【転職エージェントは相談だけOK】面談の内容や服装リクルートエージェントの本音はどう?

えっ相談だけなの?転職エージェントの本音は? 転職

転職エージェントに相談だけでもOK?エージェントの本音は?

転職エージェントに相談だけでもOK?エージェントの本音を紹介します

相談だけでもOKエージェントの本音

サイトでの登録を終え、面談まで進んでくれたことが大きな一歩と考えている転職エージェントは、相談だけでもOKと前向きに捉えています。

相談だけでもOKと考えているエージェントは、転職の決断から内定獲得までの転職活動を長期的視点で捉えており、求人提案を焦っていないのです。

転職はその方の人生にとって大きな決断となります。一つ一つ確認しながら慎重に進めたいと考えている方がほとんどです。

特に転職活動が初めての方は、転職エージェントとはいかなるものか探りを入れる所からスタートする傾向があります。

実は「まずは相談だけ」と面談に訪れる方は意外に多く、むしろこちらがスタンダードと捉えているエージェントは、相談だけでもOKと考えているのです。

まずは出会いきっかけを作り、転職エージェントの存在とお役立ちを理解してもらうことで、将来のサポートにつながると考えているのが本音です。

相談だけでは困るエージェントの本音

一方、相談だけでは困ると考えているエージェントがいるのも事実です。相談だけでもOKエージェントとの違いはノルマの達成までの余裕度になります。

転職エージェントはキャッシュポイントは、転職希望者へのサービスではなく、内定決定にあり、応募先の企業から成果報酬を受け取る仕組みです。

つまり、いくら一生懸命に転職希望者に寄り添い時間をかけて対応しても、転職が決まらなければ収入を得られないことになります。

どこの企業にもある営業ノルマは、もちろん転職エージェントにもあり、ノルマ達成が厳しい場合はサポートしている方の内定を急ぐことになりがちです。

このような状況のエージェントは、相談だけで面談に来る転職希望者は営業成績につながらず、本音では快く思っていない訳です。

相談だけでもOKエージェントがいる一方で、相談だけでは困るエージェントもいることを、転職希望者は理解しておくと良いでしょう。

転職エージェントに相談だけ面談での注意点

転職エージェントに相談だけ面談での注意点を紹介します

転職エージェントへの相談だけは、必ずしも歓迎されないことを理解した上で、エージェントとの面談で注意すべき点があります。

たとえ今は転職する気がなく、とりあえず相談のつもりでも、時間の経過とともに転職の決意が固まり、いつエージェントにお世話になるかわかりません。

初回の面談で印象を悪くしてしまえば、いざサポートしてほしい時に、対応が良くなかったり、優先順を下げられたりする可能性があります。

まずは相談だけとはいえ、転職エージェントとの面談で注意すべき点を3つ紹介します。

「転職する気が無い」はNGワード

転職エージェントとの面談で注意すべき点の1つ目は、「転職する気が無い」とは決して言わないこと、NGワードとして自覚することです。

「今は」転職する気が無いとエージェントへ伝える場合でも、条件にマッチする求人があれば前向きに転職を考えたいと言いましょう。

転職エージェントは、ノルマの達成状況により相談だけでもOKと余裕がある方と、相談だけでは困ると焦っている方がいます。

あなたの面談を担当するエージェントがどちらはわからず、相談だけでは困るタイプを想定し「転職する気が無い」をNGワードにした方が無難です。

今後も含め本当に相談だけなら良いですが、エージェントに相談したいと思った背景には、現職への不満やキャリアアップへの思いがあるはずです。

いつ本格的にお世話になるかわからない転職エージェント、「転職する気が無い」を言わないことは、印象を悪くしないために必要な注意点になります。

具体的なこだわり条件を伝える

転職エージェントとの面談で注意すべき点の2つ目は、転職エージェントには具体的なこだわり条件を伝えることです。

こだわり条件を考えていないは論外、あまりにもアバウトすぎるあやふやな条件も避けられるよう、面談する前に転職条件を考えておきましょう。

現状の知識やスキルレベル、転職市場での自分の価値を考慮する必要はありません。理想で構いませんので具体的なこだわり条件を決めます。

今回は相談だけで終わらせたいのなら、むしろ難易度の高いこだわり条件の方が良いかもしれません。

年収・残業時間・役職・福利厚生・会社の規模など、転職先の企業へ求める条件を決めて、面談時にエージェントへ伝えます。

今回は相談だけがあからさまになり印象を下げないために、具体的なこだわり条件を伝えることは、大切な注意点なのです。

できるだけ対面での面談を避ける

転職エージェントとの面談で注意すべき点の3つ目は、できるだけ対面での面談を避けることです。

転職エージェントは転職サポートのプロ、多くの転職希望者をサポートしてきた実績から、あなたの雰囲気で本気度がわかってしまう可能性があります。

今回は相談だけを察しられないよう、面談は対面ではなくWeb面談や電話面談にすることをおすすめします。

新型コロナの対策として、対面を避けることへのハードルが低くなっており、遠慮せずWeb面談や電話面談の希望を伝えると良いでしょう。

Webや電話での面談になったとはいえ、油断することなく、表情や声のトーンで転職に前向きであることを伝える心掛けを忘れてはいけません。

できるだけ対面での面談を避けることは、相談だけがバレて印象を悪くしないために、大切な注意点なのです。

相談だけでも面談に適した服装をしよう

相談だけでも面談に適した服装をしようについて解説します

面談の服装はスーツor私服のどちらが良い?

転職エージェントとの面談は企業の採用面接ではないため、スーツ着用は必須ではなく私服での面談で問題ありません。ラフすぎる服装でなければOKです。

とはいえ、私服だとコーディネートに迷ってしまう、そもそも自分のセンスに自信がないと心配になる方は、スール着用で面談へ臨んだ方が良いでしょう。

服装選びに時間を取られ転職の準備、エージェントとの面談準備の時間が削られては本末転送です。

普段から着慣れているスーツなら大きく外すことはなく、服装面で悩むことなく、選ぶ時間も短時間で済みます。

転職活動ではスキルや経験が大切とはいえ、服装での第一印象が悪ければ、企業との面接が心配になり、エージェントの優先順が下がるかもしれません。

面談の服装はスーツor私服のどちらでもOKですが、迷う方、自信のない方にはスーツがおすすめになります。

私服で迷ったらオフィスカジュアルがおすすめ

転職エージェントとの面談では気軽にいろんなことを相談したい、スーツだとなんか緊張してガチガチになりそうで私服の方が良いのですが……。

着ている服で場の雰囲気が変わるのは良くあること、エージェントとの面談をカジュアルにしたい方は私服で望んだ方が良いでしょう。

とはいえ、私服だと選択肢が多く何を着て行くのが良いか悩んでしまいます。

服装は面談での話題に合わせるのがベスト、エージェントとは転職の話をするため社会人として好印象を持たれやすいビジネスカジュアルがおすすめです。

ビジネスカジュアルの3つの基本は次の通りになります。

ビジネスカジュアル3つの基本
  1. シャツは襟付きにする
  2. シンプルなデザインで色はネイビーorグレー
  3. おしゃれ感よりも清潔感の方が大切

エージェントがあなたに好印象を持ち、強力なパートナーになってくれるよう私服はビジネスカジュアルで爽やかに行きましょう。

服装よりもビジネスマナーの方が大事

転職エージェントとの面談では、あなたの転職活動をサポートしたいと思ってもらうため、第一印象を良くする見た目の服装が大切になります。

加えて、転職エージェントが初対面のあなたをチェックしていることがあります。それは、基本的なビジネスマナーを身に着けているかどうかです。

ビジネスマナーチェック項目の一部を紹介します。

ビジネスマナーチェック項目
  • 遅刻せずに約束の時間を守っているか。
  • 何らかの都合で遅刻する場合事前に連絡しているか。
  • 上から目線の態度で面談していないか。
  • 現職でのネガティブな話ばかりしていないか。

ビジネスマナーや面談での態度は、応募企業との面接に影響することは明らか、エージェントがNGと判断すれば優先順が下がるのは間違いありません。

エージェントとの面談では、今は相談だけとはいえ、今後のことを考えて服装やビジネスマナーに気をつけることが大事になります。

リクルートエージェントは相談だけでもOKなのか?

リクルートエージェントは相談だけでもOKなのか?について解説します

リクルートエージェントは公式サイトでOK宣言

リクルートエージェント

転職エージェント業界の最大手で先輩転職者からの評判が良い『リクルートエージェント』は、本音で相談だけでも良いと考えているのでしょうか?

『リクルートエージェント』は、いざ転職を決意した時にお世話になる可能性が高く、建前ではなく本音が気になるところです。

実は、『リクルートエージェント』は公式サイトで「相談だけでも利用できます。」とOK宣言しています。
参照元:リクルートエージェント 「転職準備に関するQ&A」

相談だけでもOKなのは、転職=勤務先を変えた結果、転職活動=その過程、つまり「転職」と「転職活動」とは別であると考えているからです。

『リクルートエージェント』では、「転職活動」を他社の状況を知ることで、自分の立ち位置を自覚できる機会と捉えています。

今感じている不安や危機感を払拭したり、新たな選択肢や隠れた可能性を見出したりする「転職活動」のフォローがエージェントの役目と自覚しているのです。

相談の中でキャリアプランの話になれば、採用動向や経験・スキルを考慮して、あなたにマッチした求人情報を提案してくれることになります。

相談だけでもOKと公式サイトで宣言している『リクルートエージェント』は、転職が気になる方へおすすめのエージェントです。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

相談だけOKの転職エージェントは他にもある!

相談だけOK転職エージェント1│doda

doda

非公開求人を含め業界最大級の求人情報があり、先輩利用者から高評価の『doda』でも、公式サイトで転職を決めてない方も相談OKと宣言しています。
参照元:doda 「なるほど!転職ガイド」

転職できるかわからない心配や、転職してうまくいくかわからない不安は、相談することでモヤモヤが晴れ安心に変わる場合があります。

エージェントとの面談で、転職市場やキャリアアップについて情報交換をし、その上で転職を検討してほしいのが『doda』のスタンスです。

転職の悩みは一人で抱え込まず、誰かに相談すると、解決のヒントをつかんだり、進むべき方向が見えてきたりします。

人の強みを見つけ出すことを得意とし、企業の社風や転職市場の動向からベストなマッチングを実現した実績から、頼りになる相談相手がエージェントです。

転職するとは決めておらず相談だけの方でもOKと宣言している『doda』は、今の会社で悩みを抱えている方におすすめの転職エージェントです。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

相談だけOK転職エージェント2│マイナビエージェント

マイナビエージェント

やりがいのある仕事を見つけやすいと先輩転職者から高評価の『マイナビエージェント』でも、公式サイトで転職の相談だけでもOKと宣言しています。
参照元:マイナビエージェント「転職エージェントに関するFAQ」

「転職エージェントへの登録=企業への応募必須」ではなく、まずは今後のキャリアを一緒に考えたいのが『マイナビエージェント』のスタンスです。

転職エージェントに登録したといっても、すぐにでも転職したい方がいる一方で、まずは情報収集からという方もおり、人によりスタンスが違います。

『マイナビエージェント』はこのスタンスの違いを十分に理解しており、相談だけでもOKと考えているのです。

転職が気になるが決断できない方は、情報不足が原因であるケースがほとんどです。

自分では気づきにくい強みがわかったり、他社の年収や労働条件から自分の待遇がわかったりすることで、転職の決断ができる場合があります。

そんな情報提供をプロの立場からしてくれるのが、『マイナビエージェント』のエージェントなのです。

転職すべきかどうかの相談だけでもOKと宣言している『マイナビエージェント』は、転職が気になる方へおすすめの転職エージェントです。
【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

相談だけOK転職エージェント3│リクナビNEXT

リクナビNEXT

求人数が豊富で様々なニーズにマッチすると先輩転職者から高評価の『リクナビNEXT』でも、公式サイトで相談だけの利用OKと宣言しています。
参照元:リクナビNEXT「転職Q&A」

『リクナビNEXT』の方針は、相談者の経験・スキル、希望条件を面談でヒアリングし、エージェントが最適と考えるキャリアを提案することです。

そのため相談者の状況によっては、転職するよりも現職で働き続けること提案するケースもあり、相談だけでもOKとしています。

転職のことが頭に思い浮かぶ方は、現状に不平不満を抱えていることが多く、気軽に相談できる内容ではないことから、一人で悩み視野が狭くなりがちです。

エージェントと面談すると、転職市場のことや自分の経験やスキルの市場価値がわかり、選択肢が増えることで悩み解消に向かうケースがあります。

相談者のベストキャリアを提案する方針で、相談だけでもOKと宣言している『リクナビNEXT』は、転職が気になる方におすすめの転職エージェントです。
【リクナビNEXTの評判】オファーとは?転職サイトがめんどくさい?

【転職エージェントは相談だけOK】まとめ

転職のことが気になりだした方は、大なり小なり現状の仕事や職場に悩みを抱えているケースが多いことでしょう。

悩みの内容によっては友人や知人に相談できず、一人で悩んでどんどん深みにハマっていく負のスパイラルになりかねません。

転職に関する悩みは、どんな些細なことであれ、プロである転職エージェントに相談するのが一番です。

とはいえ、相談だけでは申し訳ないと心配になりますが大丈夫、転職エージェントは相談だけでもOKと歓迎してくれます。

リクルートエージェントやこの記事で紹介した転職エージェントなら、公式サイトで相談だけOKを宣言しているので間違いありません。

まずは転職エージェントに登録し、面談で悩みを聞いてもらいましょう。エージェントからのアドバイスであなたの人生の扉が開かれるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました