【転職は辞めてから】ポイントと理由とデメリット20代はどう?

転職は辞めてからが勝負ポイントは?デメリットは? 転職

転職はやめてからが良い理由

転職はやめてからが良い理由

理由①転職活動に専念できる

転職は辞めてからが良い理由の1つ目は、仕事から離れているため転職活動に専念できることです。

在職中に転職活動した先輩転職者の一番の悩みは、転職活動する時間を確保するのがとても難しいことです。

転職しようと考えている方は、他社でも通用する優秀な方が多く、もちろん在職中の会社でも中心社員として活躍しています。

そのため、毎日が忙しく残業も当たり前、帰宅後は就寝までに自由時間がほとんどなく、かつ疲れ切っているためとても転職活動は出来ません。

土日の休みはなんとか転職活動の時間を確保できるものの、週末だけの転職活動はどうしても進捗が悪く折角のチャンスを逃してしまうこともあります。

目をつけていた希望にマッチした求人が、翌週には募集終了していたという悲しい自体があるのです。

会社を辞めていれば、基本的に拘束される時間はありません。必要な時に必要なだけ転職活動に専念でき、レアなチャンスも見逃さず活かせるのです。

理由②自分とじっくり向き合い適正を見極められる

転職は辞めてからが良い理由の2つ目は、雑念が排除されるため、自分とじっくり向き合い適正を見極められる良さがあることです。

在職中は日々忙しく時間がないのに加え、仕事のことが頭から離れず、自分とじっくり向き合うことができません。

仮に自分の適性を考えた時、今の仕事との相性が悪そうと気づきかけても、現職で担当している仕事をなかなか否定できないでしょう。

ましてや現職で責任あるポジションに就いている場合は、肯定から入り得意と思う先入観が強いため、正しい自己分析が出来ない可能性が高い傾向です。

会社を辞めていれば、過去の仕事から一旦離れているため、冷静に自己を見つめ分析できます。時間が十分にあるので多方面から分析する時間もあります。

自分とじっくり向き合い適正を見極められれば、本来の自分の強みに気づきやすく、満足する転職につながるメリットがあるのです。

理由③資格取得のための勉強時間が取れる

転職は辞めてからが良い理由の3つ目は、仕事から一時的に離れているため、資格取得のために必要な勉強する時間が取れることです。

在職中の自己啓発は、昇進試験に必要なTOEIC対策の勉強や、仕事をする上で必要な知識を習得する勉強などを優先する必要があります。

仕事をやめていれば、仕事や会社の都合で要求される勉強から開放され、転職で有利になる資格に絞り勉強することが可能です。

加えて勉強に当てる時間も十分にあるため、資格に興味がある方、資格取得でスキルレベルを証明したい方にはチャンスになります。

転職先の企業から要求されるスキルや経験と自分自身を比較し、不安に感じる方は、資格を取得し不足分を補完することで内定を得る可能性が高まります。

会社を辞めてから転職活動すれば、資格取得のための勉強時間が取れ、資格により転職先の選択肢を広げられるメリットを得られるのです。
→おすすめの資格について詳しくはこちら

理由④面接のスケジュール調整で悩まない

転職は辞めてからが良い理由の4つ目は、書類選考を通過した後で悩むことが多い、面接のスケジュール調整で悩まずに済むことです。

応募先の企業の採用担当者もサラリーマンのため、中途採用の面接を土日などの休日にすることはほぼなく、ほとんどが平日に実施されます。

そのため、転職希望者は年休を取得して面接を受ける必要があり、特に在職中の仕事が忙しい時の年休取得に苦労した先輩転職者が多いのが実態です。

無理な年休取得で職場の上司とトラブルになったり、転職がバレるきっかけとなったり、面接のスケジュール調整はハードルが高いと感じる方が多い傾向です。

会社を辞めていれば、平日に長時間拘束されることはなく、毎日がプライベートのため日程調整しやすくなります。

スケジュール調整で悩まないためストレスになることはなく、応募先に企業に後ろめたさを感じることもなく、面接対策に集中できるのです。

在職中の転職希望者の多くが悩む面接のスケジュール調整を、ストレスを感じることなくできるのは、辞めてから転職活動するメリットと言えます。

理由⑤退社時期で上司と揉めることがない

転職は辞めてからが良い理由の5つ目は、既に会社はやめているため、退社時期で職場の上司と揉めることがないことです。

転職のことは当然ながら事前に上司へ相談しておらず、上司にとっては突然の聞く報告となります。

他社へ転職できるほどの人材は、当然現職でも重要な仕事をしているケースが多く、退職すれば大きな痛手となり上司としてはすぐに容認出来ません。

まずは引き止めから始まり、引き継ぎ担当者が赴任するまで、引き継ぎ者が慣れるまでなど退職日がどんどん先送りになりがちです。

退職日がなかなか決まらなければ、転職先から要望された入社日まで退職できるか不安になり、焦りから上司と揉めることになるのです。

退職日で揉めて円満退社できなければ、退職金が支払われなかったり、内定が取り消しになったりする可能性があり、十分に注意する必要があります。

辞めてから転職活動していれば、そもそも会社は既に辞めているので退職日で悩む必要はなく、転職先の要望通りに入社できるメリットがあるのです。

転職は辞めてからにはデメリットあり

転職は辞めてからにはデメリットあり

会社を先に辞めてから転職活動すると、拘束時間がなくなり自由時間が増える、会社のしがらみなく転職活動できるなどのメリットがあります。

とはいえ、何事もメリットだけはありません。メリットの影にはデメリットも必ずあります。

大切なことは、デメリットをしっかりと把握し、メリットと比較してどちらを取るか判断することです。

辞めてから転職活動するデメリットを4つ紹介します。

デメリット①経済的な行き詰まりが焦りにつながる

辞めてから転職するデメリットの1つ目は、収入源が無いことから時間とともに経済的に行き詰まりやすく、焦りで冷静な判断ができにくくなることです。

転職活動は相手企業とのご縁やタイミングも関係してきます。必ずしも十分なスキルや経験があれば決まるものではありません。

例えば転職活動に必要な期間は3ヶ月程度との情報から、3ヶ月分の生活費を確保しても、2ヶ月を経過して転職先に目処がついていなければ焦りが出ます。

早く決めなければ経済的に行き詰まるとの焦りから、転職のこだわり条件を緩和したり、十分に企業調査せずに応募したり、後悔する転職に繋がるのです。

現職を退職するタイミングで、自由になるお金が十分にない方は、辞めてからの転職には経済的リスクがあることを忘れてはなりません。

辞めてから転職活動するメリットを活用したなら、半年〜1年程度は収入なしでも困らない貯蓄の準備をおすすめします。

デメリット②経歴ブランクが評価を下げる可能性がある

辞めてから転職するデメリットの2つ目は、職務経歴にブランクが出来てしまい、企業によっては評価を下げる要因になる可能性があることです。

20代や30代など若い世代の経歴ブランクを嫌う企業があり、特に地方企業に多い傾向があります。

転職が当たり前の時代とは言え、すぐに決まらないのは本人に何らかの原因がある、と懸念する採用担当者がいるのは事実です。

面接まで進めば経歴ブランクの理由を説明でき、採用担当者の理解を得られますが、書類審査でブランクを理由に落とされては元も子もありません。

保守的な文化が強い企業や地方企業を希望する方は、経歴ブランクがあると評価を下げる可能性があることを意識する必要があります。

とはいえ、変化が激しい時代において、スキルや経験ではなく経歴ブランクで評価を下げる企業は、将来の成長が怪しいかもしれません。

つまり、応募しなくても良い企業の可能性が高い、と割り切れる方は気にしなくとも良いでしょう。

デメリット③生活リズムが乱れ精神不安になりやすい

辞めてから転職するデメリットの3つ目は、出社時間など強制的な時間縛りがないため、生活リズムが乱れやすく精神不安になりやすい傾向があることです。

在職中はどんなに辛い朝でも決まった時間に起床する必要があり、半強制的に生活リズムが整い、乱れることはありません。

生活リズムが整っていれば、体調や健康面で安定しやすいため、精神面の安定も保たれやすい傾向があります。

会社を辞めてしまえば、いわゆる毎日が日曜日になり、油断すると起床時間の乱れから生活リズム全体が崩れてしまうキケンがあります。

生活リズムの乱れはうつ病など精神不安につながりやすい傾向があり、注意が必要です。

希望の企業へ転職する目標を達成するため、自らをしっかりと管理する自信がない方は、辞めてからの転職は慎重に検討した方が良いでしょう。

デメリット④健保・年金の手続きが面倒くさい

辞めてから転職するデメリットの4つ目は、健康保険や年金の手続きを役所に出向いてする面倒があることです。

転職先が決まってから在籍中の企業を退職しブランクがほぼない場合、健康保険や年金は引き継がれるため役所に出向いて手続きする必要はありません。

引き継ぎ手続きは、転職先の企業でするため、スムーズに手続きが完了します。

転職先が決まる前に在職中の企業を辞めると、ブランク中は国民健康保険と国民年金に加入する必要があります。任意ではなく義務なので注意が必要です。

会社は辞めているので平日に自由な時間があるとは言え、役所に出向いての手続きは長い時間待たされる可能性もあり面倒くさいと感じることでしょう。

健保・年金の手続きは義務なので対策はありません。比較的空いている曜日や時間帯を選ぶなど工夫して乗り切ることをおすすめします。

転職は辞めてから20代ではどう?

転職は辞めてから20代ではどう?

20代は辞めてからと辞める前のどちらが多い?

20代の転職市場での評価は、スキルや経験はやや不足しているが、その分伸び代が十分にあり、ポテンシャルの高さが魅力的であることです。

このような状況で、実際に転職した20代は、辞める前と辞めた後のどちらが多いのか、さらにはどちらの方が転職に有利なのか気になります。

まずは、転職先を決めたのは、在職中の会社を辞める前と辞めた後のどちらが多いのか、厚生労働省から発表されたデータを元に推定した結果は次の通りです。

辞める前と辞めた後の推定方法

参考資料:「令和2年転職者実態調査の状況」(厚生労働省)
使用データ:直前の勤め先を離職してから現在の勤め先に就職するまでの期間
辞める前の定義:離職期間なしおよび1ヶ月未満
辞めた後の定義:1ヶ月以上

年齢辞める前辞めた後
20〜24歳44.5%55.5%
25〜29歳52.1%47.9%
30〜34歳59.0%41.0%
35〜39歳61.2%38.8%
40〜44歳57.3%42.7%
45〜49歳60.6%39.4%
50〜54歳40.5%59.5%
55〜59歳51.0%49.0%
転職先を決めた時期(年齢別)

20代前半では辞めた後に転職先を決めた方が5.5ポイント多く、20代後半になると逆に辞める前に決めた方が2.1ポイント多いのが実態です。

20代前半は新卒で入社して間もない頃、入社後のミスマッチに気づいた方は、現状に耐え難くまず退職の行動をとったものと考えられます。

20代後半になると仕事に慣れ、スキルや経験の積み上げにより20代前半より評価されやすく、辞める前に転職先を決める方が増える傾向です。

30代や40代では、約4割の方が辞める前に転職先を決めています。家族への影響などでリスクを取りにくい状況が背景にあると推定されます。

50代になると辞めた後に転職先を決める方が増えてきます。早期退職やリストラなど事前準備の時間なしに退職せざるを得ない状況があると考えられます。

20代は辞めてからと辞める前のどちらが転職に有利?

20代では、辞めてから転職活動する方と、辞める前に転職先を決める方の人数は同程度です。ではどちらの方が有利に転職活動できるのでしょうか。

転職サイト『doda(デューダ)』が20代の転職成功者に行ったアンケート結果から紹介します。

辞める前に決めた方辞めてから決めた方
平均転職活動期間5.6ヶ月4.9ヶ月
平均応募社数6.6社5.8社
平均内定獲得社数1.6社1.6社
平均内定獲得率24.2%27.6%
転職先の決めるタイミングと転職活動の有利性

20代の転職では、在籍中の企業を辞める前と辞めた後のどちらに転職活動しても、内定獲得率および転職活動の期間に大差はありません。

転職活動に専念できる辞めた後の方が、やや転職活動期間が短く、内定獲得率がアップする傾向です。

よって20代の転職で転職先の企業を決めるタイミングは、現時点で自身が置かれている状況、および経済的な観点を考慮して選択すると良いでしょう。

20代が辞めてから転職した方が良いケース

20代の転職は辞めてからでも辞める前でもどちらでも良く、転職の有利さに大差はありません。実際に転職した方の人数も辞める前と後は約半数です。

とはいえ、辞めてからの転職活動、つまり在籍中の企業をすぐにでも辞めた方が良いケースがあります。

うつ病などにより勤務がしんどい場合、パワハラ上司など職場に問題がある精神的ストレスが深刻な状況は転職活動前に辞めた方が良いケースです。

20代は社会人として十分に時間があり焦る必要はありません。病気の場合は会社を辞めて治療に専念し、回復してから転職活動すると良いでしょう。

精神的ストレスに耐えながらの勤務は、いつ限界を超え壊れるかわかりません。人事部門などへ相談し、改善の見込みがなければ退職も考慮すべきです。

未来へのポテンシャルを評価される20代は、辞める前と後で転職の有利さに大差はありません。辛い現状から逃れることを優先すべきと言えます。

辞めてからの転職を成功させるポイント

転職は辞めてからで辞めてからの転職を成功させるポイント

転職が決まるまでの生活費を準備する

在職中の企業を辞めてからの転職活動を成功させるポイントの1つ目は、転職が決まるまでの期間を予測し、その間の生活費を予め準備することです。

『リクルートエージェント』の調査によると、転職活動にかかる期間は、一般的に3〜6ヶ月程度の方が多い傾向です。

項目必要期間
転職準備・書類作成約2週間
応募・面接約2ヶ月
内定・退職約1ヶ月半
転職活動に必要な期間

辞めてからの転職活動では、すでに退職済のため、「内定・退職」に約1ヶ月半も必要ないかもしれません。

とはいえ、転職活動の全てのフェーズにおいて順調に進捗するとは限らず、最低でも半年分、可能であれば1年程度の生活費を準備すると安心して活動できます。

転職のことを意識したら、日常生活での無駄な支出を見直し必要経費をスリム化、そしていつでも辞められるよう半年分以上の貯蓄を目指しましょう。

雇用保険の受給金額と期間を確認する

在職中の企業を辞めてからの転職活動を成功させるポイントの2つ目は、退職後にもらえる雇用保険の受給金額と期間を確認することです。

雇用保険の支給金額を把握していれば、転職先が決まるまで必要な生活費用の貯蓄に、雇用保険分を加えられます。

つまり、生活費のために必要な貯蓄額を低く設定でき、辞めてからの転職活動を選択するハードルが下がるのです。

雇用保険の給付を受けるには条件があり、離職日以前の2年間で、12ヶ月以上の被保険者期間が必要になります。(特定理由離職者は6ヶ月以上)

そのため新卒で入社した方は、1年以内に退職すると雇用保険の受給対象外になるため注意が必要です。

転職活動のための退職など自己都合退職の場合、給付日数は次の通りになります。

被保険者期間給付日数
10年未満90日
10年以上20年未満120日
20年以上150日
被保険者期間による雇用保険の給付日数(自己都合退職の場合)

受給金額は離職前6ヶ月の賃金の合計を180日で割った賃金日額に給付率(50〜80%)を掛けて算出されます。

詳細については厚生労働省の資料を自らチェックし、受給金額と期間から退職前に必要な貯蓄額を見積もりましょう。

家族の同意は辞める前に得ておく

在職中の企業を辞めてからの転職活動を成功させるポイントの3つ目は、しばらくは無職の期間があることに関して、辞める前に家族の同意を得ておくことです。

既婚者はパートナーと相談し、転職活動に専念したいことを伝え、貯金通帳など具体的な証拠を提示して経済的には困らないことを説明しましょう。

独身で親と同居している方も基本的には既婚者と同じです。家に居ることが多くなり親が心配しないように辞める前の説明と同意が大切になります。

独身で一人暮らしの方は、経済的に誰にも迷惑をかけない自身があれば、あえて親に説明する必要はないでしょう。

いくら十分な貯蓄があり、しばらく働かなくても経済的に困らないとしても、家族や親に心配をかけ不安にさせては成功へつながる転職活動はできません。

家族や親から応援してもらい精神的に安定していることも、転職を成功させるために必要な項目になります。

転職エージェントを活用し一人で悩まない

在職中の企業を辞めてからの転職活動を成功させるポイントの4つ目は、転職エージェントを活用し転職活動における不安はエージェントに相談し一人で悩まないことです。

会社を辞めると人付き合いが減り孤独になる機会が多くなります。転職活動に専念する意味では絶好の環境と言えますが、相談相手がいないのがデメリットです。

こんな時にありがたいのが転職のプロである転職エージェント、無料で利用でき二人三脚で転職活動をともに進めてくれます。

何をどのように進めたら良いのか、応募書類の書き方や面接で受け答えなど転職活動のあらゆるシーンでベストのサポートをしてくれるのです。

特に転職が初めての方は何かと不安が多いもの、ネットで検索して解決するよりも、最新情報を聞けるエージェントの方が有益なことは言うまでもありません。

おすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント①doda

doda
転職サイト名doda(デューダ)
運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数約12万件(公開求人&非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代に強い
幅広い年齢層に対応
得意分野製造業
医療系
IT、Web業界
転職サイト『doda』の特徴

『doda』は、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト、国内最大級の求人数を保有し正社員を中心に多く業界・職種を紹介しています。

『doda』をおすすめする理由は、次の3つです。

『doda』をおすすめする理由
  1. 転職サイトと転職エージェント両方の機能を使える
  2. 非公開求人を含む求人数が多く選択肢が豊富かつ求人の質が良い
  3. 面接対策や書類の添削など幅広いサポートを受けられる

doda(デューダ)は、転職サイトと転職エージェントの両方を利用できる、全ての転職希望者に登録してほしい転職エージェントです。

転職エージェントを利用すると、希望条件とマッチする求人はエージェントが探すため、転職希望社が転職市場のトレンドをつかみにくい傾向があります。

dodaなら転職サイトの機能もあり、完全に任せっきりではなく、自らも転職市場や求人トレンドを調査でき、場合によってはリクエストできるのです。

dodaのエージェントは、業界や職種を知り尽くした転職のプロ、約10万件の求人から強みを活かし条件にマッチした求人を紹介してくれます。

エージェントが扱う求人には非公開求人も含まれており、希望とマッチすれば、やりがいのある魅力的な仕事や高待遇の求人を紹介してくれるのです。

転職初心者が悩みがちな、書類作成や面接対策はエージェントが採用担当者の視点でチェックしてくれ、短時間で効率的に完成度を高められます。

転職エージェントと転職サイトの両方を利用できるdoda(デューダ)、ぜひ登録してほしい転職エージェントです。
→【dodaの評判】について詳しくはこちら

おすすめの転職エージェント②マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職サイト名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代に強い
得意分野IT・通信
メーカー
金融機関など
転職サイト『マイナビエージェント』の特徴

『マイナビエージェント』は、株式会社マイナビが運営する転職サイト、20代の転職エージェント満足度No.1を獲得し20代特有の課題解決に定評があります。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『マイナビエージェント』をおすすめする理由
  1. キャリアアドバイザーの対応が丁寧&熱心&早い
  2. 非公開や中小企業の求人も多い
  3. 初めての転職でも安心のサポート体制

マイナビエージェントは、初めて転職する方が多い20代の先輩利用者が高く評価するエージェント、不安や悩みに対し丁寧に疑問を解決してくれるのが理由です。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制であり、業界や職種に特有の求人情報を熟知し最適にアドバイスしてくれます。

さらにマイナビエージェントには、キャリアアドバイザーに加え企業担当アドバイザーもおり、職場の雰囲気など企業のリアルな情報も提供してくれます。

20代の満足度が高い『マイナビエージェント』は、20代転職希望者にぜひとも登録してほしい転職エージェントです。
→【マイナビエージェントの評判】について詳しくはこちら

おすすめの転職エージェント③リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数約23万件(公開求人)
約27万件(非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代
得意分野IT・通信
医薬
機械・輸送機器
転職サイト『リクルートエージェント』の特徴

『リクルートエージェント』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人を保有しています。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由
  1. 非公開求人数が約10万件以上
  2. 業界専門のキャリアアドバイザーが対応
  3. 転職サポートが充実

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を獲得したエージェントサービス、その質の良さは多くの先輩転職者が証明しており間違いありません。

リクルートエージェントが扱う求人数は、公開・非公開ともに10万件以上で業界トップクラス、きっとあなたのこだわり条件にマッチした求人が見つかります。

常に変化する企業が求める人材条件や最新動向について、研修や勉強会などでキャッチアップを怠らないリクルートエージェントは安心して利用できます。

質の高いエージェントにフォローしてもらいながら、効率的に転職活動したい方にぜひ登録してほしいのは、『リクルートエージェント』です。
→【リクルートエージェントの評判】について詳しくはこちら

【転職は辞めてから】まとめ

転職は会社を辞めてからが良いのか、それとも在職中に転職活動をした方が良いのか、転職希望者の誰もが悩むテーマです。

在職中の転職活動で先輩転職者の悩みのトップは、時間の確保が難しいこと、業務で疲れて帰宅した後の転職活動はほぼ絶望的になってしまいます。

会社を辞めてからの転職では、時間がない悩みから開放され、転職活動に専念できるメリットがあります。

さらには自分と向き合い適正を見極められる時間も十分に取れるので、辞めてから転職の方が後悔なく活動できることでしょう。

とはいえ、辞めてからの転職では、転職先が決まるまでの間、無収入でも経済的に困らない貯蓄が必要となります。

転職の緊急度や経済的状況、加えて家族の意見も考慮して、転職活動は辞めてからか、それとも在職中かを判断すると良いでしょう。

転職は人生における大きな決断の一つです。後悔を残さないためにも転職のプロであるエージェントの意見を聞く、全ての転職希望者へおすすめしたいことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました