【書類選考でほぼ内定】転職で採用が決まってるは本当?通過するのは?

書類選考でほぼ内定!_決まってるのは本当? 転職

書類選考でほぼ内定は決まっているのは本当か?

書類選考でほぼ内定は決まっているのは本当か?

転職の選考は、面接する前の書類選考の段階でほぼ内定が決まってる、というウワサは本当でしょうか?

書類選考を通過した後の面接で、自分の強み・スキルや経験をアピールしようと考えている転職希望者にとって、とても気になるウワサです。

ウワサの真相はケースバイケースで、本当でもあり間違いでもありますが、書類選考だけで内定をもらった方がいるのは事実です。

書類選考でほぼ内定が決まるケース、書類選考だけではネイ亭を決めないケースそれぞれについて詳しく解説します。

書類選考でほぼ内定を決めるケースとは?

信じがたく、人によっては信じたくないかもしれませんが、採用する企業の事情により書類選考のみで内定を決めるケースがあります。

大学や高校の入学試験とは異なり、企業の採用試験は必ずしも公平性を確保する必要はありません。企業の都合が優先されるのは良くあることなのです。

企業が書類選考のみでほぼ内定を決めるのは次の7つケースです。

企業が書類選考のみでほぼ内定を決めるケース
  1. 人手不足で現場からの強い人員補強の要望がある
  2. 前任者の退職日が決まっており引き継ぎで時間的に余裕がない
  3. 他の応募者と比較し極めて優秀で早く確保したい
  4. 厳しい採用条件を全て満たしている
  5. 公認会計士など難易度の高い資格を保有している
  6. AIエンジニアなど保有者が少ないスキルを修得している
  7. 採用決裁者などからの紹介や推薦がある

人で不足や前任者の退職都合は、まさしく会社側の都合、切羽詰まった状態でスピード優先になり、書類選考だけで判断している状態です。

こんな状態で転職すると職場でミスマッチのキケンがあり、転職者としては本当に自分とマッチする職場なのか確認する必要があります。

極めて優秀な人材や厳しい条件をクリアした人材を、他社に獲得される前に自社で確保しておきたい場合も、早々に内定を決める理由です。

このケースでは転職者に有利な状況のため、第一希望の転職先であれば、面倒な面接対策しなくて済みラッキーと言えるでしょう。

採用決裁者から紹介や推薦がある応募者は、入社する前提で話が進んでいるケース、あえて面接する必要がないため書類選考だけで内定となります。

書類選考だけでは内定を決めないケースとは?

応募書類の選考だけでは内定を決めず、採用担当者および職場責任者が面接して決める、一般的にはこちらが多い傾向です。理由は次の3つになります。

企業が書類選考だけでは内定を決めないケース
  1. 応募書類から読み取れる経験やスキルには限界がある
  2. 本人の人柄や社風との相性は書類からの判断が難しい
  3. お互いのミスマッチを避けるため対面で確認したい

転職エージェントなどからアドバイスを受けた履歴書や職務経歴書などの応募書類は、本人の実力以上の仕上がりになっているケースもあります。

テクニックで盛った実力は面談すればわかります。逆のケースもあり、面接により書面ではわからなかった本人の実力に気づくこともあるのです。

応募者の人柄が社風とマッチするかは書面ではわからず、応募者にとっても求人票からは社風や上司となる方の人柄はわかりません。

面談には企業側と応募者のミスマッチを避ける役割もあり、多くの企業では書類選考に加え面接も実施しているのです。

書類選考で採用担当者が内定を決めるポイント

書類選考で採用担当者が内定を決めるポイントを解説します

企業ではケースバイケースで書類選考だけで内定を決めたり、面接の結果の含めて決めたりするとはいえ、書類選考が第一関門であることは事実です。

転職を希望する会社の書類選考を通過しなければ、入社のチャンスが得られません。

企業の採用ではなぜ書類選考があるのか、その中でどこを重視しているのか、について紹介します。

なぜ書類選考があるのか?採用担当者の本音とは?

そもそも応募者の実力は面接しないとわからないもの、人柄や社風とのマッチング確認にも面接するのが一番であり、むしろ書類選考は不要とも言えます。

そんな中、なぜ転職者の中途採用には書類選考があるのか?人事の本音を知ることは転職活動を進める上で大切です。

エン・ミドルの転職が実施した「中途採用を実施した企業265社へのアンケート」から紹介します。

採用で書類選考する目的
  • 全く対象外の応募者を外すため:41%
  • 採用できそうな人しか面接しないため:29%

また、書類選考に加え面接も実施している理由は次の通りです。

企業が面接も実施している理由
  • 面接してみないとわからないことが多いため
  • 書類からはマネージメント能力が測れないため

つまり一般的には面接を重視したいがために書類選考があり、応募書類は全くの対象外をはずす手段、内定の判断は面接でしている実態がわかります。

転職希望者は、応募企業での書類の位置づけを十分認識し、書類作成する必要があります。

書類選考で採用担当者が重視していることとは?

面接へ進むための大事な書類選考で、採用担当者はどのような項目を重視して優劣を決めているのでしょうか?

採用担当者が応募書類で着目している点は、主に次の4項目です。

採用担当者が応募書類で着目している点
  1. 経験やスキルおよび実績
  2. 自己PRでの人柄や強み
  3. 志望動機が前向きか
  4. 書類の書き方や誤字脱字の有無

まず確認するのは、今回の募集で求めている条件(経験・スキル)とのマッチング、前職での実績があれば、より好印象になります。

社風や求めている人物像とマッチしているかは、自己PRに記載されている本人の人柄や強みを参考に判断しています。

志望動機が前向きであることは当然であり、少しでもネガテイブなことを記載している応募者は面接に進めないのは言うまでもありません。

応募書類の書き方がおかしい、文章がわかりにくい、誤字脱字があるなどは、社会人としての資質が疑われるため書類選考落ちの対象となります。

転職の書類選考で人事が重視していることは何も特別なことではなく、当たり前のことを当たり前にできているかをチェックしているのです。

書類選考の通過はどの程度?高めるコツはある?

書類選考の通過はどの程度?高めるコツはある?について解説します

書類選考の通過率はどの程度なのか?

企業は面接重視ということは、多くの書類を通すはず、そんな中でも書類選考がなかなか通らないのはかなりヤバいのか?

転職希望者の中には、書類選考がなかなか通らず悩んでいる方もいます。

ほとんどの人は書類審査を通過通しているのは本当なのか?転職成功者のデータを確認し、実態を正確に把握することが大切です。

マイナビ転職の調査によると、内定を得るまでに応募した企業数は平均で8.4社、年齢別では次の通りです。

年齢内定を得るまでに応募した企業数
〜19歳4.1社
20〜25歳6.3社
26〜30歳7.1社
31〜35歳8.2社
36〜40歳8.7社
41〜45歳10.1社
46〜50歳12.1社
51〜55歳14.5社
56〜60歳14.5社
61歳以上15.2社
内定を得るまでに応募した企業数(年齢別)

年齢が上がるにつれて内定を得るまでの応募企業数が増えていることがわかります。

企業は面接重視とはいえ、書類選考が通らないのは誰もが経験していること、数社NGでも落ち込む必要はありません。

内定までの各選考ステップにおける通過率は次の通りです。

選考フェーズステップ別通過率全応募者の通過率
書類選考30%30%
一次面接30%9%
最終面接50%4.5%
各選考ステップにおける通過率

データによると書類選考の通過率は30%、7割の応募者は書類選考を通過していないが実態です。

改めて数社くらい書類が通らないからと言って落ち込む必要はありません。

書類選考の通過率を高めるコツとは?

応募企業での選考において、あなたの魅力や実力を理解してもらう面接まで進むには、書類選考をなんとしても通過しなければなりません。

書類選考の通過率を高めるコツは次の4つです。

書類選考の通過率を高めるコツ
  1. 今までの経験やスキルにあった企業を選ぶ
  2. 書類には求人票で重視しているキーワードを記載する
  3. 経歴は応募職種とマッチしたものから記載する
  4. 読みやすく簡潔な文章を心がける

中途採用では、未経験者OKを除き即戦力となる人材を求めており、今までの経験やスキルを活かせる企業を選ぶと通過率アップにつながる傾向です。

求人票を読み込むと、この募集で重視しているキーワードがわかります。キーワードを記載すると求めている人材を理解しているアピールになります。

採用担当者は多くの書類を読む必要があり、隅から隅までは読まないケースがほとんど、そのため大切なことは先に書くよう心がけます。

長文や読みにくい文章は、その先を読んでもらえない可能性が高くなります。読みやすく簡潔な文章は、書類選考の通過率を上げるために必須です。

転職の書類選考でほぼ内定を得るおすすめの方法

転職の書類選考でほぼ内定を得るおすすめの方法を紹介します

企業は中途採用で面接を重視するとは言え、書類選考の通過率は30%、希望の企業へ転職するため書類作成を侮る訳にはいきません。

とは言え、自分が書いた文章の良し悪しは判断しにくいもの、採用担当者に響く書類作成には、プロである転職エージェントの力を借りるのが一番です。

書類選考を突破するためにおすすめの転職エージェントを紹介します。

充実した転職サポートあり│リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、無料で登録すると応募書類の添削や面接対策に加え、独自に分析した業界・企業情報を提供し転職活動をサポートしてくれます。

エージェントは各業界に精通しており、非公開を含め豊富な求人情報の中から希望条件やスキル・経験にマッチした企業を紹介してくれるのです。

転職支援の実績はNo.1であり、その実力は転職に成功した先輩利用者が証明しています。

充実した転職サポートがあり、実績豊富なエージェントが提出書類を添削してくれる『リクルートエージェント』は、おすすめの転職エージェントです。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

書類添削と面接対策あり│doda

doda

dodaには、登録すると無料で利用できる「エージェントサービス」があり、応募書類の添削や面接対策のアドバイスを受けられます。

加えて、ヒアリングによる強み分析や、希望の条件にあった求人紹介など転職活動の全てのシーンでサポートしてもらえるのがエージェントサービスです。

さらに、「転職ノウハウ」には履歴書・職務経歴書の書き方や事例が豊富にあり、書類作成の不安を解消してくれます。

書類作成に関するコンテンツが豊富にあり、添削もしてくれる『doda』は、おすすめの転職サイトです。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

転職成功ノウハウが豊富│リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTでは、「転職ガイド」で、転職の準備から内定獲得・現職を退職する方法まで詳しく紹介されています。

応募書類に関しては、「職務経歴書・履歴書を用意する」で書き方やノウハウに加え、豊富な事例も紹介されており参考になること間違いありません。

さらにリクナビNEXTには、登録すると無料で利用できる有料級の自己分析ツールがあり、自分ではなかなか気づきにくい強み発見に役立ちます。

転職活動で書類選考を突破するために役立つノウハウとコンテンツが豊富な「リクナビNEXT」は、おすすめの転職サイトです。
【リクナビNEXTの評判】オファーとは?転職サイトがめんどくさい?

WEB添削サービスあり│マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職では、「転職成功ガイド」で、転職活動の準備から転職先での行動の注意点までの転職活動全般について詳細に紹介しています。

応募書類の作成は、効果的な応募書類の作り方として、書き方・例文も含め豊富なコンテンツで紹介しており、先輩転職者から好評です。

書類の添削を希望する方には、WEB履歴書添削サービスが有り、採用担当者の視点で具体的な改善点をアドバイスしてくれます。

応募書類作成に役立つ豊富なコンテンツとWEB添削サービスがある『マイナビ転職』は、おすすめの転職サイトです。
【マイナビ転職の評判】転職サイトのログインと口コミと株式会社マイナビ

使えるネタやヒントあり│エン転職

エン転職の企業概要を紹介します

エン転職では、「転職大辞典」で、応募書類の書き方・伝え方を豊富なコンテンツで紹介しています。

採用担当者が会いたくなる書き方、応募者の状況に合わせた記載方法、NGポイントなど応募書類のツボを押さえた紹介をしています。

特に、履歴書・職務経歴書に使えるネタや自己PRのヒントは、何を書いたら良いか迷っている方の参考になること間違いありません。

採用担当者の視点で応募書類の作成方法を紹介している『エン転職』は、おすすめの転職サイトです。
【エン転職の評判】転職サイトのエンジャパンの口コミがやばい?

【書類選考でほぼ内定】まとめ

転職は書類選考でほぼ内定が決まるケースと、書類はあくまで一次審査と位置付け、面接で内定者を決定するケースの両方があります。

入社後のミスマッチを防ぐため、人柄やスキルを直接確認できる面接を重視する企業が多く、書類選考後の面接で内定が決まるケースがほとんどです。

とはいえ、企業側が優秀な人材を逃したくない時は、書類審査のみで内定を決めるため、書類選考で内定が決まるとウワサされる訳です。

いずれにしろ転職活動において応募書類が重要なことに間違いありません。

書類は作成した自分では改善点が気づきにくいもの、より良い応募書類にするためには第三者の目線が必要です。

転職エージェントを活用すると第三者目線で書類を添削してくれ、面接対策まで無料で対応してくれます。

便利なものは上手く活用して、希望の転職先で内定をつかみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました