【スキルなしで転職】20代・30代・40代・30代女性でも転職できる!?

スキル無しですが転職できますか? 転職

スキルなしでも転職できる?│20代の場合

スキルなしでも転職できる?│20代の場合を解説します

20代がスキルなしでも転職できる理由

今の職場にうんざりし未来に可能性を感じずない転職したい……。アピールできるスキルがなくても転職できるだろうか?

スキルは知識と実際に使った経験の相乗効果で磨かれていくもの、社会人経験が浅い20代は、一人で任せられるレベルに到達していないのが実情です。

とはいえ、20代にはスキルを気にせずに転職できるメリットがあります。その理由を3つ紹介します。

成長のポテンシャルがある

20代がスキルなしでも転職できる理由の1つ目は、成長のポテンシャルがあることです。これが20代最大の強みといっても過言ではありません。

担当している業界や職種での経験を積み重ねた30代や40代の方は、本人の能力や適性も含め、ある程度その後の伸び代が予測できます。

企業の採用担当者が履歴書や職務経歴書での書類チェック、本人と面接し職務経歴の詳細をヒアリングすると本物か否かがわかるのです。

一方、20代の場合は、本人の能力を十分に出し切っていない可能性が高く、職務内容の書類だけでは判断できません。

たとえ現職での成績がぱっとしない方でも、転職先の企業で教育しなおせば、将来は職場を牽引する人材になってくれる可能性があるのです。

20代の転職は、たとえスキルがなくても、成長のポテンシャルを感じる方であれば、内定の可能性が十分にあるといえます。

修得した知識やスキルを活かせる時間が十分にある

20代がスキルなしでも転職できる理由の2つ目は、修得した知識やスキルを活かせる時間が十分にあることです。

成長のポテンシャルである伸び代とともに、それを活かせる時間が十分にあることは、20代にしかない強みになります。

いくら詰め込んで集中的に短時間で知識やスキルをマスターしたとしても、仕事の現場で使えるレベルにはなりません。

知識が本当の意味で業務と結びつき、スキルを自分のものとして使いこなせるには、一定年数の経験が必要となるのです。

一定の年数は業界や職種により異なりますが、たとえ10年かかり30代になったとしても、定年まで20年以上も活躍する期間があります。

企業の採用担当者は、長期的視点で企業の成長に貢献してくれる人材か否かで20代を見ているのです。

即戦力としての期待が低くどの業界でもチャレンジできる

20代がスキルなしでも転職できる理由の3つ目は、即戦力としての期待が低いため、どの業界でもチャレンジできることです。

20代が習得している知識やスキルは、職場の責任者から見れば仕事を任せられるレベルまで到達していないケースがほとんどになります。

そのため、転職先では即戦力としての期待が低く、ある程度の育成期間を経て、数年後に活躍してくれることを目標にして採用活動しているのです。

つまり20代を採用する企業では、再教育を念頭に置いているため、今までの経験やスキルにとらわれることなく、人選する傾向があります。

転職先の企業で新しいスキルを習得する意欲を見せれば、20代はどの業界へもスキルなしで転職できるのです。

スキルがない20代におすすめの転職活動

20代はスキルなしでも転職できるとはいえ、事前の準備を何もせず、いきなり転職活動することはおすすめしません。

たとえ少ないとはいえ、今まで習得した知識やスキル・経験を職務経歴書にまとめ、キャリアの棚卸しをし、自分自身の現在地をチェックしましょう。

加えて20代にぜひしてほしいおすすめの転職活動を3つ紹介します。

本当は何をやりたいのか考える

スキルがない20代におすすめの転職活動の1つ目は、本当は何をやりたいのか考えることです。

本当にやりたいことがわかっていなければ、一時の感情に流されて何度も転職を繰り返すことになり、負のスパイラルにハマりかねません。

本当にやりたいことが、なかなか思いつかない方は次のことを考えてみましょう。

本当は何をやりたいかわかるヒント
  • 楽しいと感じたことを書き出してみる。
  • やってみたいと思ったことを書き出してみる。
  • やりたくないことをリストアップする。

本当にやりたいことをすぐに思いつかない方には、頭の中だけで考えず、紙に書き出すことをおすすめします。

紙へアウトプットすると頭の中が整理され、次から次へと新しいアイディアが浮かび、新たな気づきを得られやすくなるのです。

今までの人生において、仕事に関することだけに限定せず、楽しいと感じたことや、やってみたいと思ったけどあきらめていたことを書き出します。

楽しいこと・やってみたいことでも思い浮かばない方は、やりたくないことを書き出します。やりたくないことからやりたいことが見えてくるのです。

自分の強みは何かを考える

スキルがない20代におすすめの転職活動の2つ目は、自分の強みは何かを考えてみることです。

仕事で役立つスキルや知識とは別に、自分の強みを把握し活かせる業界や職種へ転職することで、仕事で感じるストレスが少なく活躍へとつながります。

自分の強みは、自分にとっては当たり前の感覚になっているため、気づいていないもしくは気づくにくいケースが多い傾向です。

友人知人からよく言われることや、よく頼まれることを整理すると、自分の強みに気づくヒントになるケースがあります。

幼い頃の特徴を両親や親戚の方に聞くと、何気なくしていた自分の得意を覚えているケースがあり、強みに気づくヒントになることでしょう。

お気軽に自分の強み分析をしたい方には、転職サイトの強み分析ツールがおすすめです。

中でも『リクナビNEXT』の「グッドポイント診断」は、有料級のツールを無料で利用できると先輩転職者から高評価を得ています。

30分でできる本格的な強み診断、利用には一切費用がかかりませんので、20代の転職希望者すべてにおすすめです。
【リクナビNEXTの評判】オファーとは?転職サイトがめんどくさい?

転職エージェントに相談する

スキルがない20代におすすめの転職活動の3つ目は、転職エージェントに相談することです。

20代は初めて転職活動する方が多く、友人や知人にも転職経験者が少ないことから、何から始めたら良いのかわからず、不安になる方が多い傾向です。

企業へ提出する応募書類の書き方、面接での受け答えなど、転職活動の各ステップで次から次へとわからないことの発生が予想されます。

転職エージェントは、あなたに寄り添いサポートしてくれる転職のエキスパート、20代特有の悩みや不安も把握しアドバイスしてくれおすすめです。

さらに転職エージェントに相談すると、次の3つのメリットを期待できます。

転職エージェントに相談する3つのメリット
  1. 業界や職種を問わず選択肢を拡げられる。
  2. 企業側が求めている人材を詳しく把握している。
  3. 企業の文化や風土を詳しく知っている。

転職エージェントに登録すると最初にエージェントとの面談があり、今までの経験などをヒアリングしあなたの強みを分析してくれます。

転職市場を熟知しているエージェントは、強みを活かせる業界や職種を知っており、現職にこだわらず幅広い業界や職種の求人を紹介してくれるのです。

エージェントは企業の採用担当者とのコミュニケーションを密にし、求めている人材や企業風土も熟知、あなたとのマッチングも検討してくれます。

20代が初めての転職で満足度の高い企業とマッチングするには、転職エージェントへの相談は有効でおすすめな転職活動といえるのです。
【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

スキルなしでも転職できる?│30代の場合

スキルなしでも転職できる?│30代の場合を紹介します

30代がスキルなしでも転職できる理由

30代の転職では、求人募集している企業側は、即戦力として活躍してくれる人材を期待するケースが多い傾向です。

そのため、入社後のポテンシャルを重視する20代とは異なり、30代はスキルがない業界や職種への転職は厳しいと一般的には言われています。

とはいえ、スキルなしでも転職を実現している30代がいるのも事実です。30代がスキルなしでも転職できた理由を3つ紹介します。

強みとなるセールスポイントを活かす

30代がスキルなしでも転職できる理由の1つ目は、たとえスキルがなくとも強みとなるセールスポイントを活かせることです。

今まで事務職だった30代が、物怖じしせず初対面の人とも気軽に話せる強みを活かせば、スキルがなくとも営業職として転職できる可能性があります。

今まで製造職だった30代が、几帳面で小さな変化にも気付ける強みを活かせば、スキルがなくとも品質管理職として転職できる可能性があります。

自分の強みとなるセールスポイントを活かして転職活動すれば、スキルがない業界や職種でも活躍できると判断されて転職できるのです。

経験を踏まえた対応力を活かす

30代がスキルなしでも転職できる理由の2つ目は、経験を踏まえた対応力を活かせることです。

30代は20代と比較すると経験が豊富であるという強みがあります。

ビジネスには、決められた予測通りに進まないことも多くあり、その都度、状況に応じて最適を選択する対応力が求められます。

分野を問わず多くを経験していれば、さまざまな状況で対応できる下地ができており、リスクを最小限にして回避できるのです。

たとえば営業職として顧客のクレームに対応した経験があれば、企画職として部署間における利害関係の調整でも経験を活かせることでしょう。

30代は経験してきたことを抽象化し、さまざまな業界や職種で活かせる対応力を示すことで、スキルがなくても転職が可能になるのです。

就労条件を緩和する

30代がスキルなしでも転職できる理由の3つ目は、就労条件を緩和できることです。

社会人経験を積み重ね、業界や職種における職場環境や労働条件を知り尽くした30代は、20代より就労条件を緩和できるケースが多い傾向です。

会社のことを何もわかっていない20代の頃には厳しくしていた条件を、現実を知っている30代では緩和できる可能性があるのです。

たとえば、残業は絶対にNGと思っていた方でも、社会人生活に慣れると1〜2時間程度であればプライベートにさほど影響ないと感じるかもしれません。

交代勤務は避けたいと思っていた方でも、実際に経験した人の話を聞くことで、手当をもらえることや平日に休めることをメリットに感じることでしょう。

実態を正しく把握し就労条件を緩和できる30代は、応募できる求人の選択肢が広がり、スキルがなくても転職できる可能性が高まるのです。

スキルなし30代が転職する場合の注意点

30代を募集している企業は、一般的には即戦力となる人材を求めており、担当業務でのスキルや経験は必須となるケースが多い傾向です。

そのため、30代がスキルなしで転職する場合には、募集内容のチェックや想定されるケースに対しての確認が必要となります。

スキルなしの30代が転職する場合の注意点を4つ紹介します。

年収が下がるキケンがある

スキルなしの30代が転職する場合の注意点1つ目は、年収が下がるキケンがあることです。

企業が30代に求めているのは、積み重ねてきた経験やスキルを活かし、職場の中心的な役割で活躍してくれることです。

もしスキルが無ければ、30代の期待にマッチしない可能性が高く、30代相当の給与がもらえない、つまり年収が下がってしまう可能性があります。

お金の問題にはあまり触れたくないと感じ、仕事内容の確認を優先し、お金の問題を後回しにする方がいますので注意が必要です。

転職活動の後半、ましてや転職後に気づいて後悔しないため、スキル無しで転職する30代は早めに応募企業での年収確認をおすすめします。

ブラック企業に応募するキケンがある

スキルなしの30代が転職する場合の注意点2つ目は、ブラック企業に応募するキケンがあることです。

ブラック企業では、仕事のつらさや劣悪な職場環境に絶えきれない社員が次々と辞めていくため、常に人手不足の状態にあります。

そのため、スキルや経験よりも真面目に働く意欲があれば採用するケースが多々あり、これにスキル無しの30代が応募してしまうキケンがあるのです。

給与がそこそこ良く、経験不問であればスキル無しの30代が飛びつくのはやむを得ませんが、応募前に企業調査を十分にする必要があります。

転職市場の相場から考えて明らかに条件が良すぎる場合や、応募や入社の日程を急がせすぎる求人は要注意と考え、慎重に検討した方が良いでしょう。

上司が年下になるケースがある

スキルなしの30代が転職する場合の注意点3つ目は、上司が年下になるケースが多くなることです。

体育会系出身者で年齢による先輩後輩の習慣になれ、年下から命令され使われることが精神的に許せない方は注意が必要です。

年功序列が崩壊した昨今の会社において、そもそも転職しなくとも、年下や入社した年度が後の社員が自分の上司になる可能性は十分にあります。

30代のスキル無しで転職すると、同年齢の30代よりも格下ランクからのスタートになり、転職前の会社よりも上司が年下になる確率が高まるのです。

とはいえ、年下が上司になる会社は実力主義が徹底しているということ、転職後にあなたが実力をつければ逆転の可能性が十分あるといえるでしょう。

スキルなしの30代での転職には、一時的な屈辱を我慢できる忍耐力が必要です。

社風になじめないケースがある

スキルなしの30代が転職する場合の注意点4つ目は、社風になじめないケースが、わずかながらあることです。

新卒で入社し10年近く過ごした会社の社風は、良かれ悪しかれあなたの会社に対するイメージのスタンダードになっています。

商談や営業活動などで他社へ訪問した経験がある方でも、自分が勤務している会社の社風に馴染みスタンダードになっていることに間違いありません。

加えて人間は変化を恐れる傾向があるため、転職先の企業の社風が前職とあまりにも違うと、変化に対応できず馴染めないケースがあるのです。

特にスキルなしの30代は、業務を覚えるのが大変で心に余裕がなく、社風の違いによるストレスにうまく対応できず、状態が長引くケースもあります。

会社見学や面接で会社を訪問した時に、社風に馴染めないほどの違和感を感じたら、たとえ内定が出た後でも考え直した方が良いかもしれません。

スキルがない30代におすすめの転職活動

スキルがない30代でも転職は可能です。しかし、ブラック企業を排除し、優良企業から内定を得るには、転職活動で気をつけるべき点があります。

スキルを保有していない30代が、転職活動を有利にすすめる希望する会社から内定を得る
おすすめの方法を3つ紹介します。

経験してきた業界・職種から探す

スキルがない30代におすすめの転職活動1つ目は、経験してきた業界・職種から探すことです。

たとえスキルがない30代といえども、今までの経験はあることでしょう。経験も転職市場ではアピールポイントになるのです。

経験年数の長さは、業界・職種をより深く理解していることにつながり、スキルがなくとも20代よりも有利に転職活動できます。

経験者なら、既に業界・職種を理解しており、教育が短時間で済む期待があることから、スキルがなくとも採用に前向きな企業があることでしょう。

アピールできるスキルが無いなら経験してきたことをアピールする、スキルがない30代におすすめの転職活動です。

未経験OKの求人から探す

スキルがない30代におすすめの転職活動2つ目は、未経験OKの求人から探すことです。

未経験OKの企業は転職サイトのこだわり条件から、職種未経験歓迎・業種未経験歓迎(dodaの場合)をチェックすると検索できます。

未経験OKを募集条件にしている企業は、即戦力社員ではなく一定期間の教育が必要な社員を前提としているため、スキルなしでもハンディになりません。

人材獲得競争が激しく経験者をなかなか確保できない業界、ニッチな職種でスキル保有者の数がそもそも少ないなどが未経験OK募集の背景にあります。

一般的に即戦力を求められる30代は、スキル無しだと不利な転職活動になりがちです。

スキルが無いならあえて不利な求人には応募せず、スキルの要求がない未経験OKの求人を中心に転職活動することをおすすめします。

転職エージェントに相談する

スキルがない30代におすすめの転職活動3つ目は、転職エージェントに相談することです。

転職では誰もが素人です。知識・経験・ノウハウ・裏ワザなど何事もプロにはかないません。確実に成果を出したいならプロに任せるのが一番です。

その転職のプロが転職エージェント、多くの転職希望者をさまざま業界・職種へ送り込んだ実績と、採用側の事情にも精通している頼りになる存在です。

転職エージェントは、あなたが有利になる転職市場でのアピールポイントを見つけ出し、より有利な条件で企業とのマッチングを提案してくれます。

30代でスキルがないことにフォーカスするのではなく、強みを見つけて活かせる企業を豊富なデータベースから探し出してくれるのです。

転職エージェントは登録すると利用できる転職サイトのサービス、無料なのでスキルがない30代は積極的な利用をおすすめします。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

スキルなしでも転職できる?│40代の場合

スキルなしでも転職できる?│40代の場合を紹介します

40代がスキルなしでも転職できる理由

40代は社会人経験が豊富であり会社内はもちろんのこと、自らが属している業界や職種、さらには関連する業界や職種も含め熟知している世代です。

仕事で必要になるスキルのレベルは、若手に指導できるレベルまで高まっている方が多く、転職先の企業でも相当のスキルレベルを期待されます。

そのため、40代がスキルなしで転職市場へ飛び込むと、残念ながら厳しい結果になるケースが多い傾向です。

とはいえ、アピールポイントを変えることで、スキルがない40代でも転職できる方法があります。その方法と理由を2つ紹介します。

専門的ではなく抽象的なスキルをアピールする

40代がスキルなしでも転職できる理由の1つ目は、専門的ではなく抽象的なスキルをアピールすることです。

たとえ仕事で必要になる専門的なスキルを習得していない40代でも、仕事を通して身につけた抽象的なスキルがあるはずです。

抽象的なスキルの一例を紹介します。

職種抽象的なスキル
営業職・顧客対応力
・ホスピタリティ力
製造職・正確さ
・改善提案力
事務職・段取り力
・仕組み化
・業務効率化
抽象的なスキルの一例

抽象的なスキルは業界や職種が現職と異なっても役立つ可能性が高いスキル、社会人経験が豊富な40代なら高いスキルレベルをアピールできます。

専門的なスキルがないとあきらめることなく、抽象的なスキルに着目し強みとしてアピールすることで、40代スキルなしの方でも転職可能になるのです。

ポータブルスキルをアピールする

40代がスキルなしでも転職できる理由の2つ目は、ポータブルスキルをアピールすることです。

ポータブルスキルとは、「一般社団法人 人材サービス産業協議会」が提唱している、業界や職種が変わっても持ち運べるスキルのことです。

具体的には、ポータブルスキルの8要素としてまとめられています。

仕事の仕方人との関わり方
現状の把握社外対応
課題の設定社内対応
計画の立案部下マネジメント
課題の遂行
状況への対応
ポータブルスキルの8要素

ポータブルスキルの8要素は、いずれも業界・職種が変わっても共通に必要とされるスキルです。

転職後に新しい業界・職種に慣れれば、すぐにスキルの力を発揮して第一線で活躍できることでしょう。

專門スキルに自信がない40代の転職希望者は、今までの仕事で習得したポータブルスキルに着目しアピールすると転職が可能になるのです。

スキルがない40代におすすめの転職活動

一般的に40代は仕事で必要な知識やスキルのレベルは指導者クラスであり、責任者としてメンバーを目標達成に向け牽引することを期待されています。

スキルがなくとも40代が転職できる方法があるとはいえ、一般的な期待とギャップがある場合、通常の転職活動では厳しい状況になるのは確実です。

スキルがない40代が転職を実現するためにおすすめの転職活動を3つ紹介します。

自分の市場価値を把握する

スキルがない40代におすすめの転職活動の1つ目は、自分の市場価値を転職活動の初期段階で把握することです。

転職では、企業が求める人材とあなたのアピールポイントが一致した時にマッチングし内定を得られます。

いくら抽象的なスキルやポータブルスキルを強みとしてアピールしても、企業が求めている人材条件とマッチしなければ転職は実現しません。

自分自身が強みとしていることが、今の転職市場でどの程度求められているのか、自分の市場価値を把握することがとても大切になるのです。

市場価値の把握に役立つのが転職サイトのオファー機能です。

たとえば、dodaのスカウトサービスなら、あなたが登録した経歴書に興味を持った企業がオファーしてくれ、自分自身の市場価値の把握に役立ちます。

アピールすべき強みを見つけ40代でスキルなしをカバーするためにも、自分の市場価値を把握することは転職の実現にとても大切なことです。
【dodaのスカウトサービス】面接確約するプレミアムオファーとはどんなサービス?内定率は?

資格を取得してスキル不足をカバーする

スキルがない40代におすすめの転職活動の2つ目は、資格を取得してスキル不足をカバーすることです。

ある業務を遂行するため企業が求める人材は2種類、目標を達成できるスキルの保有者、そしてその業務に携われる資格の保有者です。

企業が求めるスキルレベルに到達するには時間を要し40代からでは厳しい可能性があります。

一方、資格はスキルほど取得に時間を要しないケースが多く、40代からでも十分に取得可能でスキル不足をカバーし転職活動に役立てることが可能です。

たとえば、国家資格である登録販売者を取得すれば、第一類医薬品以外は扱えることになり、薬局やドラッグストアーへの転職で有利になります。

スキルがなく転職が厳しいと感じた40代におすすめの転職活動は、転職に役立つ資格の取得から始めることです。
【40代からでも取っておきたい資格】転職に役立つ食いっぱぐれなしの資格や国家資格を紹介

転職エージェントに相談する

スキルがない40代におすすめの転職活動の3つ目は、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは転職のプロであり、最近の転職市場の動向を熟知し、業界・職種ごとに、どのような人材が求められているか把握しています。

また、転職エージェントは過去に多くの転職希望者を企業へ紹介した実績から、どのような強みが転職で有効になるかを理解しています。

このため、転職エージェントは、膨大な求人データの中から、あなたの強みを活かせる企業を見つけ出しての提案が可能なのです。

転職サイトを利用して自分で検索すると見つけられない企業でも、転職エージェントなら発見し提案してくれるのです。

転職活動でアピールするスキルが思い浮かばない40代は、登録すると無料で相談できる転職エージェントの活用をおすすめします。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

【ビズリーチの評判】転職サイトの年収と最悪の口コミ

スキルなしでも転職できる?│30代女性の場合

スキルなしでも転職できる?│30代女性の場合を紹介します

30代女性がスキルなしでも転職できる理由

30代の女性でスキルがなくても転職できている方は、資格を保有しているケースが多い傾向です。

世の中には資格を保有していないと従事できない仕事があり、スキル保有者と同じくらい企業が求めているのが資格の保有者になります。

スキルの向上には経験年数や継続性が必要となり、ライフワークの都合で仕事を中断せざるを得ない30代の女性にとって不利になりがちです。

一方、資格は一度取得すると生涯有効であるケースがほとんどであり、スキルのように中断により陳腐化する心配はありません。

スキルがない30代の女性が希望の条件で転職するためには、資格の保有をおすすめします。

30代女性におすすめの資格

30代のスキルなし女性が転職するには、資格が有効とはいえ、どんな資格でも取得さえすれば良い訳ではありません。

資格に取得には試験に合格するための勉強が必要にるため、転職市場で求められ30代女性が活躍しやすい資格を選ぶことが大事になります。

30代の女性におすすめの国家資格1つと民間資格4つを紹介します。

国家資格のおすすめ│登録販売者

30代の女性におすすめの国家資格は「登録販売者」です。

取得すると、第二類以下の医薬品を扱え、薬の専門家として医薬品の販売や薬についての情報提供、健康相談などに応じることが可能になります。

取り扱える医薬品は限定されますが、第一類医薬品は全体の1%ほどしかないため、登録販売者はほぼ全ての一般医薬品を扱えるのです。

セルフメディケーション意識の高まりにより、コンビニ・スーパー・家電量販店など幅広い業種が医薬品販売に参入し「登録販売者」は不足ぎみです。

「登録販売者」は、たとえスキルがなく経験がない30代女性でも、好条件で転職できる可能性が高まるおすすめの国家資格といえます。

民間資格のおすすめ1│調剤薬局事務

30代の女性におすすめの民間資格の1つ目は、「調剤薬局事務」です。医療事務とは異なり薬に関することのみに限定した民間資格になります。

「調剤薬局事務」の勤務先は薬局となり、受付業務・会計業務・レセプト業務・薬剤師の補助などが主な仕事です。

「調剤薬局事務」は、体力を使う仕事ではないため、子育て中の女性や家庭と仕事の両立をしたい女性に人気の職業となっています。

誰にでも受験資格があり、医療事務よりも覚えることが少なく、育児や家事で忙しく勉強の時間を確保しにくい女性でも対応可能なこともに人気の背景です。

スキルがなくても資格を保有していることで薬局への転職が可能になる「調剤薬局事務」は、30代女性におすすめの民間資格といえます。

民間資格のおすすめ2│医療事務

30代の女性におすすめの民間資格の2つ目は、「医療事務」です。

「医療事務」の勤務先は病院または薬局となり、受付業務・会計業務・クラーク業務・レセプト業務などが主な仕事になります。

調剤薬局事務と同様に、体力を使う仕事ではないため、「医療事務」も子育て中の女性や家庭と仕事の両立をしたい女性に人気の職業となっています。

病気になった患者に寄り添い、医師や看護師とのつなぎ役を務めることもある「医療事務」は、女性に向いている職種といえるでしょう。

受験資格は誰にでもあり、インターネットや自宅での受験も可能など、小さなお子さんを子育て中の女性でも受験しやすくなっています。

スキルのない30代女性の転職を有利にしてくれる「医療事務」は、おすすめの民間資格です。

民間資格のおすすめ3│FP(ファイナンシャルプランナー)

30代の女性におすすめの民間資格の3つ目は、「FP(ファイナンシャルプランナー)」です。

こちらはやや難易度が高く、税制などの変化に対応するため2年毎の更新が必要な資格となります。

人生100年時代を迎え、ライフプランとお金のプランニングとの重要性がますます高まる中、銀行・保険会社・証券会社などからのニーズがあります。

金融資産・保険・税・不動産・相続・事業承継などお金の相談に応じ、解決方法をアドバイスするFPは、やりがいを感じられる女性に人気の資格です。

FPのを受験するには、事前に研修を修了する必要があるなど、他の民間資格と比較するとハードルが高い傾向です。

とはいえ、FP資格保有者は金融に関する知識保有者と認定され、転職で有利になることは間違いなく、給与も高い傾向です。

30代でスキルがなく金融関係に興味がある女性は、有利に転職できるFP(ファイナンシャルプランナー)の取得をおすすめします。

民間資格のおすすめ4│MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

30代の女性におすすめの民間資格の4つ目は、MOS(マイクロオフィススペシャリスト)です。

MOSは、マイクロソフトが実施・認定する世界共通の民間資格であり、取得すると、マイクロソフトのワード・エクセルなどのスキルを証明できます。

そのため事務職への転職を希望する女性におすすめの民間資格になります。

MOS資格保有者は、自身の作業効率アップに加え、同僚の作業効率アップにも貢献できるなど、職場での貢献度が高く、採用担当者の評価が高いのです。

MOSの受験資格は誰にでもあり、受験チャンスも受験会場も多いため忙しい女性でもチャレンジしやすくなっています。

ワードやエクセルを使いこなす技術は、どの業界・職種へ転職しても必要になるPCスキルです。事務職であれば転職で有利になること間違いありません。

今までの仕事でスキルを習得できず、転職できるか悩んでいる事務職を志望する30代女性には、民間資格「MOS」の取得をおすすめします。

スキルがない30代女性におすすめの転職活動

転職エージェントに相談する

スキルがない30代女性におすすめの転職活動は、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは転職のプロであり、最近の転職市場の動向を熟知し、業界・職種ごとに、どのような人材が求められているか把握しています。

また、常に企業の採用担当者とコミュニケーションをとっており、企業の社風や雰囲気、女性の働きやすさについてもリアルな情報を持っています。

あなたの強みを分析し、取得している資格もあわせて有利に転職できる業界・職種を、膨大な求人データの中から探し出してくれるのがエージェントです。

転職エージェントは無料利用でき費用の心配は一切無用、登録しない理由は見当たりません。

アピールできるスキルはないが、こだわり条件を実現し満足度の高い転職を目指す30代女性には、転職エージェントの活用をおすすめします。
【マイナビ転職の評判】転職サイトのログインと口コミと株式会社マイナビ

【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

【スキルなしで転職】まとめ

転職したいけどアピールできるスキルがない、そんな悩みを抱えている20代・30代・40代、そして30代女性でも転職できることを紹介しました。

すでに終身雇用は崩壊し、従業員も会社を選ぶ時代、つまり定年までに数回の転職が当たり前の時代になりつつあります。

スキルがないのは全てあなたに原因がある訳ではなく、スキルを修得できないが仕事をさせ続けた会社側にも原因があると言わざるを得ません。

会社側の都合のみで仕事をさせ、人材育成を考えていない会社であれば、スキルが積み上がる会社へ転職した方が良いでしょう。

スキルなしでも転職できるとはいえ、年齢を積み重ねた人ほど会社側の要求は、スキルと経験であることに間違いありません。

日々の業務が将来の転職活動へつながるスキルアップできる仕事へ、一日も早くチェンジするため、まずは転職活動の一歩を踏み出しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました