【フリーターの転職】ポイント!転職エージェントで正社員になれる?おすすめの就職は?

フリーターから正社員になれる? 転職

目標を持ち行動しようと思ったら、同時に信頼できる情報で現状の確認が大切です。現状を知るとハードルの高さがわかり、やるべきことが明確になります。

フリーターから正社員への転職もその一つ、まずは同じ目標を持つ仲間は全国にどれくらいいるのか、成功した人はどれくらいなのかを知ることが大切です。

記事では、総務省が発表したデータから、フリーターから正社員への転職の実態、正社員とフリーターとの年収差について年齢別に紹介します。

さらには、正社員での転職を実現するため、正社員に採用されやすいおすすめの仕事や、転職エージェントの利用についても徹底解説します。

ぜひ記事を参考にフリーターから正社員への転職を目指しましょう!

この記事でわかること
  • フリーターが転職して正社員になれるのかわかる
  • フリーターが正社員になれるおすすめの就職がわかる
  • フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる方法がわかる

フリーターが転職して正社員になれるのか?

フリーターが転職して正社員になれるのか?

フリーターから正社員で転職を目指している仲間はどれくらい?

総務省統計局が発表した「労働力調査 (詳細集計)」によると、2022年1〜3月期の「追加就労希望者」は217万人、就業者全体の約3%です。

追加就労希望就業者

「追加就労希望就業者」とは、就業時間が週35時間未満で追加を希望している方のこと、フリーターから正社員を目指している方とみなせます。

2019年以降のデータを見ると、フリーターから正社員転職を目指している方は、200万人前後で推移していることがわかります。

直近ではやや増加傾向、対前年同期比では減少傾向、働いている人の33人に1人の割合でフリーターから正社員への転職を目指しているのが現状です。

フリーターから正社員で転職に成功した人はどれくらい?

33人に1人の割合でいるフリーターから正社員への転職希望者、そのうち何人が転職に成功したのか気になります。

労働政策研究・研修機構が発表した「大都市の若者の就業行動と意識の分化」によると、フリーター歴が1年以内であれば成功率は6割以上です。

フリーター継続期間と正社員になれた割合
フリーター継続期間と正社員になれた割合

フリーター歴が1年を超えると、正社員への転職成功率は年々低下し続け、1年以内では6割あった成功率が5年を超えると2割まで低下しています。

男女別のデータを見ると、男性・女性ともにフリーター歴が長くなると成功率が右肩下がり、正社員への転職が厳しくなる傾向に変わりはありません。

さらに女性はすべてのフリーター歴で男性よりも厳しい傾向があり、男性より20ポイント以上も低い正社員への転職成功率になっています。

フリーターから正社員へ転職したい方は、まずは行動に向けて一歩踏み出すことが大事です。悩んで行動しなければ成功率は年々低下してしまいます。

フリーターが正社員になると得られるメリット

フリーターは会社組織や職場の人間関係に縛られず気楽な利点があります。フリーターを継続するか正社員をめざすかは本人の生き方次第、正解はありません。

とはいえ、フリーターが正社員になるメリットを知らなければ正しく判断できません。正社員のメリットとフリーターの気軽さを比較して判断しましょう。

フリーターが正社員になると得られるメリットは次の6つです。

フリーターが正社員になると得られるメリット
  1. 仕事が将来にわたって安定している
  2. 給料が安定し毎月の収入がある
  3. 福利厚生で支出を抑制できる
  4. 社会的に信用されやすくなる
  5. 休日が安定し予定を入れやすい
  6. 経済的にも精神的にも安定し不安から開放される

正社員になる一番のメリットは、仕事と収入が長期間に渡り安定が見込めること、安定は経済的・精神的な不安を解消してくれます。

正社員になると家賃補助など会社の福利厚生を利用できるメリットが有り、支出を抑えられ手元に残るお金が増えます。

毎月一定の収入が見込める正社員は、社会的に信用されやすく、クレジットカードの審査や住まいの賃貸契約が通りやすくなるのもメリットです。

休日は決められており、家族や友人との予定や副業など、仕事以外も充実できるのが正社員のメリットになります。

フリーターを継続するか、正社員のメリットを選択するか、決めるのはあなたです。

フリーターが転職して正社員になると年収はどうなる?

フリーターが転職して正社員になると年収はどうなるか解説します

フリーターの年収の実態は?

フリーターの収入額は時給と働いた時間で決まります。時給は都道府県ごとに最低賃金が決められており、令和4年10月に改定された時給額は次の通りです。

都道府県名最低賃金時間額
北海道920円
青森853円
岩手854円
宮城883円
秋田853円
山形854円
福島858円
茨城911円
栃木913円
群馬895円
埼玉987円
千葉984円
東京1,072円
神奈川1,071円
新潟890円
富山908円
石川891円
福井888円
山梨898円
長野908円
岐阜910円
静岡944円
愛知986円
三重933円
滋賀927円
京都968円
大阪1,023円
兵庫960円
奈良896円
和歌山889円
鳥取854円
島根857円
岡山892円
広島930円
山口888円
徳島855円
香川878円
愛媛853円
高知853円
福岡900円
佐賀853円
長崎853円
熊本853円
大分854円
宮崎853円
鹿児島853円
沖縄853円
全国加重平均額961円
令和4年度 地域別最低賃金

1日の勤務時間を8時間・1ヶ月の稼働日を20日とした場合、時給1位と最下位および全国加重平均額でフリーターの年収を計算しました。

時給順位都道府県年収
1位東京205.8万円
最下位秋田
愛媛
高知
佐賀
長崎
熊本
宮崎
鹿児島
沖縄
163.8万円
全国加重平均額184.5万円
フリーターの年収

フリーターの年収は、残業なしのサラリーマンと同じ働き方をした場合、年齢や性別に関わらず185万円±20万円程度が実態になります。

正社員の年収の実態は?

フリーターと比較すると年収が多いイメージの正社員、データで数字を知るとより理解が深まります。

厚生労働省が発表した「令和3年賃金構造基本統計調査」における正社員(一般労働者)の賃金から年収を計算した結果は次の通りです。

性別年収
男性404.6万円
女性304.3万円
全体平均368.9万円
正社員(一般労働者)の年収

フリーターで1位の東京都でも年収は205.8万円であり、男性より年収が低い正社員女性でも、フリーターより100万円ほど年収が多いことになります。

平均で比較すると、フリーター184.5万円に対し正社員は368.9万円とフリーターの約2倍の収入になっています。

フリーターから正社員に転職すると、収入が安定するのに加え、金額が倍増する期待もあるのです。

フリーターと正社員の年収格差は年齢と共に拡大する

フリーターの年収は時給により決まります。時給にはほぼ年齢給がなく、経験やスキルを積み重ねてもなかなかアップしないのが現実です。

一方、正社員には、年齢給や経験やスキルアップによる昇給があり、年令を重ねるに従い年収がアップする傾向があります。

厚生労働省が発表した「令和3年賃金構造基本統計調査」から、正社員(一般労働者)とフリーター(短時間労働者)で年齢階級別の年収を比較しました。

年齢階級正社員フリーター年収差額
(正社員ーフリーター)
20〜24255.7万円150.1万円+105.6万円
25〜29296.4万円167.2万円+129.2万円
30〜34331.0万円183.2万円+147.8万円
35〜39366.0万円185.6万円+180.4万円
40〜44393.6万円178.8万円+214.8万円
45〜49413.2万円170.6万円+242.6万円
50〜54439.4万円172.3万円+267.1万円
55〜59438.6万円168.7万円+269.9万円
55〜59438.6万円168.7万円+269.9万円
60〜64351.4万円170.8万円+180.6万円
正社員(一般労働者)とフリーター(短時間労働者)の年齢階級別の年収比較

20代前半では100万円ほどであった正社員とフリーターとの年収差は、40代では倍の200万円ほどになり、正社員が定年になるまで差が拡大しています。

現在フリーターで正社員への転職が気になっている方は、年収面では早めに転職した方が良いと言えます。

迷っているうちに正社員との年収格差は益々広がってしまうのが現実なのです。

フリーターが正社員に採用されやすい仕事

フリーターが正社員に採用されやすい仕事を紹介します

正社員への移行率が高い業種

転職するにあたって正社員採用を優先し職種へのこだわりがなければ、非正規雇用から正社員への移行率が高い業界へ応募すると良いでしょう。

日本労働研究雑誌に掲載された東京大学・玄田教授の論文「前職が非正社員だった離職者の正社員への移行について」のデータから紹介します。

順位業種正社員への移行率
1医療・福祉15.5%
2教育・学習支援・複合サービス13.8%
3公務・公益業12.5%
4建設業12.4%
5運輸業12.0%
6情報通信業10.4%
業種別の正社員への移行率 TOP6

TOP6の業種と言えども、正社員への移行率は1割程度が現実です。

とはいえ、TOP6はいずれも人手不足の状態が続いている好調な業種、優秀なフリーターは正社員として定着してほしい経営者の思いがうかがえます。

業種にこだわりはなく正社員の優先順が高い方は、TOP6の業種を中心に転職先を探すと良いでしょう。

正社員への移行率が高い職種

正社員への移行率が高い業種でも、担当する職種により移行率に差が生じます。

転職する際に職種まで指定して求人応募すれば、正社員転職の成功率が高まる傾向です。

東京大学・玄田教授の論文「前職が非正社員だった離職者の正社員への移行について」より、正社員への移行率が高い職種TOP6を紹介します。

順位職種正社員への移行率
1保安職従事者40.7%
2運輸・通信従事者37.7%
3専門的・技術的職業従事者35.6%
4管理的職業従事者28.6%
5販売従事者21.7%
6事務従事者20.0%
職種別の正社員への移行率 TOP6

職種を限定すると業界限定よりも正社員への移行率が高まり、保安職従事者と運輸・通信従事者は約4割の方が正社員へ移行できています。

正社員としての転職を実現したい思いが強いフリーターは、職種まで絞って求人検索し、雰囲気などマッチした企業を選び応募すると良いでしょう。

正社員になりやすいおすすめの職種

正社員にこだわり転職したいフリーターは、正社員への移行率が高い職種を目指すことをおすすめします。

厚生労働省の職業情報サイト「jobtag」で公表されている情報を元に、正社員になりやすいおすすめの職種について紹介します。

職種仕事内容年収
施設警備員事務所や工場・商業施設などを巡回し、事故や火災・不法侵入などの防止と早期発見を行う。338.3万円
システムエンジニア顧客が要望する情報システムの概要をまとめ、ソフトウェアを開発する。523.0万円
ルート配送ドライバーコンビニやスーパーなど決まった店舗や事業所へ決められた日時とルートで配送する。380.1万円
施設介護員高齢者など日常生活を送ることが困難な人たちの保護・介護・援助を行う。352.8万円
建設・土木作業員建設機械では対応できない人力で行うことが不可欠な作業を行う。396.1万円
正社員になりやすいおすすめの職種

正社員になることを優先したい方は、これらの職種への応募を検討すると成功率が高まります。

まずは興味のある職種の情報を転職サイトで検索しましょう。

フリーターから正社員への転職にはエージェント利用がおすすめ

フリーターから正社員への転職にはエージェント利用がおすすめです

フリーターから正社員採用での転職を成功させるには、手厚いサポートで活動をフォローしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

社会人経験が無く転職活動に何かと不安が多いフリーターは、就きたい仕事のヒアリングから始まるエージェントのサポートで楽にスタートできます。

フリーターと転職エージェントとの関係について、詳しく紹介します。

フリーターが転職エージェントを利用すべき理由

社会人経験がほとんどないフリーターが正社員転職を目指す場合、自分一人で活動するよりも転職エージェントを利用して活動した方が有利です。

フリーターが転職エージェントを利用して得られるメリットは次の6つです。

フリーターが転職エージェントを利用するメリット
  1. 強みやPRポイントなど自己分析をサポートしてくれる
  2. 長期的なキャリア形成をアドバイスしてくれる
  3. 非公開求人を含め希望条件にあった求人を紹介してくれる
  4. 履歴書や職務経歴書など応募書類を添削してくれる
  5. 企業に応じた面接対策や模擬面接してくれる
  6. 日程調整など面倒な企業との連絡を代行してくれる

フリーターから正社員へ転職しようと思ったら、まずすべきは自分の強みや企業へのPRポイントを探す自己分析です。

自分のことは自分自身が一番わかっていないもの、エージェントのサポートで今まで気づいていなかった自分の良さがわかります。

企業の最新状況や転職市場に詳しいエージェントからの長期的なキャリア形成アドバイスは、転職活動の方針を決める上で役立ちます。

転職活動の方針が決まっていれば、応募企業を決める時など判断が必要になった時にブレることはありません。

企業検索は意外に時間がかかり、求人内容を読み込むのも大変です。エージェントは面談で伝えた希望にあった求人を探してくれるので助かります。

エージェントは求人票には書かれていない企業風土も知っており、それも含めてあなたにマッチしているか判断してくれます。

フリーターは場合によっては不利になりかねません。書類選考や面接が通りやすくなるようアドバイスしてくれるエージェントはありがたい存在です。

企業との面接日程や入社日の調整など面倒なことはエージェントが代行して対応してくれます。

フリーターの転職にエージェントを利用しない理由はありません。メリットがいっぱいです。
【マイナビエージェントの評判】口コミの特徴&登録と転職の流れ

転職エージェントを活用するためのポイント

転職初心者であるフリーターが正社員転職で成功するためには、転職エージェントの活用が大切になります。

エージェントを最大限活用するコツを、向き合い方・見極め方・よくある誤解と注意事項、にわけて紹介します。

転職エージェントとの向き合い方

転職エージェントはフリーターから正社員転職へと導いてくれる転職活動における大切なパートナーです。

あなたの味方になってくれるには、お互いに信頼関係を作る必要があります。

転職活動において短期間で最大限の成果を引き出すために必要な、転職エージェントとの向き合い方のポイントは次の3つです。

転職エージェントとの向き合い方
  1. フルタイムの正社員として働きたい意欲をアピールする
  2. エージェントからの連絡には遅くとも12時間以内に回答する
  3. フリーターとして働いていた理由と学んだことを正直に話す

まずは当然ながら正社員として働きたいことを強くアピールすることが大切です。

当然わかってくれるはずと思っても、相手には伝わらず意外にもわかっていないケースがあります。

自分でしつこいと思うくらいがちょうど良い傾向です。言葉に出して転職意欲をエージェントへ伝えましょう。

連絡したのに返事がないと送った側は不安になり、信頼関係が崩れていきます。遅くとも12時間以内には返事するように心がけます。

どうしても無理な場合は、①連絡を受信したこと、②返信予定の期日、だけでも12時間以内に返信しましょう。

エージェントと信頼関係を築きあなたにマッチした求人を紹介してもらうためには、フリーター時代の状況を正しく理解してもらう必要があります。

何でも正直に話し不安なことは素直に相談すると、あなたへの理解が深まりベストマッチの求人紹介へとつながるのです。
【Re就活の評判】転職サイトの特徴とエージェントの口コミを紹介!

転職エージェントの見極め方

転職エージェントも人間である以上、どうしてもあなたとの相性があわない場合があります。

また、利用者の口コミや評判から、残念ながらエージェントの実力にはばらつきがあるのが実情です。

あなたにマッチして実力のある転職エージェントの見極め方を5つ紹介します。

転職エージェントの見極め方
  1. 話していて違和感がなく自分と相性が良いと感じるか
  2. エージェントの進め方やテンポが自分にあっているか
  3. エージェントの実績や経歴を聞いて自分が納得するか
  4. アドバイスが的確かつ具体的で行動へ移しやすいか
  5. 最初に紹介された求人を断っても嫌な顔をしないか

転職エージェントとは転職先の企業が決まるまで何回も相談し話し合うことになります。

話していて何となくしっくりしない、テンポが合わないなど違和感を感じる場合は、早めに遠慮なく交代の相談をおすすめします。

今までの実績や経歴などが気になる方は、早めに確認し納得できなければエージェントの交代をお願いして問題ありません。

あなたが困った時に的確にアドバイスしてくれ、内容が具体的でわかりやすいこともエージェントの判断材料になります。

また紹介を断った時にエージェントの都合で嫌な顔をしないことも見極めの要素になります。

あくまでも転職の主役はあなた、あなたが快適に思わないことは遠慮なしに断っても良いのです。

転職エージェント利用で良くある誤解と注意事項

転職エージェントを利用するに当たり、良くある誤解とついやってしまいがちなNGについて紹介します。

転職エージェントを最大限利用してフリーターからの転職を成功させるため、必ずチェックしてください。

転職エージェント利用で良くある誤解と注意事項
  • 転職エージェントは交代をお願いできる
  • 複数の転職エージェントに登録しても良い
  • 同じ企業に複数のエージェントから応募しない

転職サイトへエージェント利用を登録すると、サイト側の都合で担当者が決められます。

あなたについての情報がほとんどない状態で決められる担当エージェントとの相性は、五分五分と言って良いでしょう。

残念ながらエージェントとの相性が良くないと感じる場合、サイトの事務局へ交代のお願いをしても問題ありません。

一度決められた担当は交代できないと思ったり、変にエージェントへ気をつかったりする方がいますが、全く必要ありません。

あなたの大切な人生の選択である転職活動において遠慮する必要は全く無いのです。

複数の転職サイトに申し込むことが良くないと感じる方がいますが、気にする必要はありません。

あなたの条件にピッタリの求人をどの転職サイトが保有しているか分かりません。可能性を広げるためにも複数のサイトへの登録をおすすめします。

ただし、同じ企業へ複数のエージェントから応募するのは絶対にやめましょう。エージェントへ迷惑がかかり、あなたとの信頼関係が崩れてしまいます。

応募の注意さえ守れば、転職者の方を優先に考えてかまいません。遠慮や気遣いなしに進めていきましょう。

【フリーターの転職】まとめ

✅フリーターから正社員への転職は早い方が良い

フリーターから正社員への転職は、フリーター歴が短いほど成功率が高く、1年以内であれば男性で8割ほど、女性で5割ほどあります。

フリーター歴が長くなると成功率が右肩下がりになり、フリーターから正社員へ転職したい方は、まずは行動に向けて一歩踏み出すことが大切です。
「フリーターから正社員への転職の実態」について詳しくはこちら

✅フリーターと正社員の年収格差は年齢と共に拡大する

厚生労働省のデータから、正社員の平均年収はフリーターの約2倍、金額差は180万円ほどです。

フリーターと正社員の年収格差は年齢と共に拡大する傾向があり、20代での100万円ほどの差が40代では200万円を超えるまで拡大しています。
「フリーターと正社員の年収格差」について詳しくはこちら

✅正社員への移行率が高い職種がおすすめ

正社員にこだわり転職したいフリーターは、正社員への移行率が高い職種の求人を優先的に調査しましょう。

施設警備員・システムエンジニア・ルート配送ドライバー・施設介護員・建設土木作業員など人手不足の状態が続いている好調な業界がおすすめです。
「フリーターが正社員に採用されやすい仕事」について詳しくはこちら

✅一人での活動に不安な方は転職エージェントの利用がおすすめ

そもそも転職活動で何をしたら良いかわからない、一人での転職活動に不安があるフリーターは、転職エージェントの利用がおすすめです。

社会人経験がほとんどないフリーターが正社員転職を目指す場合、自分一人で活動するよりも転職エージェントを利用して活動した方が有利になります。
「転職エージェントの利用」について詳しくはこちら

正社員への転職成功率は、フリーター歴が長くなるほど低くなってしまうのが実態、思い立ったが吉日、一日も早い行動が成功へのカギとなります。

給与面だけではなく正社員になるとさまざまな待遇が良くなります。一日も早く行動し、希望の正社員転職を実現しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました