【20代で人と関わらない仕事】ストレスが少ない1人でできる仕事で正社員

人と関わりたくない20代必見ストレスの少ない仕事を紹介します 転職

20代・大卒でも人と関わらない仕事がしたい!1人でできる仕事のメリット・デメリット

1人でできる仕事のメリット・デメリットを紹介します

人と関わらない仕事=社会に貢献できないは間違い!20代・大卒でも大丈夫

気の合う仲間との付き合いが中心だった学生を卒業し、社会人の人付き合いが始まる20代の大卒には、人との関わりで悩む方が多くいます。

人間関係のストレスから開放されるには人と関わらない仕事へ転職すれば良い、しかし、一歩踏み出せないのは社会貢献できないのではという思い込み。

わざわざ大学を卒業したのに、社会貢献できない仕事では意味がないと悩み、人と関わらない仕事への転職活動に自らブレーキをかけているのです。

20代は社会人経験が浅いため視野が狭い傾向があり、社会を支えている人と関わらない裏方さんの存在を知らないため勘違いしてしまうのでしょう。

20代の大卒は、表で目立っている人たちに加え、それと同数以上の人と関わらない人たちの活躍で社会が成り立っていることに気づく必要があります。

つまり、人と関わらなくても社会貢献できる仕事はたくさんあるのです。

人と関わらずに社会に貢献できる仕事はたくさんある

人と関わらない仕事は、普段の生活からは働いている姿が見えにくいため、社会貢献のイメージが少ないかもしれません。

私たちの日常を便利にし、誰もが簡単に情報へアクセスできる世界を実現しているIT業界、エンジニアなど人と関わらずにできる仕事が多くあります。

最近は子供たちの人気職業となっているYouTuberなどの動画編集、WEBライターなどのWEB記事の作成も人と関わらず一人でできる仕事です。

ネットの世界のみならず、運送業界で活躍しているドライバー、工場で活躍しているライン作業員なども人と関わらず一人で黙々とする仕事です。

古くからある仕事では、農業が人と関わらずに食料供給で社会貢献している仕事になります。

このように、人と関わらずに社会に貢献できる仕事はさまざまな業界にあり、たくさんの職種があるのです。

20代・大卒だからこそ自分に合う仕事を見つけて働こう

せっかく大学を卒業したからには社会に貢献できる仕事をしたい、20代はこんなすばらしい志で仕事を選んでいる方が多くいます。

しかし、社会人経験が浅い20代は表向きに目立つ職業を注目しやすい傾向があり、裏方で社会を支えている仕事の存在自体を知らない方も多くいます。

20代の大卒が活躍するのは社会にとっても大切なこと、そのためには、注目されている職業に就くよりも自分に合う仕事に就く方を優先させるべきです。

人にはそれぞれ個性や特性があり、自分の能力をフルに発揮することが、一番で最大の社会貢献になります。

未来の発展ため、社会を支えてほしい人材が多い20代の大卒だからこそ、自分に合う仕事を見つけて働く必要があるのです。

人と関わらない仕事のメリット1│人間関係のストレスが少ない

人と関わらない仕事に就くメリットの1つ目は、人間関係のストレスが少ないことです。

気の合う仲間同士のグループが多かった学生時代と異なり、社会人になるとどんな性格の人とも付き合う必要があります。

仕事を教えてもらう先輩や業務を指示する上司を選べず、性格的に合わない方とも仕事をする必要があるのが社会人の人間関係です。

会社での付き合いだけと割り切れる方は問題ありませんが、繊細な性格の方などはストレスに悩まされ、病気になってしまう方もいます。

病気になっては本人の能力を十分に発揮できないばかりか、不本意な人生になる可能性があり、放置できない重要な問題です。

人間関係に耐えきれないほどのストレスを感じる方は、病気になる前に人と関わらない仕事に就くことがとても大切になります。

10~20代のうつ病の割合が急増している理由

公益社団法人 日本生産性本部が実施した企業アンケートによると、10~20代の若者にうつ病つまり心の病が急増している事実があります。

30代や40代は2012年以降でほぼ横ばいなのに対し、10〜20代は年々右肩上がりで上昇し、30代・40代との差がなくなっています。

かつては責任と権限のアンバランスが生じやすい30代に多く見られた心の病が、年功序列の崩壊により優秀な20代にも襲いかかっているのです。

ましてや一人前の社会人としてまだ準備ができていない20代は、30代や40代よりも人間関係のストレスにさらされやすいと言えるでしょう。

心の病は取り返しにつかない事態につながる可能性があり、我慢して頑張ることは危険です。

うつ病になる前に人と関わる仕事から離れることが何よりも大切になります。

人と関わらない仕事のメリット2│自分のペースで仕事ができる

人と関わらない仕事に就くメリットの2つ目は、自分のペースで仕事ができることです。

人と関わる仕事では、自分のペースよりも先輩や上司など仕事の中心になっているの人のペースに合わせる必要があります。

人にはそれぞれ心地良いと感じるペースがあり、早くても遅くてもペースが違うとストレスに感じる傾向があります。

締切には十分間に合うのに早めのペースを要求されたり、焦りを感じるほど遅いペースで仕事をしたりすると、ストレスが原因で体調不要になりがちです。

人と関わらない仕事なら、約束の期限さえ守れば途中のペースは自由自在、自分の調子でペースを早めたり遅くしたりできストレスを感じません。

自分のペースで仕事ができると、ストレスが少なくなり、仕事のクオリティアップも期待できます。

人と関わらない仕事のメリット3│他者と比較・競争する機会が少ない

人と関わらない仕事に就くメリットの3つ目は、他者との比較・競争する機会が少なくなることです。

人と関わる仕事では、同僚や先輩など同じ内容やテーマで仕事をするメンバーと比較・競争させられ、優劣のランク付けをされます。

上司から見れば、比較・競争によりお互いが切磋琢磨し仕事の成果向上を期待できますが、常に競争にさらされる当事者側は強烈なストレスを感じます。

中には比較・競争でやる気スイッチが入り仕事に好影響が出る方もいますが、大なり小なりストレスを感じる方の方が多い傾向です。

同じ内容で仕事をする人がいる限り、比較・競争をゼロにはできません。しかし、人と関わらない仕事ならその機会を減らせるメリットがあるのです。

人と関わらない仕事のメリット4│終業後の時間も自由度が高い

人と関わらない仕事に就くメリットの4つ目は、仕事中に加え終業後の時間も自由度が高いことです。

人と関わった仕事では自分の仕事が終了したからと言って即終了とならないケースがあり、特に協調性を重んじる日本文化では無言の圧力がかかります。

仕事のペースが遅い人や段取りが悪く終わっていない人のフォローを半ば当然のように強要され、自分の仕事以外が原因の拘束はストレスの原因です。

困ったときはお互い様の精神は大切ですが、これが度重なり強いストレスを感じる方にとって、人と関わる仕事は精神的に良くありません。

普段は慣習で疑問に思わずにしている終業後のこと、これがなくなり自由度が高くなると得られる代表的なメリットを2つ紹介します。

職場の強制的な飲み会などがない

人と関わらない仕事で就業後の自由度が高くなるメリットの一つに、職場の強制的な飲み会などがないことがあります。

就業後は自由にリラックスしたい方にとって職場の飲み会は迷惑なもの、前もって予定された飲み会はまだしも、急な飲み会はもってのほかでしょう。

飲みニケーションと称してコミュニケーションの一部と考える昭和的おじさんは減っているものの、人間関係の良い職場ほど飲み会が多い傾向があります。

飲み会を楽しく感じる方であれば何ら問題はありませんが、そもそもお酒を飲めない方、終業後の強制活動に違和感を感じる方はストレスになります。

人と関わる仕事をしていなければ、強制的な飲み会に巻き込まれ、就業後の貴重な自由時間を奪われません。

仕事とプライベートとでメリハリを付け充実した日々を送れるのです。

自分の趣味などに当てる時間ができる

就業後に自由に使える時間があれば、趣味を楽しんだり、興味ある分野を勉強したり、さらには副業も可能になります。

人生100年時代において、仕事一筋の人生を見直し、やりたくても我慢していたことや趣味にチャレンジする方が最近増えています。

たとえ毎日の仕事が忙しくても、就業後の時間を自由に活用できれば、仕事と趣味など仕事以外のこととの両立が可能になるのです。

さらに就業後に自由になる時間を予めわかっていれば、予約が必要な英会話スクールやエステにも通いやすく、プライベートの充実度が確実に増します。

将来の転職や第二の人生を考え副業に着手できるのも、終業後に自由時間を確保できる人と関わらない仕事ならではのメリット、土日だけでは不十分です。

終業後に時間拘束されることがない人と関わらない仕事のおかげで、充実した自由時間がある毎日を過ごせるのです。

人と関わらない仕事のデメリット1│コミュニケーション能力が低下する

人と関わらない仕事に就くと拘束されないことによる多くのメリットがあります。

しかしながら、何事もメリットだけということはありません。メリットの裏には必ずデメリットが有り、受け入れられるか避けられるかの判断が大切です。

人と関わらない仕事に就くデメリットの1つ目は、コミュニケーション能力が低下することです。

人と関わらないと言うことは気楽な反面、仕事上の会話はもちろんのこと、休憩時間に同僚と雑談することもなくなります。

業務上の連絡はメールなどテキストが中心になり、人の表情などを伴うコミュニケーション機会が減り、能力が低下する危険があるのです。

とはいえ、人との関わりを好まない方にとって困ることはなく、テキストでのコミュニケーションが取れていれば十分です。

心配な方は、たまにはZOOMなど画像付きのコミュニケーションツールを活用すると能力低下を防げるでしょう。

人と関わらない仕事のデメリット2│機械的な仕事や安価な職種が多い

人と関わらない仕事に就くデメリットの2つ目は、機械的な仕事や安価な職種が多いことです。

人と関わらないと、現場で起こっているリアルな変化を共有できる状況になく、現場の変化に対応した途中変更をお願いしにくいのが現実です。

そのため、人と関わらない仕事は、ほとんど変更がない機械的な仕事や、単純作業や容易な仕事など安価な職種が多い傾向があります。

とはいえ、専門性が高いIT関連や、個人の能力でアウトプットに差が付きやすいクリエイティブ系など平均以上の年収を稼げる職種もあります。

人と関わらないことに加え、年収にもこだわりたい方は、稼げる職種を十分に選んで転職先を決めると良いでしょう。

人と関わらない仕事のデメリット3│相談相手がいない(問題を1人で解決する場面が多い)

人と関わらない仕事に就くデメリットの3つ目は、相談相手がおらず、1人で問題を解決する場面が多いことです。

相談相手がいないことは、人と関わらない仕事を選んだ以上、仕方がないことかもしれません。

ポイントは相談相手がいない不安と、人と関わらずストレスから開放されるうれしさと、あなたにとってどちらが勝るかということです。

相談相手がいないデメリットは、ほとんどの場合はリアルタイムにアドバイスをもらえないことであり、悩みが解決しないことではありません。

ネットで情報を検索したり、仕事仲間にメールで相談することで、時間はかかりますがほとんどの悩みは解決できます。

1人で悩み解決する行動ができる方は、人と関わらないメリットを優先すると良いでしょう。

人と関わらない仕事のデメリット4│非正規雇用や派遣などが多い(正社員が少ない)

人と関わらない仕事に就くデメリットの4つ目は、非正規雇用や派遣などの仕事が多く、正社員の仕事が少ないことです。

人と関わらない仕事の多くは、会社組織に属してチームで進める仕事ではないため、正社員ではなく非正規雇用や派遣などの雇用形態が多い傾向です。

とはいえ、非正規雇用や派遣などが正社員より年収が低いとは限りません。職種によっては正社員より高い年収を得ている非正規雇用の方もいます。

雇用の安定性では正社員に劣りますが、非正規雇用や派遣などには、いつでも業績の良い会社へ転職できるメリットがあります。

給与の支払い元は変わりますが、仕事内容を変えることなく継続できるのは、非正規雇用や派遣などのメリットと言えるでしょう。

人と関わらない仕事のデメリット5│スキルが身につかないこともある

人と関わらない仕事に就くデメリットの5つ目は、スキルが身につかないこともある点です。これには注意して仕事を選ぶ必要があります。

人と関わらない仕事の中には、機械的で単純な仕事があります。このような仕事はスキルが身につかず、経験年数の積み上げができません。

一生懸命に仕事を継続し、年々スキルが向上することで年収アップや好条件の転職につながります。

スキルが身につかない積み上げ要素のない仕事は、継続の努力が活かされずもったいないと言わざるを得ません。

とはいえ、スキルよりも人と関わらないことで得られるストレスからの開放を優先したい方には、十分なメリットがあると言えます。

大切なことは、自分の譲れない優先順を予め検討し決めておくことです。

20代におすすめの人と関わらない仕事│仕事内容や給料など

20代におすすめの人と関わらない仕事を紹介します

人と関わらない仕事1│WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、WEBサイトを企画・デザイン・制作する仕事、WEBクリエイターやホームページデザイナーと呼ばれることもあります。

ネットで購入したり、ホームページから申し込みしたりと、WEBサイトは今では実店舗と同等以上にお客さんが訪れる重要な場所となっています。

見た目のデザインによるお客さんが受ける印象はもちろんのこと、サイトの使いやすさも売上に直結する大切なポイントです。

企業や個人などの依頼主が思い描いているWEBサイトをヒアリングし、イメージを現実のものへと変換するのがWEBデザイナーの役目です。

WEBサイトの企画やデザイン・画像やイラストの作成・文章やコメントの作成・プログラミングなど多岐にわたる仕事を一人でこなします。

WEBデザインのニーズは年々高まっており、多くの案件を獲得できれば、人と関わらずに年収1,000万円以上が可能になるやりがいのある仕事です。

人と関わらない仕事2│WEBライター

WEBライターとは、雑誌や新聞などの紙媒体向けの文章ではなく、WEBサイトなどのネット向けの文章を作成する仕事です。

Googleなどの検索エンジンでの上位表示や、SNS経由で顧客のサイトへの集客を意識してライティングすることが、紙媒体とWEBとの違いです。

読者の多くがスマホ画面でスクロールしながら読むことを前提に、読みやすい文章レイアウトや装飾が求められるのもWEBライターの特徴になります。

記事執筆の分野は多岐に渡り、WEBライターはさまざまな分野に興味を持てる好奇心旺盛な方が向いています。

また、顧客の要望やサイトの特徴にマッチした文体や難易度を理解し、柔軟に対応した文章に変換できることも求められる能力です。

依頼されたキーワードやテーマに基づき、取材や情報収集・構成立案・記事執筆・顧客のWEBサイトへの入稿と画像の選定・校正などをします。

WEBライターになるために必要な資格はなく、パソコンさえあれば誰でも始められることで、副業でも人気の職業となっています。

人と関わらない仕事3│データ入力

データ入力とは、文字や数値などのデータを依頼された場所にパソコンを使って入力したり、入力内容を確認したりする仕事です。

データの入力には、キーボードやテンキーを使うためブラインドタッチができることが必須になります。

契約書・請求書・アンケート・調査票・統計データ・財務データなど、さまざまな種類のデータを扱う仕事です。

依頼主から指示された方法でデータを入力したり、入力済のデータにミスがないか確認したりがメインの仕事、加えてデータをまとめることもあります。

入力スピードが早いことに加え、数字・アルファベット・カナ・漢字を間違えなく使い分け誤入力しない正確さが求められる仕事です。

データ入力に必要な資格はなく、スキマ時間など短時間でも仕事ができるため、子育て中の女性に人気の職業です。

人と関わらない仕事4│翻訳

翻訳とは、外国語で書かれた文章を日本語にしたり、逆に日本語で書かれた文章を外国語にしたりする仕事、出版・産業・映像の3種類の翻訳があります。

出版翻訳は、小説・ノンフィクションなどの作品や学術書を対象とし、外国語の能力に加え文学的才能や専門的な知識も必要となる難易度の高い仕事です。

産業翻訳は、契約書・マニュアル・資料などのビジネス文章を対象とし、こちらも外国語の能力に加え対象分野の専門知識も必要となります。

映像翻訳は、映画・ドラマ・アニメなどの作品を対象とし、外国語の能力に加え脚本の才能や専門的な知識も必要となる難易度の高い仕事です。

需要が多く始めやすいのは産業翻訳であり、物事を深く掘り下げて考え、じっくり取り組みたい方に向いています。

仕事で人と関わる必要がなく、自分のペースで仕事ができることが特徴です。

人と関わらない仕事5│動画編集(YouTubeなど)

YouTubeなどに代表される動画編集とは、撮影した映像素材をパソコン上でつないだりカットしたり、さらにテロップ入れなどをする仕事です。

発信媒体は、Instagram・Facebook・WEBサイトのプロモーションビデオなど多岐にわたり、需要が伸び続け注目されている仕事です。

依頼主の要望をヒアリングし企画・構成などを立案、不必要な部分のカットや順番変更、テロップや効果音を追加して1本の動画に仕上げます。

動画編集に加え、グラフィックデザイン・企画構成力・シナリオライティング・音楽・アートなどの知見とスキルが求められる仕事です。

0.1秒のズレ修正など細かい作業が多いですが、一人でコツコツと地道に作業したい方に向いている仕事と言えます。

人と関わらない仕事6│投資家(株・FX・仮想通貨など)

投資家とは、株・FX・仮想通貨などの金融商品を運用し、売買の差額で利益を得たり、配当や金利で収益を得たりする仕事です。

短期的な値動きで利益を得るトレーダーとは異なり、投資家は長期的視点で企業などの成長を重視する方が多い傾向です。

個人で投資家になるには証券口座を開設すれば良く、ネット証券なら通信環境さえ整っていればスマホからでも取引ができ、働く場所を選びません。

短時間の労働でも収益を稼ぐことができ、体力も必要としないため、人と関わらずにいつまでも続けられる仕事です。

ただし、生活できるほどの収益を得るには、元手となるまとまった資金と投資に関する知識や経験が必要なため、参入障壁は高いと言えます。

さらに金融市場は常に変化しているため、最新情報の修得や勉強が苦にならないことも必須です。

人と関わらない仕事7│アフィリエイト・ブログ

ブログとは、個人が運営するWEBサイトであり、その中に広告を掲載し収益を得る仕事がアフィリエイトです。

パソコンやスマホとネット環境さえ整っていれば、サーバーレンタル料など必要な費用はわずか、少ない初期投資で始められるのがメリットです。

アフィリエイト広告には、クリック課金型・成果報酬型・インプレッション型の3種類があります。

クリック課金型は広告のクリックで、成果報酬型は商品やサービスの購入で、インプレッション型は広告の表示回数で報酬が発生します。

ブログは24時間365日稼働でき、広告の度に報酬を得られる仕組みのため、収益の上限がないのが魅力的な特徴です。

とはいえ、安定して収益を得るには、紹介する商品の知識はもちろんのこと、最新のSEO知識やサイトの修正作業も必要となります。

参入しやすいですが、安定して収益を得る難易度が高いのがアフィリエイト・ブログの特徴です。

人と関わらない仕事8│校正・校閲

校正とは、本原稿と照らし合わせ誤字脱字等のミスを発見し修正する仕事です。

校閲とは、表記ゆれの修正・数値など記載事項の正確さ調査・コンテンツ内の論理展開に矛盾がないかをチェックする仕事です。

校正・校閲ともコンテンツの質を向上させ、著者や編集者が伝えたいことを正しく伝えるようにブラッシュアップする大切な仕事になります。

いくら素晴らしい内容のコンテンツでも、誤字があったり、意図せずとも内容にウソが含まれていては、信頼性の低下やトラブルになりかねません。

校正・校閲は、これらを未然に防ぐための最後の砦、文章力に加えコンテンツや法令についての詳しい情報・知識が必要となります。

校正・校閲は、頭を使う一人作業になるため、人と関わる必要はなく、コミュニケーションが苦手な方でも問題なく取り組める仕事です。

人と関わらない仕事9│プログラマー

プログラマーとは、コンピューターやスマホなどを動かすソフトウェアやシステムのプログラムを作成する仕事です。

IT化が進んでいる現代において、プログラムは車や家電なども含めさまざまなところで使われており、なくてはならない技術です。

プログラマーは、システムエンジニアが設計したシステムを実現するため、プログラミング言語を使いプログラムを作成します。

使用するプログラム言語は、担当するジャンルにより決まっているケースが多く、仕事の幅を広げるには多数の言語を習得する必要があります。

仕事をするために必要となる資格はありませんが、実力を証明する国家資格として情報処理技術者試験があります。

チームでする仕事が多いですが、作業自体は個々人で担当するため、人と関わるのが苦手でも十分にできる仕事になります。

人と関わらない仕事10│システムエンジニア

システムエンジニアとはSEとも呼ばれ、顧客の要求をヒアリングして実現する仕様を決定、基本設計まで行うシステム開発における上流工程の仕事です。

顧客が抱える問題点を正しく把握し、解決方法を提案する必要があり、プログラミングスキルに加えコミュニケーション力も要求される仕事です。

さらには、具体的にプログラミングしてくれるプログラマーとのやり取りや業務配分、スケジュール管理などのマネジメント力も要求されます。

プロジェクト全体を仕切る役割を期待されるシステムエンジニアですが、仕事自体は一人作業が多く常に人と関わる訳ではありません。

システムエンジニアは技術力が年収に反映されやすく、IT化の流れの中で需要が増えているため人気の職種となっています。

人と関わらない仕事11│工場作業員(ライン作業)

工場作業員(ライン作業)とは、工場の生産ラインにおいて、ベルトコンベアで運ばれてきたものへ組立て・溶接・塗装などの加工する仕事です。

作業員ごとに担当する工程が決められており、特別な経験やスキルを必要としないシンプルな作業が多く、訓練なしに誰でもできるのが特徴です。

仕事は大きく分けて製造業務と検査業務の2種類あり、製造は製品を作り上げる仕事、検査はできた製品をチェックする仕事になります。

次から次へと流れてくる製品へ加工するため、人と関わることがほとんどなく、黙々と作業したい方に向いている仕事です。

ライン作業は、自動車・家電・食品などさまざまな業界の工場にあり、興味のある業界の工場で働くとモチベーションが上がりいます。

人と関わらない仕事12│新聞配達

新聞配達とは、新聞社の印刷所から販売店へ届く新聞の受取りから、各家庭へ届けるまでの一連の作業が仕事内容になります。

具体的には、販売店へ到着したトラックからの積み下ろし・新聞へ広告の折り込み・朝刊と夕刊の配達が仕事です。

新聞配達は一回あたりの勤務時間がおおむね2〜3時間程度と短いため、他の仕事との掛け持ちが可能になります。

ただし、朝刊の場合は午前3時までに出勤するケースが多く、早起きが苦にならないことが必須の条件です。

新聞配達は特別な経験やスキルの必要はなく、配達で使用するバイクなどは貸してもらえるため、誰でも応募できます。

積み下ろし・折り込み・配達のいずれも一人で黙々と作業する事が多く、人と関わることが苦手な方には向いている仕事と言えます。

人と関わらない仕事13│長距離ドライバー

長距離ドライバーとは、一般的に片道300キロ以上を運転するトラックドライバーのことです。

片道300キロとは、東京を起点にすると仙台や名古屋までの移動、時間にすると4〜5時間ほどの運転になります。

長距離用のトラックは、大型や中型の場合が多く、それぞれ専用の大型自動車運転免許や中型自動車運転免許が必要です。

さらに運搬するものによっては、危険物取扱者・けん引・玉掛作業者・高圧ガス資格・フォークリフトなどの免許も追加で必要になります。

トラックの運転中は一人になるため、人と関わらないため人付き合いが苦手な方でも気楽に働けます。

運送業は人手不足の業界であり、給与面の待遇が良いのも長距離ドライバーの特徴です。

人と関わらない仕事14│配送ドライバー

配送ドライバーとは、個人宅・会社・店舗などに荷物を運搬・配送・集荷する仕事です。

配送内容により、ルート配送・宅配・フードデリバリーの3つに分類されています。

ルート配送とは、決まった場所に決まった商品を届ける配送であり、コンビニへの配送や自動販売機への補充などがあります。

宅配とは、宅急便のドライバーのこと、荷物の配達や集荷を担当します。ネット通販の普及に伴い人手が不足している職種です。

フードデリバリーとは、最近増えている飲食店の代わりに個人宅へデリバリーする仕事です。

いずれの配送ドライバーとも、仕事で多くの時間を占める運転中は一人になるため、人と関わることが苦手な方でも十分できる仕事と言えます。

人と関わらない仕事15│清掃員

清掃員とは、ビルや商業施設・ホテルの客室・学校や公共施設・駅や高速道路のパーキングや公園のトイレなどを清掃する仕事です。

高層ビルの窓掃除ではクレーン車を使ったり、新幹線や特急の清掃では時間制限があったりとさまざまな清掃スタイルや清掃場所があります。

清掃には体力が必要になりますが、達成感があったり感謝の言葉をかけられたりすることもあり、やりがいを感じている方が多い仕事です。

清掃には決められた手順や汚れによって作業が異なるなど覚えることが多くあり大変ですが、一人作業が多く人と関わるわずらわしさはありません。

求人応募の際に、年齢に関することや経験の有無を問われることが少なく、誰でもチャレンジしやすい仕事と言えます。

人と関わらない仕事16│在庫管理・商品補充

在庫管理・商品補充とは、店内に陳列している商品の在庫を確認し、常に補充できるよう商品を注文したり、在庫品の品質を管理したりする仕事です。

在庫品の品質管理には、食品などの賞味期限チェックがあり、期限切れした商品を廃棄処分することも在庫管理の仕事になります。

また、倉庫内での仕事として、商品の検品や棚入れ、整理や移動などもすることがあります。

商品の在庫が切れると、せっかくの販売機会を失うことになり、企業の収益へ影響することから、在庫管理・商品補充は大切な仕事です。

仕事をする上で必要な資格はありませんが、数字を扱う仕事のため数字に強いことと、商品売れ行きの動向を予測する経験が求められます。

仕事中は一人で担当商品を分析することが多く、人との関わりが少ない仕事になります。

人と関わらない仕事17│ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは、パソコン用のゲームソフトやスマホ用のゲームアプリの制作に関わる仕事です。

ゲームクリエイターの仕事は、企画・シナリオ・キャラクターデザイン・プログラミング・サウンドなど多岐に渡ります。

最近のゲームは高度で複雑化しており、それぞれの仕事で専門的なスキルが必要なことから次のような分業化が進んでいます。

プロデューサー・ディレクター・プランナー・シナリオライター・CGデザイナー・プログラマー・サウンドクリエイター。

チームで協力して一つのゲームを作り上げる仕事ですが、仕事中は一人で作業に没頭することが多く、人と関わることが少ないのが特徴です。

ゲームは次々と新しい技術を取り入れどんどん進化している業界であり、この流れはしばらく止まりそうにありません。

常に時代の最先端技術をチャッチアップする努力が必要になりますが、ゲーム好きなら間違いなくやりがいのある仕事になるでしょう。

人と関わらない仕事18│農家

農家とは、米・野菜・果物・花木などを育てて出荷することで利益を得る、農業が仕事です。

農家には、農業を収入の柱としている専業農家と、農業の他にも仕事をしている兼業農家、2種類のスタイルがあります。

農家になるには、親から農地を引き継ぐなど個人事業主として就農するケースの他に、農業法人の従業員として働く雇用型のケースもあります。

一般的に、農家といえば個人事業主のイメージが強く、栽培計画から収穫出荷まですべてを自分でやる必要があり、しんどいイメージがあります。

雇用型なら、いわゆる一般企業と同じように研修制度があり、毎月安定して給与が支払われるので、個人事業主のようなリスクはありません。

サラリーマンとして働きながら農業のノウハウを習得でき、リスク無しに将来の独立に向けた準備が可能になります。

もちろん仕事のほとんどは作物相手になるため、人との関わりが苦手な方に適している仕事です。

人と関わらない仕事19│商品梱包・検品

商品梱包・検品とは、商品を段ボール箱に詰めたり、商品に傷や不備がないか検査したりする仕事です。

商品梱包は、商品を箱に詰め込むだけでなく、シールを貼ったり、おまけを付けたりする作業も含まれる場合があります。

検品は、商品の外観に加え、衣料品の場合は針の混入や糸のほつれチェック、食料品の場合は異物混入もチェックする企業の信頼に関わる大切な仕事です。

たずさわる業界は多岐にわたり、衣料や食品のほか、日用品・工業製品・雑貨・書籍などあなたの興味がある業界で働けます。

作業はチェックリストや作業手順に従ってやればよく、特に資格やスキルは求められないため誰でも始められる仕事です。

一日中商品を相手にする仕事なので、人とのコミュニケーションが苦手な方でも快適に仕事できます。

人と関わらない仕事20│アンケートモニター

アンケートモニターとは、パソコンやスマホからアンケートに回答することで謝礼をもらえる仕事です。

スキマ時間を活用して短時間で答えられるアンケートもあり、副業としても人気が上昇しています。

アンケートモニターには、WEBアンケート・商品モニター・会場調査・グループインタビュー・個別インタビューなどがあります。

1万円程度の謝礼をもらえるのは、リアル系の会場調査・グループ&個別インタビューであり、WEB系のアンケートは小遣い程度の報酬が多い傾向です。

アンケートの回答に特別な知識やスキルを要求されることはなく、誰もが気軽にできるのがアンケートモニターのメリットになります。

もちろんアンケートは自分自身が回答するので人と関わることはなく、コミュニケーションスキルが必要になることはありません。

まずはお小遣い感覚でスキマ時間を活用して始められるのが、アンケートモニターです。

【人と関わらない仕事】20代・大卒におすすめ!手に職がつく/収入が安定する

手に職がつく:収入が安定する仕事を紹介します

おすすめの仕事1│システムエンジニアがおすすめの理由

人と関わらないおすすめの仕事の1つ目は、システムエンジニア、理由は次の4つです。

システムエンジニアがおすすめの理由
  1. 人で不足な業界のため一般企業より給与が高い
  2. スキルアップで年収アップを期待できる
  3. 将来的にフリーランスも選択できる
  4. 先進的で自由な職場環境が多い

人手不足の業界では、他社と差別化し人材を確保するため、初任給から高額の給与を支払うケースが増えています。せっかくのチャンスは活かすべきです。

仕事での経験や自己啓発でスキルアップしても、年収アップするとは限りません。むしろスキルと年収の評価軸を別にしている企業が多いかもしれません。

優秀なシステムエンジニアは各企業ともほしい人材、実力に見合った年収にしないと転職される可能性があるため、実力が年収に反映されやすいのです。

パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事できるシステムエンジニアは、スキルアップ後は企業に頼らないフリーランスも選択できる職業です。

フリーランスになれば、働き方の選択肢が増え、プライベートも充実したより豊かな人生を満喫できます。

IT業界は社長もラフなスタイルで出社するなど、先進的で自由な職場が多い傾向です。半強制的な職場での付き合いはなく快適に仕事できます。

人と関わらない仕事を選ぶなら、年収が高く将来の見通しが明るいシステムエンジニアがおすすめです。

おすすめの仕事2│プログラマーがおすすめの理由

人と関わらないおすすめの仕事の2つ目は、プログラマー、理由は次の4つです。

プログラマーがおすすめの理由
  1. 人手不足な業界のため未経験でも採用されやすい
  2. プログラミングができると異業種でも転職可能
  3. スキルアップで年収アップを期待できる
  4. ロジカルな思考が身につき課題解決能力が向上する

IT業界の職種であるプログラマーも人手が不足している仕事です。そのため未経験で即戦力にならなくても採用されやすい傾向です。

未経験が前提なので社内研修が充実しており、プログラマーは給与をもらいながらスキルを取得できるメリットがあるのです。

IT化やデジタル化はすべての業界に求められており、プログラミングはどの業界でも役に立つスキル、転職する際に業界の選択肢が広がります。

スキルアップするとそれに見合った年収に引き上げてくれるのがIT業界の特徴、人手不足のため優秀な人材を確保したい背景が要因です。

プログラムの作成によりロジカルな思考が鍛えられます。その結果、課題解決能力が向上してくるのもプラグラマー職の隠れたメリットになります。

おすすめの仕事3│WEBデザイナーがおすすめの理由

人と関わらないおすすめの仕事の3つ目は、WEBデザイナー、理由は次の4つです。

WEBデザイナーがおすすめの理由
  1. デザイン思考が身につき新たな視点で課題解決を提案できる
  2. ロジカルな思考が身につき仕事が効率的にできる
  3. 多様なキャリアが身につき転職先に困らない
  4. 在宅で仕事ができフリーランスも可能になる

デザイン思考とは、ユーザー視点で課題を見つけ解決策を考える思考方法であり、従来の強みや保有技術から課題を見つける方法とは異なります。

デザイナーの仕事により、前例がなく解決法を思いつけない課題や、改善策が出尽くした課題を解決するために有効な思考法が身につくのです。

また、WEBデザイナーはプログラミングもすることからロジカルな思考法が身につき、効率的な業務推進ができるようになるメリットがあります。

WEBデザイナーは、デザインに加え、プログラミングや文章作成もこなし多様なキャリアが身につきます。

その結果、デザイナー以外への転職も可能となり、転職先に困らなくなるのです。

パソコンとネット環境さえ整っていれば仕事できるWEBデザイナーは在宅勤務向きの仕事、スキルアップすれば独立しフリーランスも可能になります。

WEBデザイナーは仕事を通して先進的な思考法と多様なスキルが身につく、おすすめの仕事です。
【40代からでも取っておきたい資格】転職に役立つ食いっぱぐれなしの資格や国家資格を紹介

人と関わらない仕事でもおすすめできる仕事の特徴1│社会的な信頼がある(知名度がある)

人と関わらない仕事と聞くと、人間関係の悩みから開放され気楽になる反面、そんな仕事で本当に大丈夫だろうかと不安になる方もいます。

人と関わらない仕事でも心配する必要がない見極めの特徴を3つ紹介します。1つ目は、社会的な信頼や知名度があることです。

たとえ人と関わらなくても、社会的に認知され信頼性まで確立している仕事であれば、問題なくおすすめできる仕事です。

誰もが知っている職種であれば、その仕事内容が社会的に知れ渡り、あやしい点や何をさせられるかわからない不安がない可能性が高いといえます。

さらに、その職種を実際に経験した先輩たちの評判や口コミもチェックすると、おすすめに値する仕事なのか判断の参考になります。

社会的な信頼や知名度があることは、人と関わらない仕事のおすすめ度を見極める大切な要素なのです。

人と関わらない仕事でもおすすめできる仕事の特徴2│収入が安定している

人と関わらない仕事でもおすすめできる仕事の特徴2つ目は、収入が安定していることです。

いくら人と関わらないことを実現しても、収入が不安定になり生活に支障をきたしては元も子もありません。安定した収入があってこそです。

安定した収入を得るには、正社員サラリーマンになることが一番の近道であることは言うまでもありません。

あなたが仕事で出した成果に関わらず、毎月決まった日に決まった金額を指定口座へ振り込んでくれる給与は安定・安心した生活の素になります。

単発の請負いの場合、仕事を安定して受注している間は良いですが、発注側の都合で急に仕事がゼロになる可能性があり安定した収入を望めません。

フリーランスに憧れる方でも、まずは副業からスタートし、軌道に乗った時点で独立することが安定した生活のためには必要です。

収入が安定し、安心した生活をおくれる上での人と関わるストレスからの開放、順番を間違えてはいけません。

人と関わらない仕事でもおすすめできる仕事の特徴3│すでに成功している人が多い

人と関わらない仕事でもおすすめできる仕事の特徴3つ目は、すでに成功している人が多いことです。

成功している先輩がいるということは、すでに成功する道筋が付いており、あなたも成功する可能性が高いと言えます。

新たな道を切り拓くパイオニアは立派ですが、成功する保障はどこにもありません。確実にリスクが伴います。

確実に人と関わらない仕事で安定した生活を送りたいのなら、すでに成功している人が多い業界や職種を選ぶべきです。

高評価の評判や口コミが多く確認される、募集が多く人気ランキングも高いなど、すでに働いている人の評価を必ずチェックしましょう。

転職サイトでは、特集記事などで各業界・職種で働いている先輩の生の声を紹介しており、どんな働き方をしているか参考になります。

すでに成功者がいれば、判断に迷うことがありません。あなたも同じ道をたどれば、成功へと近づけるのです。

人と関わらない仕事は正社員の求人が少ないため転職サイトを利用するのがおすすめ!

人との関わりによるストレスで疲れてしまい、人と関わらない仕事に代わりたい……、まずは職場上司に相談し同じ会社の他部署へ異動するのが一番です。

理由は、収入への影響が少なくリスクも小さいから、相談してから短期間で部署異動の願いが叶う可能性があります。

会社に人と関わらない部署がない、上司が相談に応じてくれない方は、転職に向けて行動しましょう。一日も早い行動がストレスから開放につながるのです。

転職活動では、安定した収入を得て、日常生活に不安が生じないよう、正社員採用にこだわることをおすすめします。

なお、人と関わらない仕事は正社員の求人が少ないため、見つけ出すのに苦労するかもしれません。こんな時は、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトなら、こだわりの条件を設定でき、人と関わらない正社員採用の求人を容易に検索できます。

さらに、エージェント機能のある転職サイトなら、人と関わらない条件を伝えることでエージェントが適した求人を紹介してくれます。

転職の決断をしたら、まずは転職サイトに登録、おすすめしたい行動です。

おすすめの転職サイト1│エン転職

エン転職の企業概要を紹介します
転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数約8千件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代に強い
得意分野サービス
IT・通信・インターネット
不動産・建設・設備
転職サイト『エン転職』の特徴

『エン転職』は、エン・ジャパンが運営する転職サイト、日本最大級の転職情報が掲載されていることで先輩利用者から高評価を得ている転職サイトです。

『エン転職』をおすすめする理由は、次の3つです。

『エン転職』をおすすめする理由
  1. エン転職の独自取材による信頼性の高い求人情報を得られる
  2. サイトやアプリが使いやすくさまざまな角度から検索できる
  3. 転職に役立つノウハウや情報が充実し初めての転職活動でも安心

『エン転職』では企業から提供される求人情報の加え、専門スタッフが独自に企業を訪問し、求職者目線で取材した記事も掲載しています。

情報の中には仕事の向き不向きもあり、人と関わらない仕事を探している方の参考になること間違いありません。

転職サイトで大切な使い勝手の良さも『エン転職』ならすでに先輩利用者が実証済で問題なく、ストレスなく快適に求人検索できます。

希望にあった求人が見つかり、いざ転職活動がスタートしても『エン転職』には豊富なノウハウ情報があり安心です。

『エン転職』は、転職を決断した方すべてにおすすめしたい転職サイトです。
【エン転職の評判】転職サイトのエンジャパンの口コミがやばい?

おすすめの転職サイト2│リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数約23万件(公開求人)
約27万件(非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代に強い
得意分野IT・通信
医薬
機械・輸送機器
転職サイト『リクルートエージェント』の特徴

『リクルートエージェント』は、株式会社リクルートが運営する転職サイト、転職支援実績No.1で業界最大級の非公開求人数を保有しています。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由は、次の3つです。

『リクルートエージェント』をおすすめする理由
  1. 非公開求人数が約10万件以上
  2. 業界専門のキャリアアドバイザーが対応
  3. 転職サポートが充実

『リクルートエージェント』の最大の強みは、約10万件以上の非公開求人を保有していることです。

企業では、同業他社に知られたくないプロジェクトや急いで人員を確保したい求人の場合、非公開で求人募集するケースがあります。

非公開求人の中には、人と関わらない仕事も含まれている可能性が高く、求人数が多いとあなたの望みを叶えてくれる可能性が高まります。

また、『リクルートエージェント』には、業界を知り尽くした専門のキャリアアドバイザーがおり、気になる業界で人と関わらない仕事の相談が可能です。

あなたに寄り添い二人三脚で転職活動をすすめてくれるのがエージェント、充実したサポートは、転職支援実績No.1が証明しています。

一人での転職活動が不安な方、非公開求人に興味がある方におすすめしたい転職サイトは、『リクルートエージェント』です。
【リクルートエージェントの評判】転職サイトの登録と口コミと求人

おすすめの転職サイト3│doda

doda
転職サイト名doda(デューダ)
運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数約12万件(公開求人&非公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代・30代・40代に強い
幅広い年齢層に対応
得意分野製造業
医療系
IT、Web業界
転職サイト『doda』の特徴

『doda』は、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト、国内最大級の求人数を保有し正社員を中心に多く業界・職種を紹介しています。

『doda』をおすすめする理由は、次の3つです。

『doda』をおすすめする理由
  1. 面接対策や書類の添削など幅広いサポートを受けられる
  2. エンジニア求人が特に多い!
  3. 20代〜50代、60代まで幅広い年齢に対応

『doda』では、サイトへの無料登録に加え、同じく無料で利用できるエージェントサービスへの登録もおすすめです。

エージェントサービスへ登録すると、非公開求人を含め業界最大級の約10万件の求人情報から、人と関わらない仕事を検索してくれます。

さらに『doda』は、人と関わらない仕事でおすすめのエンジニア求人を多く保有しており、さまざまな企業の中から好みにあった企業を選べるのです。

応募企業が決まった後の書類添削や面接対策のサポートが充実しており、先輩利用者から高評価を得ているのも『doda』の強みになります。

また、『doda』が保有している求人は、幅広い年齢に対応しており、すべての年代で条件にマッチした求人が見つかったと高評価を得ています。

転職活動の全般で幅広いサポートを受けられ、すべての年代に対応している『doda』は、おすすめの転職サイトです。
【dodaの評判】転職サイトのデューダとエージェントの口コミ

おすすめの転職サイト4│マイナビ転職

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数約3万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢20代や未経験に強い
得意分野メーカー
サービス・レジャー
不動産・建設・設備
転職サイト『マイナビ転職』の特徴

『マイナビ転職』は、株式会社マイナビが運営する転職サイト、全国各地で転職フェアやイベントを開催していることで有名な転職サイトです。

『マイナビ転職』をおすすめする理由は、次の3つです。

『マイナビ転職』をおすすめする理由
  1. 求人数が多く地方の求人も豊富にある
  2. 転職フェアや求人特集が豊富にある
  3. 転職サポートサービスが充実している

人と関わらない仕事を探している方の中には、都会での生活や人間関係に疲れ、地方への転職を考えている方もいます。

『マイナビ転職』は、地方の求人も豊富に保有しており、加えて地方限定の求人特集も充実、地方転職を希望している方に役立つこと間違いありません。

いくら詳しい求人情報でもリアルな情報にはかないません。転職フェアや求人特集が豊富な『マイナビ転職』なら、採用担当者の話を直接聞けます。

初めての転職活動は何かと不安が多いもの、『マイナビ転職』には転職ノウハウが豊富にあり、あなたの悩みや不安の解消をサポートしてくれます。

人と関わらない仕事を地方も含め検討したい方には、『マイナビ転職』がおすすめの転職サイトです。
【マイナビ転職の評判】転職サイトのログインと口コミと株式会社マイナビ

おすすめの転職サイト5│ビズリーチ

ビズリーチの会社概要を紹介します
転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
ビジョナル株式会社100%出資
求人数約2万件(公開求人)
対象エリア全国および海外
対象年齢30代や40代のハイクラスに強い
得意分野IT業界
金融業界
コンサルタント業界
転職サイト『ビズリーチ』の特徴

『ビズリーチ』は、ビジョナル株式会社が100%出資している転職サイト、管理職など高年収を狙えるハイクラス転職を目指している方に好評です。

『ビズリーチ』をおすすめする理由は、次の3つです。

『ビズリーチ』をおすすめする理由
  1. ハイクラス求人が豊富な転職サイト
  2. ヘッドハンターのレベルが高い
  3. スカウトで市場での価値が分かる

『ビズリーチ』の特徴は、ハイクラス求人に特化した転職サイトということ、人とは関わりたくないが年収にはこだわりたい方に適した転職サイトです。

『ビズリーチ』に掲載されている求人の3分の1以上が年収1,000万円以上、年収にこだわりたい方からは満足できる求人を見つけやすいと好評です。

『ビズリーチ』には自分で求人検索する他に、ヘッドハンターからスカウトが届くシステムもあります。

『ビズリーチ』のヘッドハンターは、基準をクリアし企業からの信頼が厚い優秀な方しか登録できません。

そのため、ヘッドハンターから連絡があると短期間でかつ好条件で転職先が決まるメリットがあります。

どのような企業や業界・職種があなたのキャリアに興味があるか把握することは、転職活動を有利に進め人と関わらない条件を確保するために大切です。

人と関わらないことに加え、年収にもこだわりたい方におすすめの転職サイトは、『ビズリーチ』です。
【ビズリーチの評判】転職サイトの年収と最悪の口コミ

20代・大卒でも大丈夫・人と関わらない仕事のメリットやデメリットまとめ

昭和の時代から一般的な雇用形態であった年功序列社会が崩壊し、今では優秀な20代にチャンスが与えられ、より働きがいのある社会になっています。

その反面、かつては30代に多かった責任と権限のアンバランスによる心の病が20代にも増えており、人との関わりによるストレスが問題になっています。

20代の大卒は人と関わらない仕事では社会貢献できないと思いこんでいる方が多いですが、記事で紹介した通り認識違いです。

人と関わるストレスで日々つらい思いをしているのであれば、一日も早く今の仕事を代えてストレスから開放されるべきです。

大卒のあなたこそ自分に合う仕事をみつけ能力を存分に発揮し社会貢献する必要があります。

会社内での職場異動が難しいのであれば、転職サイトを活用し活躍の場を他社へ求めることをおすすめします。

20代は社会人の入り口、十分やり直せ、逆転のチャンスは十分あるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました