【営業を辞めたい】ストレスを感じる理由と30代のタイミング

営業を辞めたい なぜ感じるその時どうする 転職

営業を辞めたいにつながるストレスとは?

営業を辞めたいにつながるストレスとは?について紹介します

「もう営業を辞めたい……。」いつも元気に働いていた営業社員が、ある日をきっかけに辞めたいと思い始める背景にはストレスが存在しています。

日々気づかぬうちに貯まっていくストレスにはその様なものがあるのか、事前に理解し客観的に自分を見られれば限界に達して壊れる前に対処可能です。

営業社員が日々の業務で感じている、営業を辞めたいにつながるストレスを3つ紹介します。

交渉や駆け引きでは利害が激しく衝突する

営業を辞めたいにつながるストレスの1つ目は、顧客との交渉や駆け引きでお互いの利害が激しく衝突、しかし表情や態度に出せない苛立ちです。

顧客との価格や数量の交渉ではお互いに腹の探り合い、営業社員側はできるだけ高く多く売りたい、顧客は数量を絞って安く買い叩きたいのが本音です。

お互いに真逆の成果を得たい交渉は利害が激しく衝突、顧客の無謀な要求に苛立っても表情や態度に出せない営業社員のストレスはピークに達します。

交渉は買い手が有利になるケースが多く、売り手の営業社員は下手に出る必要があり、買い手の態度が大きければ感じるストレスが大きくなるのです。

日々の業務で繰り返される交渉や駆け引きによるストレスは、積もり積もって営業を辞めたい感情へとつながるのです。

スケジュールに縛られて仕事をしている

営業を辞めたいにつながるストレスの2つ目は、自分の都合より顧客優先のスケジュールに縛られた仕事で、拘束感を強く感じ自由度がないと嘆くことです。

例えば事務職の社員であれば、指示された業務は期限内に仕上げればよく、完成までのスケジュールは自分の都合で決定できます。

営業社員の場合、打合せなどのスケジュールはあくまでも顧客優先、自分の都合が良い時ではなく顧客の都合で決めざるを得ないケースがほとんどです。

そのため、午前中は暇だったのに、午後からは分刻みのスケジュールで休憩する時間もないほど忙しくなることが、営業社員には良くあります。

裁量があるようで実はなく、スケジュールに自由度がなく仕事に拘束されている感じが強くなると、ストレスにつながるのです。

社外でも社内でも頭を下げてお願いしている

営業を辞めたいにつながるストレスの3つ目は、社外に加え社内でも頭を下げてお願いせざるを得ないケースが多く、なぜ自分がという疑問を抱くことです。

商談で顧客へ契約をお願いするとき、営業社員として必ずしも全てのケースで納得して頭を下げる訳ではありません。

どうしても相性が合わない、上から目線で態度が大きい顧客に対しても頭を下げざるを得ないとき、強烈なストレスを感じてしまいます。

好条件での契約に成功し、大量受注しても喜んでばかりはいられず、製造部門に頭を下げて対応してもらう必要があり、なぜ自分が?と感じるのです。

社外でも社内でも会社のために頭を下げてお願いする自分の姿がイヤになり理不尽さを感じると、営業を辞めたいストレスへ発展してしまいます。

常に人と関わる営業職に強いストレスを感じる方は、限界に達する前に1人でできる仕事を知りましょう。きっといざというときに役立ちます。
【20代で人と関わらない仕事】ストレスが少ない1人でできる仕事で正社員

営業を辞めたいと思い始める理由

営業を辞めたいと思い始める理由を紹介します

営業の仕事そのものが合わない

営業を辞めたいと思い始める理由には、日々営業活動する中で、営業の仕事そのものが合わないと感じることが原因となるケースがあります。

誰もが希望を持って始めた営業の仕事、どんなことがきっかけとなり、自分には営業の仕事が合わないと感じてしまうのでしょうか?

営業社員が、自分には営業が合わないと悩んでしまう代表例を3つ紹介します。

ノルマが辛くプレッシャーで息が詰まる

営業の仕事そのものが合わないと感じる原因の1つ目は、営業ノルマを辛く感じてしまい、プレッシャーで息が詰まりそうになることです。

営業活動は経営数値に直結するため、営業社員一人一人には毎月達成すべき金額ノルマが課せられ、さらに週単位でもノルマを課せられる職場もあります。

営業社員はノルマ達成に向け、顧客ごとに売上目標を決めたり新規顧客の獲得件数を決めたりし、日々の業務を邁進しているのです。

厳しいノルマのクリアにやりがいを感じ、前向きに仕事する営業社員がいる一方で、ノルマにプレッシャーを感じ息が詰まるほど悩む営業社員もいます。

目の前に高い壁が現れたときどのように感じるか、チャレンジよりもプレッシャーを感じることに気づいた営業社員が自分には合わないと悩むのです。

断られ続けると自己嫌悪に陥ってしまう

営業の仕事そのものが合わないと感じる原因の2つ目は、新規顧客に商談をお願いし、断られ続けると自己嫌悪に陥ってしまいイヤになることです。

営業目標は右肩上がりで増えていくもの、毎年成長し続ける事業計画では、営業目標が毎月上がっていくのは仕方がないことになります。

この上がり続ける営業目標をクリアするには、従来顧客の継続に加え新規に顧客を獲得する必要があり、これが営業社員が悩む引き金となるのです。

新規顧客には当然ながら今取引しているライバル企業がおり、簡単に契約できないばかりか話すら聞いてもらえないケースが少なくありません。

魅力的なプレゼンでライバル企業に勝とうと思っても、チャンスすらもらえず断られ続けると、自分が拒否されていると感じ自己嫌悪に陥ってしまいます。

断られることが増え自己嫌悪感が強くなってしまった営業社員は、自分には営業の仕事が合わないと悩んでしまうのです。

顧客を前にすると緊張し上手く話せない

営業の仕事そのものが合わないと感じる原因の3つ目は、顧客を前にすると緊張して上手く話せない自分に気づき、先輩社員との差に悩むことです。

初めは慣れていないからと思っていた顧客を前にしたときの緊張が、営業経験を積み重ねてもリラックスできず、解消できない方がいます。

上手く説明しようとするプレッシャーから緊張してしまい、スタートでつまずくことで更に焦ってしまい、悪循環に陥るパターンです。

一生懸命に説明しようとする姿勢が顧客に伝わり、逆に好感を持たれるケースが多いですが、何度練習しても上手く説明できない本人の悩みは深刻です。

プレゼン結果の営業成績ではなく、上手くできないプレゼン内容に焦点を当てがちになり、自分には営業の仕事が合わないと考え込んでしまいます。

担当商品や営業方法が合わない

営業を辞めたいと思い始める理由には、営業の仕事そのものではなく、担当している商品や職場での営業方法が合わず原因となるケースがあります。

売るべき商品は初めからわかっていたはず、担当して商品の裏側や営業方法の詳細を知り、自分が思っていたこととのギャップが悩みになるのです。

担当商品や営業方法が合わないことが原因で、営業を辞めたいと感じてしまう事例を3つ紹介します。

担当商品を勧めると罪悪感を感じる

担当商品が合わず営業を辞めたいと考えるのは、自分自身が担当商品を良いとは思えず、顧客に勧めるたびに罪悪感を感じてしまうケースです。

誰もが企業の看板商品を担当できる訳ではなく、冷静に分析すると他社の方が、性能・品質・コストともに優れている商品を担当する場合もあります。

あえて自社製品の劣っている点には触れず、顧客にとってはあまり重要ではないポイントをプレゼンしている自分がイヤになることがあるのです。

顧客にとっては他社製品の方が良いと分かっているからこそ、プレゼンを信じ契約してくれた顧客に対し、罪悪感を感じてしまうケースがあります。

商品が優れているケースでも、他の商品よりも利益率が高いことに違和感を感じつつ勧めると、罪悪感につながる場合があります。

自分の考えと違う行動を取り続けることで、罪悪感につながり、営業を辞めたいと思い始めるきっかけとなってしまうのです。

歩合給のため収入が安定しない

営業方法が合わず営業を辞めたいと考えるのは、成績に応じた歩合給のため収入が安定しないケース、単身者より既婚者に多い悩みです。

歩合制は成約件数が多いほど給与が上がり、やる気アップにつながる制度です。

とはいえ、頑張っただけ確実に成績が上がらないときもあるのが営業活動の難しいところ、安定しない給与では生活設計ができません。

靴がすり減るほどかんばった自分より、サボっているように見える同僚の方が、営業成績が良く給与額が高いケースがあり、やりきれない気持ちになります。

成績アップで給与額が上がる歩合制の魅力よりも、収入が安定しない欠点に注目しだした営業社員は、辞めたいと思い始めるきっかけとなるのです。

外回りが多く体力的にきつく持たない

営業方法が合わず営業を辞めたいと考えるもう一つの理由は、外回りが多い営業スタイルのため、体力的にきつく疲れが抜けないと感じることです。

20代や30代を中心にワークライフバランスを重視する傾向が高まっており、平日の仕事疲れを土日で回復するライフスタイルは好まれません。

土日は趣味や副業など仕事とは別のことをエンジョイしたく、平日の疲れが抜けない影響で家でぐったりする状況は受け入れがたいのです。

顧客データや市場分析などに基づいた営業スタイルではなく、とりあえず顧客周りをする営業方法が合わなければ、体力的にきついことがつらくなります。

不平不満を持ちながらの外回りは、体力的な疲労に精神的な疲労も加わり、疲れが抜けず土日にまで影響し、辞めたいと思い始めるきっかけとなるのです。

営業の職場環境に合わない

営業を辞めたいと思い始める理由には、営業の仕事内容ではなく、営業部署の環境やしきたりが合わず、辞めたい原因になるケースがあります。

営業活動中は、前向きな気持ちでモチベーション高く仕事をしていますが、職場に帰ると急にやる気を削がれてイヤになり、悩みへと発展してしまうのです。

営業の職場環境に合わないことが原因で、営業を辞めたいと感じてしまう事例を3つ紹介します。

残業が多く目標未達だと帰りにくい

営業の職場環境に合わないと感じる理由の1つ目は、残業時間が他部署と比較して多く、自分の仕事が終わっても目標未達だと帰りにくいことです。

経理や総務など他の事務系職場はほとんど定時で退社している中、営業部門は夜遅くまで残業しているケースが少なくありません。

残務があり期限まで余裕がなければ残業は仕方がありません。しかし、仕事がなくても今月のノルマが未達の営業社員は、周りの空気で帰りにくいのです。

ノルマは月末までに達成すれば良く、途中経過は問われないはず、にもかかわらず進捗が悪いと帰宅させない空気の職場には嫌気が差してしまいます。

営業成績が良く月末までにはしっかりとノルマを達成している方でさえも、帰宅させない空気の職場は、辞めたいと思い始めるきっかけになるのです。

先輩後輩や上下関係が厳しすぎる

営業の職場環境に合わないと感じる理由の2つ目は、職場での入社年や年齢による先輩後輩や、役職による上下関係が厳しすぎることです。

年功序列が崩壊し、入社した時から実力主義に慣れている20代や30代は、いわゆる体育会系の関係に強烈な違和感を感じている方が少なくありません。

また、フラットな組織が主流になる中、いわゆる昭和的な役職による厳しい上下関係も毛嫌いする傾向が20代や30代にはあります。

営業職は顧客との人間関係が重視されることから、未だに先輩後輩や役職による上下関係が残っている職場があるのは事実です。

しかしながら時代は変化しており、実力を伴わない上下関係は意味をなさなくなっています。むしろ有能な若手ほど辞めたい原因になるリスクがあります。

ノルマ必達でイラ立ち雰囲気が悪い

営業の職場環境に合わないと感じる理由の3つ目は、ノルマ必達のプレッシャーで職場がイラ立ち雰囲気が悪く、落ち着いて居られないことです。

営業成績は経営数字に直結するため、経営幹部からのプレッシャーが半端ありません。

そのため、ノルマ達成が厳しい見込みの月末になると、どうにか達成しろというムリな司令で職場がイラ立ち雰囲気が悪くなってしまうのです。

営業ノルマの問題は、会社全体にまつわる経営戦略の問題であり、個々の営業社員のがんばりが原因ではないケースもあります。

このような状況の中、職場の雰囲気を悪くしてしまう上司や幹部のやり方に嫌気が差し、営業の職場から出たい原因になってしまうのです。

営業を辞めるタイミングはいつが良い?

営業を辞めるタイミングはいつが良い?のか紹介します

生涯で一つの会社だけに勤務する就社の価値観と終身雇用が崩壊した労使関係において、違和感を感じる職場に勤務し続ける必要はありません。

自分の実力を思う存分発揮し、ワークでもライフでも充実感に満たされるには、自分の価値観にマッチした職場への転職を検討すべきです。

とはいえ、今現在勤務している会社にお世話になったことは事実、飛ぶ鳥跡を濁さずで、できれば迷惑をかけずに辞めたいものです。

営業職が辞めるタイミングについて、会社の都合と自分の都合とを分けて紹介します。

営業を辞めるタイミング│会社の都合

会社にとって無駄な営業社員は誰一人としておらず、どんな理由で辞めるにせよ、相当のダメージがあることは自覚しておいた方が良いでしょう。

お世話になった会社へのダメージを最小限にするには、会社にとって都合の良いタイミングを知っておくと参考になります。

営業社員が一人減るリスクを最小限に抑えるため、会社都合のタイミングを3つの視点から紹介します。

繁忙期中を避けて前後で辞める

営業を辞める会社にとって良いタイミングの1つ目は、1年の中で繁忙期を避けて、その前もしくは後に辞めることです。

季節商品や顧客の需要が月により変化する商品を扱っている場合、毎年忙しくなる時期が決まっており、繁忙期を予測できるケースが多い傾向です。

ただでさえ忙しい繁忙期中に、営業社員が一人でもいなくなれば、周りのメンバーの負担が増え、状況によってはカバーできない可能性があります。

メンバーの残業時間が想定以上に増えたり、会社の売上に影響したりする可能性があり、会社にとっても職場の仲間にとっても好ましくないタイミングです。

繁忙期前の退職であれば人員補填に時間的余裕があり対処でき、後であれば通常業務なので職場メンバーでフォロできる業務量に戻り対応できます。

会社や職場に迷惑をかけずに辞めたい、期限が決まっているのなら頑張れるのなら、繁忙期中を避けて前後で辞めることをおすすめします。

退職の相談をした2ヶ月後に辞める

営業を辞める会社にとって良いタイミングの2つ目は、上司に退職の相談をした2ヶ月後に辞めることです。

2ヶ月とは引継ぎに必要な一般的な期間であり、上司が引き継ぎ相手を選定する時間や、引き継ぎ相手の忙しさなどにより調整する必要があります。

引継ぎ者と直接やり取りし営業情報や顧客情報を引継ぐ時間が十分にあれば、スムーズな担当者交代につながり辞めるダメージを抑えられるのです。

引継ぎ者も質問したり実際に業務を担当してわからないことを本人に直接確認できるので、退職宣言後の2ヶ月間はありがたい期間になります。

営業を辞めた後、職場の混乱を最小限に抑えたい方は、退職の相談後に2ヶ月ほど勤務すると会社にとって都合が良く円満退社につながるのです。

新年度が始まる前の3月末で辞める

営業を辞める会社にとって良いタイミングの3つ目は、新年度が始まる前の3月末いっぱいで辞めることです。

日本の会社のほとんどは新年度のタイミングで人事異動しており、職場での欠員は年度の途中よりも、年度切り替わりの方が対応しやすいのは事実です。

営業を辞めた方の代わりとして、同じ職場からのローテーションで対応したり、新入社員をあてたりしやすいのが新年度になります。

3月末まで勤務してから辞めれば、人事異動で変わりがスムーズに決まり会社へのダメージは最小限に抑えられるのです。

営業を辞めると決断した時期によりますが、3月末まで待てるのであれば、上司や会社に最後の恩返しになること間違いないでしょう。

営業を辞めるタイミング│自分の都合

営業を辞めるとはいえ、お世話になった会社や上司、職場のメンバーには迷惑をかけずに退職したい、責任感が強い方ほど自分を後回しにしがちです。

営業を辞めることになった原因を再度思い出し、最後は自分自身を大切にし、自分の都合で辞める選択しても良いでしょう。

辞めた後に職場が困らない引き継ぎさえすれば、合わない営業部門にいつまでも在籍し自分を痛めつけるより、自分の都合で辞めて開放される選択はありです。

精神的・肉体的限界が来る前に辞める

営業を辞めるタイミングで自分の都合を優先する場合、まず大切にしてほしいのが、精神的・肉体的な限界が来る前に辞めることです。

精神的でも肉体的でも体を壊して辞めた場合、その後の転職活動に影響が出るのは確実、生活が困窮してしまう可能性も否定できません。

いくら上司やお世話になった先輩から引き止められても、これ以上は耐え難い限界を感じたなら、壊れる前に辞めるべき、自分ファーストでOKなのです。

会社や業務の都合で引き止めた上司や先輩は、あなたの人生に何一つ責任を負ってくれない、ある意味無責任な存在なのは事実です。

自分のことは自分で守るしかなく、精神的・肉体的限界が来る前は、自分都合で辞めるギリギリのタイミングになります。

希望の転職先が決まったら辞める

営業を辞めるタイミングで自分の都合を優先する場合、2番目の候補は希望の転職先が決まったら退職の手続きに入り辞めることです。

いくら営業を辞める決断をしたとしても、精神的または肉体的な限界に達していない限り、いきなりの退職は収入減で生活が崩壊するキケンがあります。

たとえある程度の貯蓄があったとしても、収入ゼロは精神的な苦痛になるため、転職先を決めてから今の営業を辞めた方が無難です。

転職先の都合で入社日を決めたら、退職手続きに入ります。できれば2ヶ月後の退職が良く、余裕を持って引き継ぎでき円満退社につながります。

万が一、引き止めや嫌がらせされた場合は、退職手続きのプロである退職代行の活用をおすすめします。

営業を辞めたい気持ちになった職場に気を使い、空気を読む必要はありません。次の職場での活躍に向けて前向きに行動すべきです。

ボーナス支給月の翌月に辞める

営業を辞めるタイミングで自分の都合を優先する場合、3番目の候補はボーナス支給月の翌月に辞めることです。

いくら今まで一生懸命に営業活動し会社に貢献したとしても、営業を辞めると自己都合扱いの退職となり、ボーナスを支給してもらう権利がなくなります。

たとえボーナス支給日の前日まで勤務していても、自己都合での退職の場合、ボーナス支給日に在籍していなければ一切もらえないのです。

精神的や体力的に辛くすぐにでも辞めたい、次の転職先が決まっているなどの理由がなければ、ボーナスをしっかり頂いて辞めることをおすすめします。

営業を辞めた後は新しい生活が始まります。転居が必要だったり、スーツを新調したり、何かとお金が必要になるものです。

そもそもボーナス査定時期に在籍していた方は、もらう資格はあるはず、可能なら戴けるものはしっかりと戴いて営業を辞めましょう。

営業を辞めたいなら30代が分岐点

営業を辞めたいなら30代が分岐点を解説します

営業を辞めたいけど辞める勇気がない、辞める決断をしたけど家族のことを思いあと一歩踏み出せない、など営業を辞めたいが続けている方もいます。

事情はともあれ営業を辞めたいなら30代が分岐点、転職するなら年齢的にラストチャンス、40代に突入すると年齢的に厳しくなるため注意が必要です。

営業を辞めたいが辞められない30代が、本当にこのままで良いのかを考えるヒントを紹介します。

営業を辞めたいのか会社を辞めたいのか

営業を辞めたいと悩んでいる30代にまず考えてほしいのは、営業を辞めたいのか、それとも会社を辞めたいのかということです。

辞めたい本当の原因を分析せず行動すると、何の解決にもならないばかりか、同じ悩みを繰り返すことになりかねません。

今の悩みを整理するため、辞めたい原因を思いつくまま、できれば紙に書き出して整理することをおすすめします。

ずっと営業を辞めたいと思っていたが、原因は上司や先輩のパワハラかもしれません。扱う商品に愛着を持てないことが原因のケースもあります。

良い商品を顧客に勧めて喜んでもらえるのが好き、数字目標をクリアするのにやりがいを感じるなど、営業の仕事が適性に合っているかもしれません。

営業を辞めたいと感じている真の原因は、営業の仕事にあるのか、それとも会社や職場にあるのか、辞める決断前の見極めが30代には必要なのです。

営業を辞めたいならまずは社内転職

営業を辞めたいのか会社を辞めたいのかをじっくりと考え、やはり営業を辞めたいとの結論になったら、まずは社内転職、部署異動の可能性を考えます。

営業を辞める決断をした方が、まず思いつくのは転職です。しかし、30代が見知らぬ会社でゼロからスタートするにはリスクがあります。

求人募集している企業が30代の中途採用者に期待しているのは、積み上げてきた経験とスキル、即戦略として活躍してくれることです。

営業を辞めそして職種を変えて転職する場合、即戦力とはならず、内定獲得まで苦労する可能性が高くなってしまいます。

社内で職種変更が可能なら、今まで構築した人的ネットワークを活かせ、他社へ転職するより精神的に楽に新職種に取り組めます。

人的ネットワークは仕事をする上での大きな資産、営業時代の資産を活かせる社内転職なら、新職種でも早く活躍できることに間違いありません。

営業を辞めて職種を変えるなら転職エージェント

営業を辞める決断し、仮に他部署へ転籍したとしても、今の上司や職場のメンバーと顔を合わせるのが気まずいと感じ悩む方がいます。

悩んで決断できないのなら、辛いと感じる営業を続けるよりも、職種を変えるため他社への転職をおすすめします。

ただし、30代の未経験職種への転職は厳しいことが予想され、転職のプロからサポートを受けた方が有利になるのは間違いありません。

転職エージェントなら、営業での経験から他職種でも役立つ強みを共に分析してくれ、企業へアピールできるまでブラッシュアップしてくれます。

さらに、初めての転職でも不安にならないよう、応募書類の添削や面接対策もマンツーマンでしてくれ、内定獲得まで寄り添いサポートしておすすめです。

『マイナビエージェント』には、業界専任のアドバイザーに加え企業担当アドマイザーもおり、企業の風土や職場の雰囲気の情報も提供してくれます。

転職後に働いているイメージができ、自分の相性とのマッチングミスが少ないと先輩転職者から好評です。
【マイナビエージェントの評判】転職サイトの口コミや特徴を紹介

営業を続けて業界を変えるなら転職サイト

営業を辞めたい自分自身を客観的に分析した結果、営業の仕事そのものが嫌いではなく、上司との相性の悪さが原因とわかるケースがあります。

営業の仕事が嫌いでなければ継続した方が良く、経験やスキルが重視される30代の転職市場では、同じ職種を継続した方が断然に有利となります。

同じ営業職であれば、扱う商品が異なっても営業の基本に共有項が多いため、自ら求人票を見ての転職活動が可能です。

業界や職種に詳しい方は、多くの求人情報の中から自由に選択できる、転職サイトを利用しての転職活動をおすすめします。

『マイナビ転職』は、地方も含め豊富な求人数が特徴の転職サイト、企業の採用担当者から直接話を聞ける転職フェアも全国各地で開催中です。

無料登録すると利用できる適性診断も好評で、自分の強みを再確認しアピールポイントを明確にできると、多くの先輩転職者が利用しています。
【マイナビ転職の評判】転職サイトのログインと口コミと株式会社マイナビ

【営業を辞めたい】まとめ

営業を担当する社員は、社外ではもちろんのこと、社内でも常に人と接するため、さまざまなストレスにさらされやすい環境に身をおいています。

「営業を辞めたい……」ノルマ達成のため、がむしゃらに頑張りすぎて、ふとしたタイミングで辞めたい気持ちになるのはやむを得ないかもしれません。

営業を辞めたいと思ったら、まずは冷静に自己分析、仕事なのか・担当商品なのか・職場環境なのか、原因を見極めれば後の選択で過ちが少なくなります。

営業を辞め会社も辞める決断をした方にとって、次の悩みは辞めるタイミング、あくまでもこれ以上の無理はせず自分ファーストでの決断をおすすめします。

30代の営業社員は人生の分岐点に立っています。営業を辞めるにしろ続けるにしろ、自己分析を実施し、悔いなき選択をしてください。

もし誰かと相談したいなら、相談だけでもOKの転職エージェントがおすすめ、プロの視点でアドバイスをもらえるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました