由の2つ目は、書類審査後の面接試験のために平日休暇を取りにくいことです。

転職での試験は、資格試験とは異なり休日に実施してくれないケースがほとんどです。企業の稼働日である平日に採用試験が実施されます。

書類審査を通過した後の面接試験の日程は、ある程度は調整してくれるもののいずれも平日であり、応募企業が休日出勤してまで対応してくれません。

そのため、年休を取得して面接試験を受けることになりますが、担当している業務の状況によっては、休暇を取りにくい状況と重なってしまうのです。

万が一面接日と休暇を取りにくい状況が重なってしまったら、ウソも方便で人生の選択を優先するしかありません。

おすすめはしませんが、仮病を使ったり、肉親の急用を理由に休暇を取るなどして対応した先輩転職者がおり、在職中の転職が難しいと言われる所以です。

ストレスの問題│仕事に加え転職活動でもストレスが溜まる

在職中の転職が難しいと言われる理由の3つ目は、仕事でのストレスに加え転職活動でのストレスも溜まることです。

転職は入学試験や資格試験と異なり、合格ラインが不明確です。募集人数が少ない、タイミングが合わない場合は実力があっても不採用になります。

数社に応募しても書類審査がなかなか通らないケースがあり、ストレスにつながるのです。

仕事でのストレスは、休日にリフレッシュして解消していた方でも、転職活動を開始すれば休日が潰れてしまいリフレッシュできません。

仕事のストレスが解消されないうえ、転職活動でのストレスも加わり、さらにはストレスを解消する時間がない三重苦の状態が訪れます。

ストレスを上手くコントロールしないと、業務のパフォーマンスや家庭のコミュニケーションに悪影響を及ぼすキケンがあり注意が必要です。

在職中に転職するときの履歴書の書き方

在職中に転職するときの履歴書の書き方

在職中の職歴はどう記載したら良い?

在職中であっても退職後であっても履歴書の書き方に違いはありません。ただし、在職中の転職活動の場合、職歴欄に明記する必要があります。

履歴書は記載時点における過去も含めての就業状況を、応募企業の採用担当者へ正しく伝える書類です。

既に退職済でいつでも転職できるのか、それとも、現在は就業中で在籍企業と退職日の調整が必要なのか、正しく伝える必要があります。

履歴書に在職中であることを記載する方法は、次の2つです。

履歴書に在職中であることを記載する方法
  1. 学歴・職歴欄の最後に記載する在籍中企業の名称、その後に1文字あけて「在職中」と記載する
  2. 学歴・職歴欄の最後に記載する在籍中企業の名称、次の行に「現在に至る」と記載する

いずれも最後は次の行に右寄せで「以上」と締めくくることを忘れないようにしましょう。

連絡を取りやすい時間帯を記載する

在職中に転職活動する場合、平日の勤務時間中は応募企業の採用担当者からの連絡に対応するのが難しい状況になります。

連絡がつきにくい応募者と悪い印象を持たれる前に、履歴書の本人希望欄に連絡を取りやすい時間帯を記載するのがベターです。

連絡について履歴書に記載すべき内容は次の通りです。

本人希望欄に記載する連絡に関する内容
  1. 連絡を取りやすい時間帯を平日と休日とで分けて記載する。
  2. メールもしくは留守電の方がありがたいと記載する。

平日の勤務中は連絡が取りにくいとは言え、採用担当者もサラリーマンである以上、基本的に連絡は平日になります。

連絡がつかずにチャンスを逃すともったいないです。勤務中でも連絡可能な時間帯を作り出す姿勢を見せるのが大切になります。

昼休みなど時間が決まっている休憩、日中よりは連絡を取りやすい残業時間帯などを平日の連絡可能な時間帯にすると良いでしょう。

退職予定日は決まっていなくても記載する

在職中の転職の場合、応募企業の採用担当者が気になるのは、いつから勤務が可能になるかということです。

スキルや経験とともに勤務可能日も重要な条件であり、求人募集している職場のスケジュールとマッチングする必要があります。

もし退職予定日が決まっていない場合は、応募企業から内定を得てから、現職の引き継ぎなどどの程度の日数が必要か見積もって退職予定日を記載すべきです。

退職予定日の記載がなく、お互いに都合の良い方に考えてしまい、内定後にトラブルにならないよう退職予定日は決まっていなくても記載しましょう。

退職予定日は、職歴欄の在籍企業にカッコ付きで記載する、もしくは本人希望欄に記載します。

先輩転職者の情報なども参考にし、現職の上司と退職日をめぐりトラブルにならない日程にすることも大切です。

時間がない在職中に有効な転職活動の進め方

在職中の転職で時間がない時に有効な転職活動の進め方

在職中に転職活動する方にとり、最大の課題は時間の確保が難しいことです。

時間がない中で効率的に転職活動するには、自分以外の方に動いてもらうことがキーポイントになります。

時間がない在職中に有効な転職活動の進め方を3つ紹介します。

リファラルの利用を検討する

時間がない在職中に有効な転職活動の1つ目は、リファラルの利用を検討することです。

リファラルとは、既に応募企業に勤務している、もしくは応募企業の決裁者から信頼されている友人・知人・家族などから紹介してもらっての転職になります。

紹介者から本音ベースで企業の良い点と悪い点を聞けるので、企業研究に費やす時間を短縮できるメリットがあります。

また、応募企業の決裁者と紹介者が事前に話をしているため、リファラルでは書類選考が確実に通過し、面接の合格率も高いのが特徴です。

そのため、何社も採用試験を受ける必要がなく、短期間で転職先が決まるのも時間がない在職中の転職にはメリットになります。

ただし、リファラルは友人・知人・家族などの紹介であることから、簡単に内定辞退できないため、応募=入社の覚悟が必要です。

リファラルを利用する前に、応募企業の内情を詳しく知っている友人・知人・家族などへ納得するまでヒアリングしましょう。

転職サイトのスカウト機能を利用する

時間がない在職中に有効な転職活動の2つ目は、転職サイトのスカウト機能を利用することです。

転職サイトのスカウト機能とは、通常の転職活動とは逆、つまり中途採用を募集している企業が希望条件に適している転職希望者を探してくれます。

あなたは転職サイトに登録し、履歴書と職務経歴書をアップロードするだけ、企業の採用担当者が提出書類をチェックしマッチングの判断をするのです。

あなたが忙しく働いている間に、複数企業の採用担当者が書類をチェック、求人条件とマッチすると判断すればオファーしてくれます。

しかも、履歴書と職務経歴書は確認済のため書類審査の通過率が高く、求人検索と書類審査の時間を大幅に短縮できるのです。

もちろんスカウト機能の利用料は一切不要で無料、在職中は忙しく時間確保が厳しい方にとり有効な転職活動と言えます。

スカウト機能ありおすすめの転職サイト①│リクナビNEXT

リクナビNEXT
転職サイト名リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
求人数約6万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野ITエンジニア
営業
事務・管理など
転職サイト『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、膨大な求人情報の中から希望の転職先を見つけやすいと先輩利用者から好評です。

『リクナビNEXT』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクナビNEXT』をおすすめする理由
  1. 自己分析ツールで強み診断ができる
  2. 求人数が多く様々なニーズにマッチする
  3. サイトやアプリが使いやすく便利

リクナビNEXTのスカウト機能に登録すると、2万社以上の企業があなたの応募書類をチェック、オファーをもらえるチャンスがあります。

加えて、400社以上の転職エージェントから非公開求人のオファーをもらえるチャンスが有り、転職の可能性がさらに広がるのです。

企業やエージェントからのオファーが気になる在職中の転職希望者にまず登録してほしい転職サイトは、『リクナビNEXT』になります。
→【リクナビNEXTの評判】について詳しくはこちら

スカウト機能ありおすすめの転職サイト②│マイナビ転職

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数約3万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・未経験・30代・40代
得意分野メーカー
サービス・レジャー
不動産・建設・設備
転職サイト『マイナビ転職』の特徴

『マイナビ転職』は、株式会社マイナビが運営する転職サイト、全国各地で転職フェアやイベントを開催していることで有名な転職サイトです。

『マイナビ転職』をおすすめする理由は、次の3つです。

『マイナビ転職』をおすすめする理由
  1. 求人数が多く地方の求人も豊富にある
  2. 転職フェアや求人特集が豊富にある
  3. 転職サポートサービスが充実している

マイナビ転職のスカウト機能に登録すると、4種類のスカウトが届きます。

マイナビ転職から届く4種類のスカウト
  1. 希望マッチ:希望職種とマッチした求人からのオファー
  2. 経験マッチ:経験職種とマッチした求人からのオファー
  3. 条件マッチ:希望条件とマッチした求人からのオファー
  4. 転職エージェント:エージェントからのオファー

加えて高額報酬などのプレミアム特典や、非公開求人などのスカウト限定求人のオファーがくるチャンスがあります。

さらにはスカウト特典として次の特典が用意されており、特に内定獲得までのショートカットコースは忙しく時間がない方にとって魅力な特典です。

マイナビ転職のスカウト特典
  • 書類選考免除
  • 前給保証
  • 最短1ヶ月で内定
  • 面接交通費支給
  • 会社見学
  • マネージャー採用
  • 1次面接免除
  • いきなり最終面接
  • 役員面接
  • 社長面接

転職フェアやイベントに加えスカウト機能も充実している『マイナビ転職』は、在職中で忙しい方におすすめの転職サイトになります。
→【マイナビ転職の評判】について詳しくはこちら

スカウト機能ありおすすめの転職サイト③│エン転職

エン転職の企業概要を紹介します
転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数約8千件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野サービス
IT・通信・インターネット
不動産・建設・設備
転職サイト『エン転職』の特徴

『エン転職』は、エン・ジャパンが運営する転職サイト、日本最大級の転職情報が掲載されていることで先輩利用者から高評価を得ている転職サイトです。

『エン転職』をおすすめする理由は、次の3つです。

『エン転職』をおすすめする理由
  1. エン転職の独自取材による信頼性の高い求人情報を得られる
  2. サイトやアプリが使いやすくさまざまな角度から検索できる
  3. 転職に役立つノウハウや情報が充実し初めての転職活動でも安心

エン転職のスカウト機能は、匿名で公開された職務経歴書を企業の採用担当者がチェックしオファーしてくれるシステムです。

スカウトには次の4種類があります。

エン転職のスカウト種類
  1. 企業からのスカウト
  2. 企業からのシークレットスカウト
  3. 転職エージェントからのスカウト
  4. 企業からのオファー

転職サイトの求人検索では見られないシークレット求人や転職をコーディネートしてくれる転職エージェントからのスカウトは可能性を広げてくれます。

企業からのオファーには、内定までの道程が短くなったり、特別な条件を提示してくれたりする特典が付いているケースがあります。

エン転職のスカウト特典
  • 書類選考免除
  • 一次面接免除
  • 一次・二次面接免除
  • いきなり役員面接
  • いきなり社長面接
  • 管理職採用
  • 前給保証
  • 面接交通費支給
  • 食事会の開催
  • 出張面接
  • 上司・同僚との面談設定
  • 社内見学
  • 体験入社

在職中で忙しく転職活動の時間確保が厳しい方には、スカウト機能の有効活用で希望の転職へ近づける『エン転職』が、おすすめの転職サイトです。
→【エン転職の評判】について詳しくはこちら

転職エージェントを活用する

時間がない在職中に有効な転職活動の3つ目は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、企業が求める人材と転職希望者をマッチングさせる転職のプロ、寄り添いともに転職活動してくれるありがたい存在です。

エージェントに登録すると、最初の面談で希望条件のヒアリングと企業へアピールする強みを分析し、転職活動の方向性を決めます。

希望とマッチする求人の検索は、非公開求人も含めエージェントがあなたに代わりやってくれます。

応募企業が決まったら、書類の添削や面接練習など、内定獲得に向けてフルサポート、面倒な面接日程の調整はエージェントが代理でしてくれるのでラクです。

日常の業務で忙しいあなたは、エージェントの協力で必要最小限のことで効率良く転職活動できます。

忙しい在職中に転職を考えている方は、あなたに寄り添い活動してくれる転職エージェントへの登録を強くおすすめします。

おすすめの転職エージェント①│doda

doda
転職サイト名doda(デューダ)
運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数約12万件(公開求人&非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代に強い
幅広い年齢層に対応
得意分野製造業
医療系
IT、Web業界
転職サイト『doda』の特徴

『doda』は、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト、国内最大級の求人数を保有し正社員を中心に多く業界・職種を紹介しています。

『doda』をおすすめする理由は、次の3つです。

『doda』をおすすめする理由
  1. 転職サイトと転職エージェント両方の機能を使える
  2. 非公開求人を含む求人数が多く選択肢が豊富かつ求人の質が良い
  3. 面接対策や書類の添削など幅広いサポートを受けられる

doda(デューダ)は、転職サイトのスカウト機能とエージェント機能の両方を利用できる、全ての転職希望者に登録してほしい転職エージェントです。

完全に任せっきりではなく、自らも転職市場や求人トレンドを調査したい方に適しているのが、doda(デューダ)になります。

dodaのエージェントは、業界や職種を知り尽くした転職のプロ、約10万件の求人から強みを活かし条件にマッチした求人を紹介してくれます。

あなたが平日忙しく働いている間に、エージェントは求人検索してくれるのです。

書類作成や面接対策は採用担当者の視点でチェックしてくれるので、短時間で効率的に完成度を高められます。

在職中で忙しいからこそdodaのエージェントのパワーがより発揮されると言え、ぜひ利用してほしい転職エージェントになります。
→【dodaの評判】について詳しくはこちら

おすすめの転職エージェント②│リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数約23万件(公開求人)
約27万件(非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野IT・通信
医薬
機械・輸送機器
転職サイト『リクルートエージェント』の特徴

『リクルートエージェント』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人を保有しています。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由
  1. 非公開求人数が約10万件以上
  2. 業界専門のキャリアアドバイザーが対応
  3. 転職サポートが充実

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を獲得したエージェントサービス、その質の良さは先輩転職者が証明しています。

リクルートエージェントが扱う求人数は、公開・非公開ともに10万件以上で業界トップクラス、忙しいあなたに代わりエージェントが検索してくれます。

常に変化する企業が求める人材条件を把握するため、リクルートエージェントでは最新動向の研修や勉強会などを実施しており安心です。

質の高いエージェントにフォローしてもらいながら、効率的に転職活動したい方に在職中の方におすすめは、『リクルートエージェント』になります。
→【リクルートエージェントの評判】について詳しくはこちら

おすすめの転職エージェント③│マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職サイト名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代に強い
得意分野IT・通信
メーカー
金融機関など
転職サイト『マイナビエージェント』の特徴

『マイナビエージェント』は、株式会社マイナビが運営する転職サイト、20代の転職エージェント満足度No.1を獲得し20代特有の課題解決に定評があります。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由
  1. キャリアアドバイザーの対応が丁寧&熱心&早い
  2. 非公開や中小企業の求人も多い
  3. 初めての転職でも安心のサポート体制

初めて転職する方が多い20代の不安や悩みに対し、丁寧に疑問を解決してくれるエージェントの対応が先輩利用者が高く評価する理由です。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制、業界や職種に特有の求人情報を熟知し最適にアドバイスしてくれます。

さらにマイナビエージェントには、キャリアアドバイザーに加え企業担当アドバイザーもおり、職場の雰囲気など企業のリアルな情報も提供してくれます。

20代の満足度が高い『マイナビエージェント』は、在職中の20代転職希望者にぜひ活用してほしい転職エージェントです。
→【マイナビエージェントの評判】について詳しくはこちら

【在職中の転職】まとめ

在職中の転職は違法になるとのうわさは事実でもあり間違いでもあります。ポイントは現在勤務している会社の就業規則です。

憲法上では職業選択の自由が保証されていますが、競合避止義務が記載されている就業規則により転職の範囲が縛られる可能性があります。

記事で紹介した競合避止義務契約の有効性に関する6つポイントを参考に、自分自身が該当するかあいまいにせずハッキリさせた方が良いでしょう。

在職中の転職が難しいと言われるのは、全て時間がないことに原因があります。

あなたに時間がないのなら、変わりの人に転職活動してもらうのが最も効果的、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントが役立つのです。

便利なものは使ってこそ価値がわかります。無料で利用できる転職サイトやエージェントを活用しワークもライフも充実した人生を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました